雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

産婦人科の医師が重宝するであろう求人紹介サービスとは?

投稿日:2016年8月21日 更新日:

産婦人科は、医師不足が叫ばれている分野で、産婦人科医を求める医療機関は多くあります。産婦人科医の数が少ないので、求人募集をかけても、人が集まらないということがよくあると言います。

特常勤の産婦人科医師が少なく、その代わりに非常勤の医師が産婦人科外来を行っているということがよくあるようです。

そんな感じで、産婦人科医師のニーズはけっこうあります。もしも産婦人科の求人を探すのであれば、転職支援サービスを利用すれば、かなりの求人を見つけることができると思います。

エムスリーキャリアとか、医師転職ドットコムといった大手の転職支援サービスを利用すれば、数百単位の求人が見つかるはずです。産婦人科の求人を探すなら、転職支援サービスを利用すれば、かなりあっさりと、条件の良い求人が見つかるはずです。

求人の募集が多い産婦人科

医師不足の現状ですので、日本の色々な医療機関で、産婦人科医の募集が欠けられています。人材不足ということは、逆に言えば、その分野で大活躍できる可能性が高いということです。

産婦人科医は、求人ニーズが高く、人材を確保するために、給与を高めに設定するような傾向があるようです。しかし、産婦人科医が少ないため、給与を高額にしても、なかなか人が集まりにくいといいます。

いくら高額な年保を提示しても、それだけでは人は集まらないような気がします。医師のモチベーションを上げるために、やりがいを持てるような何かが必要なるでしょう。

産婦人科は、比較的、常勤よりも非常勤、スポットなどで働く意思が多いと言われています。こういった現状はあまり良い傾向とは言いにくいです。

非常勤の場合は、募集に対してちゃんと応募が来るのですが、常勤のほうは、募集に対して相当数の応募がないようです。常勤医に対するニーズは高いので、常勤の医師がもっと増えることを願います。

産婦人科医師の求人でも、中には高額な年俸を提示してくれる場合もあります。転職支援サービスを利用すれば、高額な年俸の求人も見つかりやすいでしょう。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

内科と歯科の連携が崩れてしまったある事件

E歯科とO内科は隣同士。今年は上の子がそろって有名私立中学に合格。家族ぐるみのつき合いも末永く続きそうだ。 糖尿病になりそこねたある歯医者の話である。年齢もほとんど変わらず、開業した時期も同じなので院 …

no image

美容整形にハマるある女性の話

ホクロとりや二重まぶたなど、ほんの1時間足らずで受けられる手術もあり、美容整形は、ぐっと身近で日常的なものになりつつあるようだ。近年、美容整形の技術は格段の進歩を遂げている。手始めはホクロ、それからお …

no image

当直勤務-枕元に患者が立っていたり眠れてもせいぜい二時間

自分の医局で月に四〜五回、アルバイトで週一回は必ず当直をする。当直は午後五時から、翌朝ほかの医師が出勤してくるまでの勤務をいう。研修医時代を振り返ると、とにかく当直をした夜のことばかり思い出す医師が多 …

no image

境界性人格障害の人の特徴や行動

最近、境界性人格障害の可能性があるといった話を、事件の報道などで聞かれるようになった。境界性人格障害とは何か? 境界性人格障害の特徴は、イライラしがちで、突然怒りを爆発させたり不安になったりするもの。 …

no image

看護師の現状-退職願を出しても止められない時代となった

あくまでも看護師は医者のもとで、医療補助的役目をするに留まっている。それだけに、医者への不満、自分の立場に対する中途半端な状況にやりきれないものを感じるようになる。そこでいま、看護診断やクリティカル・ …