雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ネットショップ

サイトへのユーザーを増やすための情報掲載

投稿日:2015年2月16日 更新日:

ネットサイトではどのような情報を載せればよいでしょうか?ターゲットとなるユーザーのニーズは何であるかを考えることが必要です。仕入担当者は深い商品知識がありますし、営業担当はお客様がどのような関心や疑問をもっているかをよく知っています。このように専門性のあるスタッフの知識や考えは、ユーザーにとっても価値ある情報になるはずです。

ターゲットとなるユーザーが欲しいと思っている情報に対して、自身のスタッフがどのような情報が発信できるかを考えてみましょう。たとえば自転車の専門店のブログを構築することを想定してみます。すでにサイクリングを趣味にしているユーザーには、新商品の新しい機能や新しく入荷した周辺商品の紹介、輸入元である海外のサイクリング事情や商品情報などが考えられるでしょう。

自転車関連でユーザーが知りたい情報をピックアップしてみると、最近サイクリングを始めたいというユーザーに向けては、基本的な自転車の選び方から、自転車の正しい乗り方、安全な公道の走り方などが考えられます。

ユーザーの気持ちをつかむためには

また、執筆者の紹介も入れましよう。店長であるのか、売り場の担当者であるのかという担当の紹介だけでなく、いつこの業界や仕事に就いたのか、どういうポリシーをもって仕事をしているのかなど、より具体的にプロフィールを載せることでユーザーとの距離が近づきます。

今回扱うこの商品は、こんなところが私個人としてはとても気に入っていますとか、記事を書く発信者の背景を示しつつ、個人としてどういう意見を伝えたいのかということにフォーカスして記事をつくることが重要です。ユーザーの気持ちをつかむためには、発信者個人が伝えたいことは何かということを表現することが大事です。

企業側の紋切り型の情報では、面白みを欠いてしまい、すぐに離脱されてしまいます。まずは担当者として個人的にどのように思ったのか、どのように感じたのかを、正直に書くことが重要です。面白い記事を書くためのもっとも重要なファクターは、個人の視点を織り込むことです。

ネットで稼ぎたいなら、ポイントサイトがおすすめです。私が一番稼げているのはポイントサイトは、げん玉(会員数500万人)というサイトで、ここなら毎月5万円は稼げます!

-ネットショップ

執筆者:

関連記事

no image

メールアドレスの決め方はビジネスに使えるものにすること

・メールアドレスひとつが命取り 初めてメールアドレスを取得するときは、これで仲間とメール交換が楽しめるようになるゾ、とワクワクするものです。そこで頭に浮かぶメールアドレスは仲間内に通じるニックネームが …

no image

ユーザーをセグメンテーションし関連性の高いメールを配信する

・ユーザーをセグメンテーションし、関連性の高いメールを配信する 購読者は女性なのに男性向け商品の紹介メールばかりが送られてきたらどうでしょう。このような関連性のないメールを送らないためには、ユーザーを …

no image

受注した数だけ発送在庫リスクはゼロ

・受注した数だけ発送在庫リスクはゼロ メーカーや専門業者と契約をして、自分のネットショップでその商品を紹介。商品が売れたら、契約しているメーカーにメールで連絡。メーカーから、購入者に直接商品が送られる …

no image

表記方法の注意-企業都合の表記は徹底的に排除しよう

~企業都合の表記は徹底的に排除~ ネットサイトでのラベリングの失敗例で最も多いのが、企業都合、情報発信側の都合のラベリングです。理解できないという感情が募れば、離脱へとつながり、大きな機会損失になるで …

no image

SEO(検索エンジン最適化)対策の重要性

たくさんの競合相手の中から自分のネットショップを見つけてもらうには、検索サイトの上位にランキングされることが重要です。そのために欠かせないのが、SEO(SerchEngineOptimization検 …