雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

サードオピニオンを別の病院で求めると安心な理由

投稿日:2014年11月18日 更新日:

ある総合病院では、主治医の紹介状、それまでにおこなった治療内容、今後の治療方針、検査データ、薬の情報などを患者が用意すれば、新たな視点で治療や手術についての意見を提供してくれます。セカンド・オピニオンを積極的に診断してくれる病院もすでにあります。

患者の主治医がこの手術しか方法はないといったとしても、セカンドオピニオンでその手術は必要がないという意見が出てくることもあります。それでは、どうすればいいのか、と迷うかもしれません。そんなときにはまた、別の病院でサードオピニオンを求めればいいのです。

もし、主治医の紹介状や検査データなどがなくても、セカンド・オピニオンを出すための診断をおこなってくれます。ただし、この場合には、診断、検査費用などが再度かかることになります。セカンド、サードのオピニオンを求めるときには、最初の病院とは系列が異なる病院に相談するほうがいいでしょう。

同じ系列だと、医者同士が気兼ねして、たとえ他にいい治療方法があったとしても適切なオピニオンを出してくれないことも、そうは考えたくありませんが、あり得ます。通っている病院の系列を知るには、その病院に電話で院長や診療部長などの出身大学を聞くのが一番簡単です。

3東大系列、慶応大系列、京大系列など

3東大系列、慶応大系列、京大系列など、病院にはそれぞれの系列があります。同じ系列の病院であれば、各診療科の治療方針も、院長の出身教室の治療方針で一貫していることが多いのです。つまり、同じ系列の病院では別の意見が得られにくいということです。

ここ数年はインフォームド・コンセントの考え方も一般によく知られるようになり、つねに患者の同意を得ながら治療をおこなうという態度を示している医者も確かに増えています。ところが、医者によく見られるのが、あとでなにか予期せぬ問題が起こったりしたらまずいので、とにかくすべて説明だけしておくという態度です。

患者のほうも、ただ説明を受けるだけでなく、自分の病状、家族の病状はいったいどういうレベルなのか、自分でも相当病気や治療方法について勉強しなければなりません。これは、要するにあとで訴えられたりしないように、また、もし訴えられた場合でも説明したという事実が逃げ道となるように、一応ひととおり話しておくというだけで、きちんと治療や手術の内容とその妥当性を説得するという態度ではない場合が多いのです。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

医療サービス-いったい費用がいくらかかるか

温泉旅行で泊まる宿を選ぶときには、可能な限りいろいろと内容を調べると思います。どんな部屋や施設か、露天風呂はあるか、食事はどんなメニューか、部屋食か、近くに観光スポットはあるか、駅からのアクセスはいい …

no image

腕のいい医者は県立や市立などの関連病院にいる

開業医は先端医療こそおこないませんが、大学病院の医者よりひょっとしたら責任が重いかもしれません。ときには、診察よりもお年寄りのグチの聞き役になったりします。とくに地方都市で医院を構えていると、内科をは …

no image

インフルエンザワクチンの仕組みや製造の難しさ

今のインフルエンザに対するワクチンは、人から分離されたインフルエンザウイルスのうち、次のシーズンに流行しそうなインフルエンザの株をあらかじめ予測して、その予測に基づいて発育鶏卵で作られるようになってい …

no image

博士号を取得しても給料は上がらないらしい

博士号を取るためには、何か新しい研究成果を出し、それを論文の形にまとめます。その論文が医学雑誌に載ると正式な研究結果の報告とみなされます。さらに、2~3人の教授の口頭試問を受けるのです。この試験官がど …

no image

探せば見つかる!月1勤務の医師求人が探せるサービスを紹介

月1勤務の求人を探しても、なかなか見つからない場合があります。月1勤務の病院勤務の求人というのは探すのが大変ですが、転職支援サービスを使えば、比較的あっさりと見つけられます。 転職支援サービスで月1勤 …