雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ネットショップ

サイトの明確な目的(ゴール)を設定してそこに向かう

投稿日:2015年1月18日 更新日:

~サイトリニューアルの方向性を決めるまでの流れ~

・ウェブサイトの最終的な目的(ゴール)を考える

何のためにサイトリニューアルを行うのかが明確にわからないままプロジェクトが進んでしまうケースを現場で多く見かけます。オンラインショップを持たない日用品などのメーカーであれば、商品やブランドの認知・理解が、最終目的になるケースも考えられます。自身のビジネスにとってウェブサイトの最終的な目的を設定してください。オンラインショップであれば、単純に最終的な目的は収益を上げることになります。

店舗経営では、店舗情報の提供によって潜在ユーザーを店舗へ誘導することの場合もあれば、顧客を会員化し、既存顧客の活性化をすることが目的になる場合もあるでしょう。ウェブサイトが、自身のビジネスにとってどんな役割があるのかを考えます。これをもとに、手段を考えていきます。

ウェブサイトの最終ゴールを明らかにする

・ウェブサイトの最終ゴールを明らかにする

最終目的(上位目的)を明確化する

・最終目的を実現するためには何が達成されるべきかを考える

手段(打つ手)を設定する

・それぞれの手段(打つ手)の具体的なアプローチとは?

施策を設定する

そろそろデザインを変更しなくてはとか、他社もサイトリニューアルを行ったのでというのでは、手段が目的になっています。それを避けるためには、サイトリニューアルの目的が何であるかをいま一度考えてみる必要があるわけです。

次にその目標に向かってどのような施策を講じるべきかを考えます。それが、ユーザビリティの強化であったりSEOであったりするわけで、リニューアルで実際に行う施策にあたります。最終目的が明らかになったら、それを実現するためには、何が必要になるのか、何が達成されればよいのかを整理し、手段(打つ手)を設定します。
どのように目的や手段などの戦略部分を設定すればよいでしょう。

インターネットで稼いでみたい方は、ポイントサイトを使った副業がおすすめ!現在私が一番お金を稼いでいるポイントサイト「げん玉(会員数500万人)」なら毎月5万円は稼げますよ!

-ネットショップ

執筆者:

関連記事

no image

ウェブサイトのコンテンツ自体の力が見直されるようになってきた

IT技術が進化する一方で、最近になってウェブサイトのコンテンツ自体の力が見直されるようになってきました。Web2.0以降、SEOやRSS、ソーシャルブックマーク、YouTubeなど様々な技術やサービス …

no image

分かりやすいサイトを作ることが基本

ホームページはわかりやすさという点が大事だが、これはショップ側のお客の誘導がしっかりしていることを意味する。つまり、ページには流れがあり、お客もその関連性を持ってページをめくっていくが、リンク先のペー …

no image

購買行動までの段階を考える-会計ソフトの導入など

~意思決定(購入決定)までの段階を考える~ IT以降はインターネットを通じて情報を得ることが日常化したため、検索という段階で、比較や検討をするケースが多くなってきています。会計ソフトの導入を検討してい …

no image

商品が破損してクレームがあったら

・商品が破損していたとクレームがあった 顧客と相談して送りやすいかたちを選んでもらうのもよいでしょう。ショップ側の処理ですが、配達を請け負った宅配便や郵便局へ補償を求めることもできます。宅配便やゆうパ …

no image

商品購入の決め手-構成をちぐはぐにしないこと

アクセスしていただいたお客さまが商品を購入したいと思えるよう、ショッピング環境を整える必要もあります。このとき店のコンセプトがあいまいだと、商品やページの構成においてちぐはぐな印象を与えてしまい、再訪 …