雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

山岳保険の種類はたくさんある

投稿日:

一口に山岳保険といっても種類はたくさんあります。保険金は死亡・後遺障害、入院、通院、遭難捜索費用、救援者費用などに支払われます。山登りする人を対象にした保険を山岳保険といい、多くの保険会社で取り扱っていますし、たとえば登山用具店経由でも保険をかけることができます。自宅の近くをウォーキングするためにわざわざ保険をかける人はあまりいないでしょう。仮に事故にあっても通常の普通傷害保険に加入していればカバーしてくれます。

遭難者のほとんどは自分だけは大丈夫という根拠のない自信を持っているようですが、備えあれば憂いなしで保険は登山者にとって必須のものとなりつつあります。ウォーキングの延長としてハイキングに行った場合はどうでしょうか。道はつながっているしその保険がカバーしてくれそうですが、残念ながらそうはいきません。積雪期などでは捜索費用(ほとんど人件費)が数十万円かかったり、夏でもへリコプターを飛ばせば、時間数万円かかることも珍しくありません。数百万円かかることだってありまかす。

保険は生き物です

道に迷い帰ってこない時の捜索費用などは通常の保険では決してカバーしてくれない。保険は生き物です。時代によってもどんどん変化します。今までは登撃とか雪山が主な対象だったものが夏のハイキングを対象にしたものとか、その団体に加盟していなくても加入できるとかいろんな工夫がなされています。多くの保険会社が登山者のニーズに合った保険を開発しています。賠償責任保険もセットやオプションになり充実してきたようです。

ほとんどが保険会社と契約しています。ただ、変わるものですし、細かい条件もありますので加入する場合には条件を確認してからの方がよいでしょう。日本も徐々にアメリカ型の訴訟社会に移行しているようです。自分の起こした落石で死傷者が出れば、すみませんでは済まない時代です。個人賠償ということもよく考えて山岳保険に加入しましょう。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

日本山岳協会の一般共済と特別共済など

・日本山岳協会の一般共済と特別共済 山岳保険に相当するものとして一般共済と特別共済があり、後者は中高年ハイカーや高校山岳部向けに作られ、日山協に加盟していてもいなくても、また個人でも加入することができ …

no image

子供が喜ぶ歌をドライブで聴かせてあげよう

ドライブで子供が喜ぶ歌を聞かせてあげよう。ただ、お子様ソングに縛られる必要はない。アイデアは歌の本から拝借しよう。歌詞をざっとメモして常に手元に置く。自分自身の幼いころを思い出してみよう。あのころ覚え …

no image

雪渓の歩き方-8本爪とか10本爪は必要なのか?

・雪渓 あくまで夏の雪ですので通常の登山靴でやや蹴り気味(登りは爪先で蹴り、下りは輝からはいる)に歩けばいいのですが、場合によってはアイゼン(クランポンとも言う)を靴の裏に付けていかなくてはならない場 …

no image

春の山では野草の花の訪れとともに人々は山へ向かいます

春の山は、雪が解けて、春の花が咲き始めると人は山へ向かう(ハイキングと登山)。自山連峰、北アルプス、妙高連峰、飯豊連峰など高い山山はまだ雪で覆われていますが、その前衛の山々では雪解けも始まり、雪が解け …

no image

山の知識がない己を知らない人は危険

・山を知り、己を知る 山を知り己を知らば、百山するも危うからずとは、孫子の兵法をもじったものです。ある登山家は、山登りを始めたばかりの1961年、高校2年の夏休み、甲斐駒ヶ岳と仙丈岳に登りました。5月 …