雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

サダムフセインをアメリカがさまざまな形で援助してきた

投稿日:

圧制者は一九九一年の暴動を鎮圧することを許可された。一九九〇年八月にフセインが非協力的になってからは、政策とロ実は変わったが、ある要素だけは変わらず持続した。レーガンーブッシュ一世の時代(実際にはそれ以前)から、米国政府はサダム・フセインをさまざまな形で援助してきた。イラク国民が自国を統治してはならないということだ。反乱が失敗したのは、イラク国外で彼らを勝たせたいと思う人がわずかしかいなかったため。

我々が知らされたところによると、米国政府がこの国を冷酷に統治する軍事政府を要求し、他に適当な人物がいないのであれば、フセインが支配すべきだと考えたからである。アメリカが公認したフセインの恐怖政治のもとで犠牲になった人々の集団墓地が暴露された時、衝撃を受けた論評や報道の中で、いかにこうした事実の全てが一様に黙秘されていたかを見ると驚きを禁じえない。彼らは驚くほど一致した見解をもち、イラクの指導者がどんな罪を犯したにせよ、彼はその弾圧下で苦しんだ人々以上に、欧米諸国とこの地域に対し、この国の安定に関する望ましい展望を与えていたと考えていた。

戦争を道徳的根拠から正当化するために提供された

集団墓地は、この度の戦争を道徳的根拠から正当化するために提供された。集団墓地とフセインの大量殺魏の真相がどれほどのものかを見た今となっては仕方があるまい、というわけだ。一九九一年の暴動が成功していれば、この国はイラク人の手に委ねられ、彼らは米国政府から独立した道を歩んだかもしれない。一九九一年にはもうわかっていたことだが、安定を重視するがために顧みられなかった。

アメリカも配下のグループによるクーデタは画策したが、仮に民衆の反乱が起こっていれば、指揮権を維持できなくなっただろう。その後の年月における制裁によって、民衆の反乱が起こる可能性は奪われた。現指導部が強力に支援した他国の極悪人を、権力の座から引きずりおろしたような反乱である。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

米国大衆の三分の二がイラクの撤退に繋がるならば

提案は、米国政府職員によって報道陣にリークされ、彼らはそれらを真剣かつ交渉可能な提案と考えていた。一九九〇年八月のクウェート侵略後、イラクは広範な地域で解決を図ることを条件に、幾つかの撤退案を提示した …

no image

世界の世論はブッシュ政権の戦争計画と好戦的な姿勢には反対だった

エリートの抱く危惧の念は、ブッシュ政権の急進的なナショナリストが世界の世論に与える影響にまで及ぶ。こうした事実は、間違いなく指導者への信頼が全体的に低下した要因だ。世界の世論はブッシュ政権の戦争計画と …

no image

介入について国家中心的道義主義者などの見解は違う

懐疑主義者にとっては道義的判断は意味がないが、リアリスト[現実主義者]やコスモポリタン[世界市民主義者]や国家中心的道義主義者は、それぞれ介入について異なる見解を持っている。 リアリストにとって、国際 …

no image

イラクが国連に大量破壊兵器保有を否定する報告書を提出した後のこと

フィナンシャル・タイムズ紙は、政策立案に関する批評の中で、武力行使の決断がなされたのは二〇〇二年一二月半ばだとしている。イラクが国連に大量破壊兵器保有を否定する報告書を提出した後のことだ。世界の人々の …

no image

ソ連の拡張主義が正当化されたように思われた

アメリカがヴェトナムでの内戦に介入するという手痛い過ちを犯したのは、この文脈でであった。ほぼ20年間1955-1973年)にわたって、アメリカはヴェトナムでの共産主義支配を阻止しようとして、5万800 …