雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

サイクリングロードランの最中に子どもをあやすのは至難のワザ

投稿日:

自転車トレーラーから出て遊びたがる子を、こちらの都合で抑えこんなのちっとも楽しくないやと判断されたら、ファミリー・サイクリングの夢は水泡に帰すから、食料なども多めに持っていこう。1日どれぐらいなら我慢できるか最初はわからない。子どもが1歳半ぐらいだと、1時間程度はトレーラーに、そして休憩。プラスチックのカップや人形をトレーラーにひもで結わえておこう(ひもが長すぎると、トレーラーの車輪にからまるので注意)。

サイクリング中に子どもをあやすのは至難のワザだ。飛行機でも、カメでもカラスでも、目につくものに注意を喚起しよう。子どもの観察眼も磨かれて、自分で楽しみをみつけられるようになる。花を摘んで、子どもにあげよう。くるみをカップに入れて、おもちゃ代わりに与えよう。散歩したり、抱っこしてあげたり、おやつを食べたり水泳したり。休憩時は、自然を利用した遊びに夢中になりがちだから、持ってきたおもちゃはテント用にとっておこう。かざぐるまも完璧なおもちゃだ。

興味をもってしげしげ眺めるものといえば

くくりつけてもいいし、手に持たせてもいい。興味をもってしげしげ眺めるものといえば、トレーラーと自転車の連結部分とか、足元をどんどん通りすぎる地面。はるか彼方の山よりも、目の前のモノのほうがおもしろい。トレーラーのなかでは景色を眺めたりミニカーで遊んだり。幼児は、空間とか距離に対する感覚がまだ発達していない。砂利を踏みつけて走る未舗装路では、雑音のせいで会話が難しい。

娘はクマのぬいぐるみに話しかけ、あれはね、〇〇山よなどとやっている、とある母親。彼女はおしゃべりが大好きなので、トレーラーから始終話しかけてくる。賑やかな娘、1人遊びができる息子。性格は正反対だけど、2人ともトレーラーを気に入っている。子どもがかなりのマグニチュードでぐずっているときは、お昼寝が必要ということ。ひんばんに止まってたっぷり休めば、トレーラーを退屈だとは感じない。トレーラーに座っているだけなんて、楽なように見えるけど、これが意外と体力を消耗するようだ。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

ピクニックの時の子供のおやつ

キャンプのときには、子どもには、おやつは食べたいときに食べさせてあげよう。退屈とか口が寂しいとか、理由はなんであっても、かんしゃくを起こされるよりはいい。朝食やおやつは簡単に取り出せるようにしておこう …

no image

中央分水嶺・高島トレイルなどはとっておきのコース

・低山ウォーカーのためのとっておきのコース 二〇〇四年七月に指定された紀伊山地の霊場と参詣道、いわゆる熊野古道。最近、ユネスコの世界文化遺産として登録されたところ、あるいは登録を目指しているところは、 …

no image

テントで寝るときの儀式はもせいぜい7歳まで

ある家では、キャンプでのおやすみの儀式もせいぜい7歳まで。それでも本の朗読は変わらず続いている。夜ふかしで困ったことは一度もないそうだ。子ども達が少し大きくなると、夜のテント内にはまるで家にいるような …

no image

春山の魅力-小鳥たちのさえずりの季節

夜間、谷間での思いがけない寒さは悪天候の前兆夜になると谷間では、山谷風の関係で、山風が吹き下りてきて、やや寒くなるのがふつうである。夜には星が出ていても、明け方から谷間は霧に包まれて視界はまったく利か …

no image

カヌートリップで子どもに煩わされた記憶はない

カヌーに関して、ある家では息子が言うことを聞かないで困った経験があるようだ。問題は、出発前、カヌーをクルマに積み込んで準備しているとき、うれしくて興奮しきっている息子がカヌーに乗り込んで降りてくれない …