雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

産婦人科の先生が転職する際に利用したい会社

投稿日:2015年4月19日 更新日:

産婦人科の先生が転職を考える場合、求人を探すのはけっこう大変です。産婦人科であれば求人がすぐに見つかりそうな気がしますが、探してみると意外に見つからないことが多いです。

もしも自分で色々と求人を探してみても見つからない場合には、転職支援サービスを利用して探したほうが見つかりやすいと思います。

医師転職ドットコムエムスリーキャリアといった転職支援サービスを利用すれば、かなり簡単に産婦人科の求人を見つけることができるでしょう。

転職支援サービスは、料金がかからないですので、手軽に利用できると思います。

患者は知らない、産婦人科実習中の指の指導

ある国立大学病院の診察時間のときのこと。3年生のクラスの生徒たちにとっては初めての産婦人科実習であった。実習の対象は、原則的に経産婦(過去に出産を経験している妊婦)である。当然私語は厳禁、学生は教授のまわりを黙って取り囲んだ。大学病院の廊下で、教授や講師を先頭に、ゾロゾロと白衣を着た奇妙な集団が移動しているのを、たまに見かけることがあるだろう。一体なにが行われるのかというと、これは医学部の3年生以上になると始まる実習の風景なのである。

こんなのに身を任せたかないなあ、とっくづく思うが。まず先生が子宮口の触診をしながら、一言二言必要事項を呟くように講義する。次に学生たちが順ぐりに触診していく番になる。いざ、学生が子宮口に指を入れようとした瞬間、脇にいた婦長が学生たちに向かって、黙っておもむろに右手の人指し指を1本立てて見せた。

婦長が1本の指を立てたのは

婦長が1本の指を立てたのは、産婦人科の触診は親指とほかの指2~3本を入れて行うのが普通なのだが、学生たちは1本だけしか入れてはいけないという意味であった。なるほど、ろくに診察もできないくせに3本も指を差し込むなんて10年い、1本で十分ということか。優秀な学生たちはすぐにその意味を悟った。教授は3本なのに学生は1本。これは一体どういうことか。本来、実習というのは主に入院病棟で行われるので、内科や小児科では、こうした外来の診察を医学生が見学するケースはほとんどない。

ところが、産婦人科の場合は例外なのである。そこで指が1本入ったか入らなかったかなどというやりとりが行われていたなんて。婦人科の触診は、患者と医者との間はカーテンで仕切られてあるので、いくら気配がしても、果たして何人の医者の卵が自分のマタをのぞいているかなど、患者は知るよしもない。もちろんカーテンの向こう側の経産婦はなにも気づかないというわけであった。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

境界性人格障害の原因

境界性人格障害の原因は、育った環境であるといわれている。まだはっきりわかっていないことが多いが、自分が母親とは別の独立した存在だと意識する段階でつまずいたとする説がある。 幼児期に母子分離に失敗し、見 …

no image

風邪とインフルエンザの症状の違いはどこ?

かぜとインフルエンザは別のものです。かぜは、ウイルスが上気道に感染することによっておこる症状です。混同しがちですが、いったどこが違うのでしょうか。 インフルエンザと風邪は症状が似ていて区別が付きにくい …

no image

ひきこもりの原因と脱出

最近では、家にこもりきりの子どもを抱えている家が一軒くらいあるだろう。 学生ならもう勉強なんてしたくないと思ったことは一度ならずあるだろう。引きこもりは珍しい話ではなくなってしまった。 まわりを見渡し …

no image

精神科医が求人を探すのにおすすめのサービス

精神科医の先生が転職を考え、求人を探す場合、どうやって探せば、すぐに見つかって、しかも条件のいい求人が探せるでしょうか? 求人誌などで探した場合、探すのに時間がかかりますし、なかなか良い条件の求人が見 …

no image

鳥インフルエンザH5N1の感染経路

二ワトリの病気を起こす高病原性鳥インフルエンザウイルスH5N1というウイルスが、初めてヒトに感染して病気を起こした事例がありました。 二ワトリの病気を起こす高病原性鳥インフルエンザウイルスH5N1とい …