雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ネットショップ

サイト運用ではガイドラインを用意しておくとよい

投稿日:2015年4月9日 更新日:

一定のルールがないと、複数の担当者や部署が独自のルールで更新作業をしてしまったり、新しい制作会社がリニューアル時のルールを無視して更新してしまったりと、だんだん統一感のないウェブサイトになってしまうことになります。サイトのリニューアル後、数年が経過すると、構成やデザイン、コーディングの内容がバラバラになってしまい、統一性のとれていないウェブサイトになってしまうケースをよく見かけます。そのような事態を避けるうえでも、更新時のルールとしてガイドラインを用意しておくとよいでしょう。

ガイドラインがあれば、更新するコンテンツ別に担当部署が違っていても、一定の品質を保つことができますし、更新担当者や制作会社が変更になってしまっても、情報を引き継ぐことができるので品質の保持が可能になります。見た目の統一性が損なわれているだけでなく、サイトリニューアル時に力を注いだアクセシビリティやユーザビリティ、SEOなどについても品質を落としてしまう可能性があるので注意が必要です。ガイドラインを必要に応じて用意しておくとよいでしょう。

きっちりとガイドラインを用意しておけば

きっちりとガイドラインを用意しておけば、アクセシビリティやユーザビリティ、SEOに関してクオリティを維持しながら運用することが可能になります。デザインやHTMLの制作に関わる部分のガイドラインは、制作会社と協力し合い作成を行います。

また、ネットショップの運営者のほとんどは、インターネットは文章を媒体としたコミユニケーション手段であると思わないまでも、文章に手を焼いているのが現状のようです。ネットショップで独立開業をめざすかたの前職はさまざまです。文章ならおまかせというかたは、まず皆無でしょう。

そのために文章作成で手を焼いているのです。会社のネットショップ担当者の多くは、パソコンに詳しいから、といった程度の理由で任命されています。とはいえ一般的な会社員がほとんどです。そうとは知らず、落とし穴には気がついているといえそうです。

ネットで稼ぎたいなら、ポイントサイトがおすすめです。私が一番稼げているのはポイントサイトは、げん玉(会員数500万人)というサイトで、ここなら毎月5万円は稼げます!

-ネットショップ

執筆者:

関連記事

no image

SNSは口コミの宝庫-業態に合ったコミュニティーを作成

mixiなどSNSが盛り上がっていることはご存じだと思いますが、そこでネットショップの業態に合ったコミュニティーを作成したり、コミュニテイーのユーザーに足あとを残して誘引し顧客誘導する手法もあります。 …

no image

日本語の文章での主語の重要性

文章を書くときに主語を書かないかたが多い理由。日常会話では、主語を省略して話すことがほとんどです。クセといってもいいでしよこれが、ついつい、文章にも主語をつけないで書いてしまうようです。文章を書くとき …

no image

1つのブランドを確立したらそこから広げていくと成功する

実際に日本で完全なブランドが確立されているカテゴリーはそれほど多くはなく、まだまだこれからという感がある。ブランドの例としてよく取り上げられるアマゾンドットコムだが、アマゾンドットコムはどんなショップ …

no image

ネットショップに必要なコンテンツは?

「ネットショップに必要なコンテンツ」 インターネットが普及するにつれて、映画や動画のことをコンテンツというようになりましたが、ネットショップの情報の内容を意味しているのです。こう聞くと、ネットショップ …

no image

入金されない-不払い客への対応の方法

ネットショップ開業後に知っておきたい法務的な事項があります。それが、不払い客への対応です。後払いを顧客サービスとしているネットショップの経営者の方は、不払いはないであろうという顧客性善説に基づいて、サ …