雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

サイクリング自転車の選び方-どんなふうに遊びたいのか

投稿日:

子どもの乗ったトレーラーを引いて、なだらかな道を進むサイクリングは、たしかに趣味の点でハイキングにかなわない。氷河や高山植物のあるトレイルを行くわけではないからだ。ちびっ子抜きで本格的なクロスカントリーをやりたい人もいれば、子どもとのオフロードに燃える人、あるいは家族でのんびりツーリングを計画している人など、ひとくちに自転車と言っても用途はさまざまだ。

車種を決める前に、自転車でどんなふうに遊びたいのかを、まず考えてみる。小さな子どもがいる家族には、これほど安全なアウトドア・スポーツもない。子どもがマウンテンバイクを乗りこなせる年齢なら、オフロードで遊ぶのも一案だ。サイクルショップに相談していろいろ試乗してみよう。ツーリング用として、重い荷物もへっちゃらな車種といえば、やはりツーリング車をおいてほかにない。つまるところ自転車のサイズは必ず、必ず、体に合ったものを。大きすぎると自転車から体が放り出されたりする。

ニーズに合わせて好みで選ぶ

ニーズに合わせて好みで選ぶ、ということ。どんなにフラットに見える道でも、けっこうでこぼこはある。タイヤの太いマウンテンバイク(MTB)は、オフロード用だ。泥よけまたはフェンダーの標準装備もうれしい(ついていなくても自分で簡単に追加できる)。ホイール・べースが長めだから乗り心地はスムーズ、カンチレバー・プレーキのかかりは抜群、超低速ギアで登りもかなり楽になる。

クロスバイクと呼ばれるものもある。MTBとロードバイクをかけあわせたタイプだ。フレームがロードバイク仕立てでMTBより速いうえ、砂利道や登りはMTB並みにやっつける。ハンドルバーの形状はフラットかアップで、舗装路はもちろん、でこぼこトレイルもこなせるタイプ。ただし、低圧タイヤに加え、姿勢をまっすぐにして乗るため、スピードはロードバイクにかなわない。丸太を一気に飛び越したり、山の急斜面を滑り降りる予定がないなら、これは一考に値する。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

何故山に登るのか

なぜその山に行くのか。それには何よりも、わが国の季節の特徴を知っておくことが大切である。一月なら鳥を観るなら冬鳥の季節である。低山の麓に点在する沼や溜め池に鳥達類が来ているはずだ。梅の花のつぼみもふく …

no image

ピクニックの時の子供のおやつ

キャンプのときには、子どもには、おやつは食べたいときに食べさせてあげよう。退屈とか口が寂しいとか、理由はなんであっても、かんしゃくを起こされるよりはいい。朝食やおやつは簡単に取り出せるようにしておこう …

no image

フィットネストレイルでは試してみると楽しい

フィットネス・トレイルには、鉄棒などが設置してあって、ひとつひとつ試してみるのもおもしろい。公園の自然観察路などは、子どもが喜ぶ場所だ。トレイル沿いに点在する掲示板から、その周辺の生態について学べる。 …

no image

キャンプが楽しくないと感じる年齢-子育ての難しさと親の葛藤

いつものようにキャンプをしていた夜、娘は遠い目をして心ここにあらず、父との会話や読書にも食指を動かさない。何かが今までと違うことに気がついた。父親に連れられてハイキング、パックバッキング、それを7年間 …

no image

山で動物に出くわしてしまう危険

山で動物に出くわしてしまう危険。 幼い動物たちの持つ本能的な好奇心をしばしば人間が親愛の気持ちと見誤り、そこから多くの事故が発生することがある。クマは、人間があまり近づき過ぎたりすると好奇心が恐れに変 …