雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

サイクリング自転車の選び方-どんなふうに遊びたいのか

投稿日:

子どもの乗ったトレーラーを引いて、なだらかな道を進むサイクリングは、たしかに趣味の点でハイキングにかなわない。氷河や高山植物のあるトレイルを行くわけではないからだ。ちびっ子抜きで本格的なクロスカントリーをやりたい人もいれば、子どもとのオフロードに燃える人、あるいは家族でのんびりツーリングを計画している人など、ひとくちに自転車と言っても用途はさまざまだ。

車種を決める前に、自転車でどんなふうに遊びたいのかを、まず考えてみる。小さな子どもがいる家族には、これほど安全なアウトドア・スポーツもない。子どもがマウンテンバイクを乗りこなせる年齢なら、オフロードで遊ぶのも一案だ。サイクルショップに相談していろいろ試乗してみよう。ツーリング用として、重い荷物もへっちゃらな車種といえば、やはりツーリング車をおいてほかにない。つまるところ自転車のサイズは必ず、必ず、体に合ったものを。大きすぎると自転車から体が放り出されたりする。

ニーズに合わせて好みで選ぶ

ニーズに合わせて好みで選ぶ、ということ。どんなにフラットに見える道でも、けっこうでこぼこはある。タイヤの太いマウンテンバイク(MTB)は、オフロード用だ。泥よけまたはフェンダーの標準装備もうれしい(ついていなくても自分で簡単に追加できる)。ホイール・べースが長めだから乗り心地はスムーズ、カンチレバー・プレーキのかかりは抜群、超低速ギアで登りもかなり楽になる。

クロスバイクと呼ばれるものもある。MTBとロードバイクをかけあわせたタイプだ。フレームがロードバイク仕立てでMTBより速いうえ、砂利道や登りはMTB並みにやっつける。ハンドルバーの形状はフラットかアップで、舗装路はもちろん、でこぼこトレイルもこなせるタイプ。ただし、低圧タイヤに加え、姿勢をまっすぐにして乗るため、スピードはロードバイクにかなわない。丸太を一気に飛び越したり、山の急斜面を滑り降りる予定がないなら、これは一考に値する。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

アウトドアに持っていくもの

アウトドアでは、木登りが好きな子はとげだらけになってしまう。針ととげ抜きが必要だ。子ども向きリップクリームも、すぐ取り出せるところに常備しておこう。5日以上の長期旅行には、鉄分の入った複合ビタミン剤を …

no image

夏の入道雲風物詩ですが雷(熱雷)を発生させます

高い山でもアプローチが必要な所もあります。熱中症の予防の第一は水分を十分に摂ること、帽子を着用することです。睡眠不足を避け、無理な行程を組まないことは言うまでもありません。ガイドブックに夏は不適となっ …

no image

ハイキングに行く際の子供の服はどんなものがいいか?

子供がハイキングに行く際に着せる服は、どんなものがいいか。寒い季節には、何をおいても必要なのは新素材のタートルネックだ。最近のフリース人気でデパートでも類似品が買えるが、アウトドアメーカー製のほうが、 …

no image

登山生活の技術を磨いている人は意外に多くない

泊りがけの登山をしますと、実は歩いている時間よりも食事を作ったり、食べたり、休憩したり、睡眠している時間の方が長い。いよいよ山の魅力に取り付かれた方は、どうしても次のステップを目指したくなると思います …

no image

サイクリングの荷物の重さに苦労の連続

自転車トレーラーでの旅では、トレーラーに乗せた子供はすぐに眠たくなるようだ。ジープで走る山道を想像してほしい。揺れがあると、無意識のうちに、重心を保とう、安定しようと、体に力が入る。お昼寝しやすいよう …