雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

サイクリングの荷物の重さに苦労の連続

投稿日:

自転車トレーラーでの旅では、トレーラーに乗せた子供はすぐに眠たくなるようだ。ジープで走る山道を想像してほしい。揺れがあると、無意識のうちに、重心を保とう、安定しようと、体に力が入る。お昼寝しやすいように、トレーラーのなかも工夫してあげよう。新鮮な空気とアクテイビテイ。こういった刺激が重なって、体や頭の志は疲労しているから、お昼寝は欠かせない。

うちの子がそれぞれ4歳と2歳になったとき、私達はサイクリングをもう1度やっておこうと思い立った。小さくて軽い今のうちなら、まだ牽引も可能だ、とある家族。息子と私は2人とも、トレーラーに荷物と子どもを積んだ。トレイルは計120キロ。たった3日間だし、これなら朝飯前ぐらいの気持ちで出発した。アプローチは急なうえ、ぐにゃぐにゃ曲がりまくって、それだけで6時間かかってしまった。気をとりなおしてトレイルに出れば、数年前の洪水で崩れた跡を修復している真っ最中。路面がまだ固められていなくて、ポロポロの砂利道でトレーラーを引っばるハメになった。

すんなり計画通りいってくれるわけではない

ものごとというのはいつでもすんなり計画通りいってくれるわけではない。出だしからこれでは、先が思いやられる。こんなふうに、問題は山積みだったから、スケジュールの見直しも必要となる。衣類をスタッフバッグに詰めて、シートの端にフィットするよう、三角に形を整えて置こう。このスロープに寄りかかって眠れば、少しは楽なはずだ。兄弟が同乗していると、お昼寝はまず無理。頭をもたせかけるスペースなどないからだ。我が家のトレーラーのうち1台は、ボデイが搬水性のよい布で、窓は透明のビニール製、というある家族。

そのまま頭を預けても、気持ちよく眠れる。お昼病のときにはとくに、ウエストべルト以上のものが体を締めつけるとリラックスできない。ハーネスも調整しよう。全身をストラップするタイプは、子どもが疲れて前かがみにでもなれば、喉もとを圧迫して苦しい。ボデイがプラスチックなど硬い素材なら、クッションはどうしても必要になるようである。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

低山の山登りをする-興味深い自然の不思議が見られる魅力

低山は山頂を極めるのが簡単な山であることは確かだが、なかなか興味深い自然の不思議が見られるところでもある。まずは日帰り登山のエキスパートになろう。安善寺は標高が約二四〇mであるから、芳賀富士の高さ自体 …

no image

ドライブ中にゲームで車内を盛り上げて子供を喜ばせよう

子供とのドライブで子供を退屈させないようにするにはどうすればいいか?思考や意思疎通が論理的にできるほど大きくなったら、ゲームを取り入れよう。1歳半のブライスでも、ワンちゃんゲームができる。知っている犬 …

no image

登山家が残した名言やいろんな本を読んでいくことの重要性

自分の目的の山だけ書いてあるのはまれで、ほとんどは一冊にまとまった文集になっているわけですが、先人がどのようにその山をあるいは周辺を見たか感じたかを学ぶのはとても大切なことだと思います。自分の感性を磨 …

no image

今日の反省をし本日の失敗を看に盛り上がり次の計画を立てる

無事、下山し駅前で一杯。山での飲酒はおすすめできませんが、これはおすすめですね。頂上から見たあの山に行きたい、誰それさんが行った山がよかった。この情報が貴重です。さりげなく今日の反省をし、本日の失敗を …

no image

子供の海外旅行経験で現実をしっかり受け止める心構えができる

赤ちゃんとハイキングに出ると、大変なことは多い。動きたい盛りの赤ちゃんには、キャリアのなかは窮屈かもしれない。お昼寝したくても、どうしても気難しくなってしまう。そして涙、涙。赤ちゃんのレスキュー役を1 …