雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ネットショップ

サイトマップ作成方法-まずは大まかに作成していく

投稿日:2015年1月19日 更新日:

サイトマップをつくる場合、いきなりすべての情報を網羅したサイトマップをつくるのではなく、まずは大まかに作成して、全体の構造を把握することをお勧めします。大まかなサイトマップは、情報をかたまりとして把握することができるため、サイトの構造を頭に入れやすくなると同時に、修正すべき大きなポイントが見つけやすくなります。

すべてのページが網羅されているこのサイトマップは、ウェブサイトの設計図となります。この段階ではウェブサイト内のリンクについても詳しく明記することが必要です。サイトの構造を検討する場合は、まずはこのようなサイトマップをもとに議論を進めましよう。またお問合せフォームなど、システムで構築されるコンテンツや外部サイトへのリンクも合わせて記載します。特別なウェブサイトやコンテンツでないかぎり、ピラミッド型の構造をとります。トップページを起点に、下の階層へと降りていくイメージでサイトマップを作成していきます。

構造上の問題がないか最終確認

たとえば商品の詳細情報に、それぞれの商品のFAQの情報のリンクを用意するというプランがあれば、そのようなリンク構造についても記載しておきます。この設計図をもとに、実際のデザイン作成に入っていきますので、構造上の問題がないか最終確認を行います。この作業が終われば、実際のページの構造についてプランを立てることになります。

重要な外部リンクの設計についても記載しておくとよいでしょう。そのあとに詳細なサイトマップを作成します。ナビゲーションの構成次第でユーザーの使い勝手は大きく変わります。また、サイトマップはユーザーだけではなく、検索エンジンも見ていますので、検索エンジンにも分かりやすいような構造にするようにしましょう。SEO的に、サイトマップを設置することは、評価を多少でも上げることができると言われていますので、まだ設置していない方は、設置することをおすすめします。

インターネットで稼いでみたい方は、ポイントサイトを使った副業がおすすめ!現在私が一番お金を稼いでいるポイントサイト「げん玉(会員数500万人)」なら毎月5万円は稼げますよ!

-ネットショップ

執筆者:

関連記事

no image

コンバージョンのページに至るまでの遷移を把握しておく

~コンバージョンのページに至るまでの遷移を把握~ 一般的には、手続きのプロセスを遷移していくなかでユーザーは自然に離脱していくものですが、もし突出して離脱しているポイントがあれば、そのページを確認する …

no image

レンタルショッピングカートシステムなどの利用

・機能やデザインを思い通りに構成できる 自分でWebサイトを作成した場合、ショッピングカートをどうやって組み込むかが問題になります。ショッピングカートはCGIという技術によって作られていますが、これを …

no image

モバイルを活用したビジネスを始めよう

ユーザーに最も近い媒体であるモバイルを効果的に活用すれば、ユーザーとのより深いコミュニケーションを実現できます。 ・ユーザーのニーズとマッチングさせる モバイルの特徴は、いつでも、どこでも閲覧が可能な …

no image

経験が唯一無二のショップコンセプトに

人目をひいてなおかつ、あなたならではの特徴あるお店づくりができてしまう。それが営業でも、総務でも同じこと。あなたの経験は、ほかの誰にもない何よりの強みとなる。業務内容はもとより、身の回りにあったもの、 …

no image

アクセスチェックは本格的なツールを導入しよう

検索サイトでアクセスログ解析無料といった言葉をキーワードに検索すると、いろいろなツールがヒットするはずです。無料で使えるといっても、別途有料版もある場合、無料版には機能制限があったり、バナー広告の掲載 …