雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

心理学

酒の付き合いが嫌いになる

投稿日:

回避のつき合いも狭くなる。苦手だった場面にアルコールのつき合いがあった。何度練習しても一向にお酒が飲めるようにならない。みんなでお酒を飲んで、酔いが回って楽しく団葉というときに自分だけ手持ち無沙汰でいることになる。

遅刻したり、なくし物をしたり、仕事が撃ったりする理由に、この回避心理は大きな役割を果たしている。意志の強い人、気の弱い人という言葉があるが、意志の強い人というのは、この回避心理を克服して、いやなこと、不倫快なことから先に片づけるくらいの積極性を持つ人のことである。

数年前、遺伝子の研究室で調べてもらったところ、アルコールの分解酵素は人にはだれでも二種類あるのだが、私にはその二種類とも欠如していることがわかった。日本人の一前後は、私と同じような遺伝子の持ち主がいるとのことである。

だんだん苦痛になった

語学の小グループでの実習がだんだん苦痛になった。ところが、砦細なことで食い違いが起こり、自分を避けるようになった。しばらくして、同じ語学実習グループの人達がアツアツの仲になっていると、別な友人が教えてくれた。そう思って語学の時間に様子を見ていると、何となく二人の雰囲気は普通以上の親しさを漂わせている。自分はすっかりのけ者にされ、け犬だと思う。その語学実習の場面はとてもつらくて、いやになってしまった。

人から拒否される不安が強過ぎる人。それは、批判を受けたり、周りから無視されたり、せっかく出かけても相手に拒絶されたりする恐怖、不安が強過ぎて、生活する上で重要な人間関係や場面に行けなくなってしまう場合。ひどくなると、登校拒否や出社拒否症というレッテルを張られることになる。

いくらアルコールを飲む練習をしても、一向にお酒が飲めるようにならなかったのは、遺伝子レべルでの理由のためであった。それだけに、できることならお酒の席は回避したいという気持ちが身についている。生まれつきの体質の問題が大きいのだが、お酒のつき合いをしないと、どうしてもつき合いが狭くなってしまうのである。

-心理学

執筆者:

関連記事

no image

メスのあとを執拗に追いかけまわす

毎朝、オスはぶつぶついったり、大声を響かせたりしながら、自分の居場所と行為の準備ができていることを隣人たちに知らせてまわる。やがてメスの一頭にさかりがつくと、彼は木々の合間をぬってそのメスのあとを執拗 …

no image

幸せいっぱいの人の脳をスキャン

スキャンしたのは、恋して幸せいっぱいの男女三人の脳だった。そのあと、今度はちがうタイプの人たち二人の脳をスキャンしているー最近だれかにふられるとか、想いが拒絶された人たちの脳。 大きな数字を示して、二 …

no image

一人一人の人間尊重とかけ離れたもの

平凡なものを価値低くみることも、異常なものを価値低くみることと同様一人一人の人間尊重とはかけ離れたもの。平均からずれた人が、まったく人間として劣らない、その人なりの価値ある生き方をもっていると同様、平 …

no image

おとなしい女性が内的外的な束縛から解放

以前は、いわば社会の常識に従って無難に生きていた、おとなしい、まじめな女性でした。だが、これを機会に彼女の内面は著しく変化しました。以前から私の中にあったもの、それが動きだしたという感じであるとにかく …

no image

人間の矛盾と社会の矛盾は別々のものではないので

昔よく、人間の中には、本当に尊い人間的ないし、精神的な本性と、たんなる皮相的な欲望とがあって、皮相的・官能的なものをこえて、人間的・精神的なものの高みに向かうことが人生の意義だと考えられたことがありま …