雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ネットショップ

サイトの明確な目的(ゴール)を設定してそこに向かう

投稿日:2015年1月18日 更新日:

~サイトリニューアルの方向性を決めるまでの流れ~

・ウェブサイトの最終的な目的(ゴール)を考える

何のためにサイトリニューアルを行うのかが明確にわからないままプロジェクトが進んでしまうケースを現場で多く見かけます。オンラインショップを持たない日用品などのメーカーであれば、商品やブランドの認知・理解が、最終目的になるケースも考えられます。自身のビジネスにとってウェブサイトの最終的な目的を設定してください。オンラインショップであれば、単純に最終的な目的は収益を上げることになります。

店舗経営では、店舗情報の提供によって潜在ユーザーを店舗へ誘導することの場合もあれば、顧客を会員化し、既存顧客の活性化をすることが目的になる場合もあるでしょう。ウェブサイトが、自身のビジネスにとってどんな役割があるのかを考えます。これをもとに、手段を考えていきます。

ウェブサイトの最終ゴールを明らかにする

・ウェブサイトの最終ゴールを明らかにする

最終目的(上位目的)を明確化する

・最終目的を実現するためには何が達成されるべきかを考える

手段(打つ手)を設定する

・それぞれの手段(打つ手)の具体的なアプローチとは?

施策を設定する

そろそろデザインを変更しなくてはとか、他社もサイトリニューアルを行ったのでというのでは、手段が目的になっています。それを避けるためには、サイトリニューアルの目的が何であるかをいま一度考えてみる必要があるわけです。

次にその目標に向かってどのような施策を講じるべきかを考えます。それが、ユーザビリティの強化であったりSEOであったりするわけで、リニューアルで実際に行う施策にあたります。最終目的が明らかになったら、それを実現するためには、何が必要になるのか、何が達成されればよいのかを整理し、手段(打つ手)を設定します。
どのように目的や手段などの戦略部分を設定すればよいでしょう。

インターネットで稼いでみたい方は、ポイントサイトを使った副業がおすすめ!現在私が一番お金を稼いでいるポイントサイト「げん玉(会員数500万人)」なら毎月5万円は稼げますよ!

-ネットショップ

執筆者:

関連記事

no image

右メニューと左メニューの違いを理解しておこう

~右ナビゲーションか左ナビゲーションの違い~ 昔はハイパーリンクで構成されている立体的構造のウェブサイトを閲覧することに慣れていないユーザーが多かったため、とにかくナビゲーションを見てもらう、ナビゲー …

no image

ブランド認知には顕在層と潜在層に分解し適正度を探ること

会社名やブランド名などで検索してきたユーザーは、どこかで会社名、ブランド名を認知していますので、これらのキーワード群を顕在層からの流入と仮定してみます。一方、会社名やブランド名などのキーワードとは違う …

no image

後発組はもう稼げないの?じっくりと研究すればまだいける

インターネットショップに限らず、インターネットにおけるビジネス全般で、とにかく早く商圏を獲得することが大事といわれているが、決してすべてに当てはまるということではない。参入が遅くとも勝機はある。現在あ …

no image

リピート客が続出するようなサービスを考えよう

パワーゲームになればなるほど、ショップはメンタルな面でのサービスを簡略化しなければならなくなる。しかも、ショップにしてみれば、これだけサービスをしているのだから次も買ってもらえるだろうと思ってしまう。 …

no image

受注管理機能などのショップコンテンツのポイント

ネットショップコンテンツ施策の重要なポイントを紹介しましょう。 ・受注管理の機能 入金確認メールや発送手続き終了の連絡など、きめ細かいコミュニケーションは、ユーザーの不安を払拭し、ショップへの信頼感を …