雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

差動装置LSDによる運動性能の向上

投稿日:2015年5月16日 更新日:

デフには大きな泣きどころがありました。それは駆動輪の片輪が浮き上がったり、雪でスリップしてしまうとその時点で自動車が動けなくなってしまうということです。デフは、左右輪にかかるトルク(回転力)を常に等しくしておくものですから、片方が空転する、すなわちトルクがゼロになると、反対側の車輪にかかるトルクもゼロになってスタック(動けなくなること)してしまうのです。

フランスの偉大なるFF車の先覚者で自らも多くのFF車を開発したジーン・アルバート・グレゴアールは、ガソリン自動車一〇〇年の歴史のなかで自動車になされた大発明は何かという間いに対して、ガソリン・エンジン、デフ(ディファレンシャル・ギヤ差動歯車)、空気入りタイヤの三つを挙げ、あとは似たりよったりと答えました。デフはそれほど自動車にとって重要なものです。デフの働きを殺して左右輪を直結に近づける装置がLSD(差動制限装置)。

その使い道もオフロードでの脱出性を重視したものとか、モーター・スポーツでの運動性能の向上を目指したものなど多種多様で、その自動車の性格によって使い分けられています。これによって駆動力が格段に向上すると同時に、高速走行での安定性も向上します。直結に近づける方法としては、プロペラ・シャフトにかかるトルクを利用して差動を制限するトルク感応型、左右輪の回転差を利用する速度差感応型、それに最近の制御技術を使った電子制御型のほか、左右輪を直結してしまうメカニカル・ロック型まで色々とあります。

車の買取査定を上げる色々なポイント

アメリカで4WDというとFWD社を指す

アメリカで4WDというとFWD社を指すことになってしまうので、長いこと4WD車のことはオール・ホイール・ドライブとかAWDなどとよんでいました。今ではその会社もなくなり、日本から4WDという名の下に4WD車が多数輸入されたために、4WD先進国のアメリカでも4WDとよぶようになった。

4WDという表現を世界中に広めたのは、日本の4WDです。4WDは一九〇二年にオランダで作られたスパイカー4WDが最初で、その二年後にはアメリカでフォー・ホイール・ワゴン社という会社が4WDトラックを作り、一九〇九年にはフォー・ホイール・ドライブ社、略してFWDという会社が設立され四輪駆動乗用車も作られたのです。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

車の風切り音の原因は何?

静かなテスト・コースを高速で次々と走りぬける車の風切り音を聞き、またそれらの車の姿勢をよく観察してみると、空気抵抗と揚力(空気力が車体を持ち上げる方向の力)を低減した最近の車は以前の車に比べると外で聞 …

no image

ダイハツマックスの評価-ターボモデルもラインナップしているが

ダイハツマックスは、全体的にスポーティな雰囲気で、ターボモデルもラインナップしている。ダイハツではその後02月に新たにプラットフォームを設計し直した現行ムーヴを発売、新規格の2世代目としては最初のモデ …

no image

日本車が欧州でも徐々に人気が出てきはじめている

ノルディックスキー複合競技で日本の荻原健司選手が圧倒的に勝ち続けたとき、荻原選手の得意なジャンプ競技の得点配分を減らし、苦手の距離の得点を重視するほうへ変更したのは、ノルディックスキーは欧州人が主役で …

no image

日産のティーダは快適で良質な室内空間の名車

居住性とコンパクトカーならではの取りまわし性を両立させたインテリア。日産のティーダは、快適で良質な室内空間で、2003年に登場した日産のコンパクトカー。ランキングの上位に入っていた。とても機能的なクル …

no image

ディーラーの対応が信頼できないなら担当をかえてもらおう

アフターサービスの面でも、デキる営業マンに担当してもらったほうがトクなことが多い。能力の低い営業マンに当たってしまうと、社内での影響力が低いので、ちょっとした無理も聞いてもらえないし、もちろんサーピス …