雑学

サッカーのハットトリックの語源は何?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「ウォーキング」を生活に取り入れている人は

サッカーのハットトリックの語源は何?

ハットトリックとはどういう意味か?

Jリーグが発足して以来、日本のサッカー熱が加速するにつれて増えてくるのがサッカーファンである。

サッカールールに疎いファンはサッカー用語に疑問を抱くことが多いのだが、なかでももっとも多くテレビ局や新聞社に寄せられる質問が、ハットトリックとはどういう意味か?という問いである。

サッカーのハットトリックの語源

サッカーのハットトリックの語源は何かご存知だろうか。

ハットトリックとは、一人の選手が1試合のうちに三得点以上をあげることである。

イギリスに起源をもつスポーツ、クリケット

イギリスに起源をもつスポーツ、クリケット

しかし、本来この言葉はサッカーと同じくイギリスに起源をもつスポーツ、クリケットで用いられていた。

クリケットとは野球の原型となったスポーツで、イギリスの国技の一つである。

1イニングに数時間かかることも

このゲームでは一〇個のアウトを取ってはじめて攻守が交代するので、1イニングに数時間かかることも珍しくないという。

クリケットでは何人もの選手をつづけてアウトにするのがむずかしい。

帽子が贈られる

それゆえ三人の打者を続けてアウトにした投手に称賛の意味をこめて帽子が贈られる。そこからできた言葉がハットトリックだ。

ただ、ハットトリックにはクリケット説のほかにも、サッカー観戦に来た紳士が、一試合に三得点した選手を称えて、かぶってきた山高帽をグラウンドに投げ入れたことに由来するという説もあるのである。

ダブルハットトリック

ダブルハットトリック

ちなみに、めったにないことだが、同じ選手が試合中に6得点をあげることを、ダブルハットトリックというそうだ。

また、同じ選手が試合中に9得点をあげることを、トリプルハットトリックというのだそう。

ダブルハットトリックを見れる機会はまずない

まあ、ダブルハットトリックを見れる機会はまずないだろう。

同じ選手の1試合の最高得点数は、8得点が最高だそう。その選手は、あのサッカーの神様ペレだそうだ。

トリプルハットトリックは不可能

やはりサッカーの神様は凄すぎる。

あのペレですら8得点が限界だったことを考えると、ダブルハットトリックの達成は難しいだろうし、トリプルハットトリックとなると、まず不可能なのだろうと思われる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加