雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

急いで流行を取り入れるための不毛な努力をしているわたしたち

投稿日:

現代はスピード・シックの時代。私たちは終わりのないサィクルにはまってしまい、急いで流行を取り入れようとして不毛な努力をしている。私たちは新たなトレンドに惚れ込むが、やがてはそれに飽きるだけでく、それを競み始める。それも、ファッションの現実のうちである。昔は、ファッションの流行は何年も、時には何十年も続いたものだ。それが今では、私たちが屈してからわずか数ヵ月、いや数週間でもうそのトレンドは色あせ始め、入れ替わりに別のトレンドがマスト・アイテムになっている。

悪いことに、スタイルという巨大なヘハムスターの回し車は加速の一途をたどっているため、トレンドは以前よりもずっと早く飽きられてしまうようになっている。だが、おめでたい私たちは、バカバカしいほど目まぐるしく移り変わる流行に、なすすべもなくただ小切手やセンスのよさを奪われていくばかり。店側も、もはやそれ相応の季節まで待ったりはしない。七月にショッピングに出かければ、目に付くラックは秋物のセーターやジャケットで占められ、夏物は奥のほうに追いやられている。

罪の意識さえ感じなくなってしまう

二〇〇〇年五月、アンダーセン・コンサルテイング社元社員のエリザベス・ランドルフ・ローチが、会社から約二五万ドルを横領した罪を認めた。弁護士の話では、病状は深刻で、強迫観念から靴を七〇足も持ち、ベルトのバックルひとつに七〇〇〇ドルもはたき、ロンドン旅行中に三万ドル分の買い物をするほどだったという(熱中しすぎて、帰りの飛行機に乗り遅れたらしい)。判事は、彼女が罪を犯したのは買物依存症のせいだとし、保護観察とセラピーという軽い罰を言い渡した。

極端な場合には、歯止めが利かなくなり、罪の意識さえ感じなくなってしまう場合もあることがわかっている。私たちは、消費行為でいっときハイになれる。スピード・シックはファッションのクラック・コカインだ。安くて速くて病みつきになる。トレンドが登場すると、私たちは、やがてそれが消えていくことは重々承知していながら飛び付いてしまい、結果として、ゴミ箱行きか古着屋行き、タンスの肥やしになる運命の服を山のように抱え込むことになる。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

ワイシャツのアイロンのかけ方

・自分でワイシャツのアイロンがけをする ワイシャツ一枚仕上げるのに、慣れてくれば十五分初心者でも三十分あればでき上がります。私自身は家庭でやっています。誰でも洗ったワイシャツに霧吹きをするところからは …

no image

アパレルチェーン店の時間のかからないファッションのすばやさ

初めて行ったレストランでは、メニューを見るだけで数分はかかる。本日のおすすめ、聞き慣れない名前の前菜、興味を惹かれるメインやデザート。だが、マクドナルドならメニューはもうわかっている。時間のかからない …

no image

スニーカーはシルエットが細身のものを選ぶとよい

・スニーカーはシルエットが細身のものを選ぶ 出かけるときに考えてしまうのが、靴。周りを見渡すと、みなさんスニーカーをはいていますね。どんなときでもエレガントさを忘れずにを信条にしている私としでは、スニ …

no image

デザイナーの商品を店に仕入れるバイヤー

もともとはバイヤーや選ばれたメディア向けのお披露目の場だったメジャーなショーも、今ではライターやカメラマン、社交家、セレブといった人々が溢れて、まるでヴァーチャル・フーズフーといった趣である。クリスチ …

no image

フィッシングベストのおすすめ変身術

・フィッシング・ベストを変身させる 最近では広く、アウトドア用としても使われて、さまざまなデザインとスタイルが出ていることはご存じでしょうが、フィッシング・ベストを着たことがありますか?そうです、あの …