雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

山岳保険の種類はたくさんある

投稿日:

一口に山岳保険といっても種類はたくさんあります。保険金は死亡・後遺障害、入院、通院、遭難捜索費用、救援者費用などに支払われます。山登りする人を対象にした保険を山岳保険といい、多くの保険会社で取り扱っていますし、たとえば登山用具店経由でも保険をかけることができます。自宅の近くをウォーキングするためにわざわざ保険をかける人はあまりいないでしょう。仮に事故にあっても通常の普通傷害保険に加入していればカバーしてくれます。

遭難者のほとんどは自分だけは大丈夫という根拠のない自信を持っているようですが、備えあれば憂いなしで保険は登山者にとって必須のものとなりつつあります。ウォーキングの延長としてハイキングに行った場合はどうでしょうか。道はつながっているしその保険がカバーしてくれそうですが、残念ながらそうはいきません。積雪期などでは捜索費用(ほとんど人件費)が数十万円かかったり、夏でもへリコプターを飛ばせば、時間数万円かかることも珍しくありません。数百万円かかることだってありまかす。

保険は生き物です

道に迷い帰ってこない時の捜索費用などは通常の保険では決してカバーしてくれない。保険は生き物です。時代によってもどんどん変化します。今までは登撃とか雪山が主な対象だったものが夏のハイキングを対象にしたものとか、その団体に加盟していなくても加入できるとかいろんな工夫がなされています。多くの保険会社が登山者のニーズに合った保険を開発しています。賠償責任保険もセットやオプションになり充実してきたようです。

ほとんどが保険会社と契約しています。ただ、変わるものですし、細かい条件もありますので加入する場合には条件を確認してからの方がよいでしょう。日本も徐々にアメリカ型の訴訟社会に移行しているようです。自分の起こした落石で死傷者が出れば、すみませんでは済まない時代です。個人賠償ということもよく考えて山岳保険に加入しましょう。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

道なき道は「藪遭ぎ」で抜ける

・道なき道は「藪遭ぎ」で抜ける ふつうの山歩きでは道に迷ったときとか、道が崩落して消失しているときなど以外にはまずない。河原などではススキの密生地を抜けたり、高山帯ではハイマツの中を抜けたりするときに …

no image

雪は水田や牧場を別世界に変える

雪は水田や牧場を別世界に変える。まったく違った、広大な雪原となるのである。水田から続いていた周囲のスギ林などの様相も一変する。山と呼ぶほどのこともなかった、ちょっとした斜面も、高山の趣となる。 野鳥観 …

no image

今いるところを地図で発見するには?

動植物などを観察しながらのウォーキングは別として、目的地に達することが目標ならば、歩くときには必ず一定のペースを守ることが大切だ。歩き出してすぐは、できるだけゆっくりしたペースで、たとえば十五分ほど歩 …

no image

サイクリング自転車の選び方-どんなふうに遊びたいのか

子どもの乗ったトレーラーを引いて、なだらかな道を進むサイクリングは、たしかに趣味の点でハイキングにかなわない。氷河や高山植物のあるトレイルを行くわけではないからだ。ちびっ子抜きで本格的なクロスカントリ …

no image

登山での上り下りの優先、注意点など

登り始めると山から下りてくる人とすれ違います。このすれ違いにも暗黙のルールがあります。自由にすれ違える広い道では構いませんが、狭い道ではどちらかが脇によけます。よける時は、原則は山側によけます。下りる …