雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

心理学

酒の付き合いが嫌いになる

投稿日:

回避のつき合いも狭くなる。苦手だった場面にアルコールのつき合いがあった。何度練習しても一向にお酒が飲めるようにならない。みんなでお酒を飲んで、酔いが回って楽しく団葉というときに自分だけ手持ち無沙汰でいることになる。

遅刻したり、なくし物をしたり、仕事が撃ったりする理由に、この回避心理は大きな役割を果たしている。意志の強い人、気の弱い人という言葉があるが、意志の強い人というのは、この回避心理を克服して、いやなこと、不倫快なことから先に片づけるくらいの積極性を持つ人のことである。

数年前、遺伝子の研究室で調べてもらったところ、アルコールの分解酵素は人にはだれでも二種類あるのだが、私にはその二種類とも欠如していることがわかった。日本人の一前後は、私と同じような遺伝子の持ち主がいるとのことである。

だんだん苦痛になった

語学の小グループでの実習がだんだん苦痛になった。ところが、砦細なことで食い違いが起こり、自分を避けるようになった。しばらくして、同じ語学実習グループの人達がアツアツの仲になっていると、別な友人が教えてくれた。そう思って語学の時間に様子を見ていると、何となく二人の雰囲気は普通以上の親しさを漂わせている。自分はすっかりのけ者にされ、け犬だと思う。その語学実習の場面はとてもつらくて、いやになってしまった。

人から拒否される不安が強過ぎる人。それは、批判を受けたり、周りから無視されたり、せっかく出かけても相手に拒絶されたりする恐怖、不安が強過ぎて、生活する上で重要な人間関係や場面に行けなくなってしまう場合。ひどくなると、登校拒否や出社拒否症というレッテルを張られることになる。

いくらアルコールを飲む練習をしても、一向にお酒が飲めるようにならなかったのは、遺伝子レべルでの理由のためであった。それだけに、できることならお酒の席は回避したいという気持ちが身についている。生まれつきの体質の問題が大きいのだが、お酒のつき合いをしないと、どうしてもつき合いが狭くなってしまうのである。

-心理学

執筆者:

関連記事

no image

共同存在意識をもっともらしく描きだすことは

自己実現と自己超越が、この社会的現実の中で、どう顕現していきうるかをイメージしてみることは、むだではないでしょう。共同存在意識をもっともらしく描きだすことはユートピア的理想めいていて、抵抗がないわけで …

no image

大脳を中心とする身体の機能-個人的な自己の意識

最終的にどこに行きつくにせよ、個人的な自己の意識は、大脳を中心とする身体の機能だということが論理的な大前提です。したがって身体的な個体と独立に存在する個人的な霊魂のようなものを仮定しないということです …

no image

利己的な体験価値追求者が不遜な態度でいるならば

あるすばらしい体験をした人が、そうした体験をしえたことに感謝の念をもち、自分と他人との共同意識の中で、その体験が、自分を通して人類に与えられたというようなやや表現がオーバーではあるが意識をもてるときは …

no image

生きる権利を主張し始めた

これは成功したかにみえたのですが、ここにまたミスがあって、すでに結婚後の私のある要素が生物学的に移植されてしまっていた。そこで矛盾が出てしまって、C子はとうとうA二に真相を打ち明けてしまった。 ちょっ …

no image

新しいメスを連れてくるとヒナを育てた

繁殖期に入ったあと、ひと組のムジルリツグミのつがいが巣をつくり、そこに落ち着いた。ところがオスが餌を取りに出かけているあいだ、バラシュがオスのムジルリツグミの雛を果のわきの枝に設置した。 イエロースト …