雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

急いで流行を取り入れるための不毛な努力をしているわたしたち

投稿日:

現代はスピード・シックの時代。私たちは終わりのないサィクルにはまってしまい、急いで流行を取り入れようとして不毛な努力をしている。私たちは新たなトレンドに惚れ込むが、やがてはそれに飽きるだけでく、それを競み始める。それも、ファッションの現実のうちである。昔は、ファッションの流行は何年も、時には何十年も続いたものだ。それが今では、私たちが屈してからわずか数ヵ月、いや数週間でもうそのトレンドは色あせ始め、入れ替わりに別のトレンドがマスト・アイテムになっている。

悪いことに、スタイルという巨大なヘハムスターの回し車は加速の一途をたどっているため、トレンドは以前よりもずっと早く飽きられてしまうようになっている。だが、おめでたい私たちは、バカバカしいほど目まぐるしく移り変わる流行に、なすすべもなくただ小切手やセンスのよさを奪われていくばかり。店側も、もはやそれ相応の季節まで待ったりはしない。七月にショッピングに出かければ、目に付くラックは秋物のセーターやジャケットで占められ、夏物は奥のほうに追いやられている。

罪の意識さえ感じなくなってしまう

二〇〇〇年五月、アンダーセン・コンサルテイング社元社員のエリザベス・ランドルフ・ローチが、会社から約二五万ドルを横領した罪を認めた。弁護士の話では、病状は深刻で、強迫観念から靴を七〇足も持ち、ベルトのバックルひとつに七〇〇〇ドルもはたき、ロンドン旅行中に三万ドル分の買い物をするほどだったという(熱中しすぎて、帰りの飛行機に乗り遅れたらしい)。判事は、彼女が罪を犯したのは買物依存症のせいだとし、保護観察とセラピーという軽い罰を言い渡した。

極端な場合には、歯止めが利かなくなり、罪の意識さえ感じなくなってしまう場合もあることがわかっている。私たちは、消費行為でいっときハイになれる。スピード・シックはファッションのクラック・コカインだ。安くて速くて病みつきになる。トレンドが登場すると、私たちは、やがてそれが消えていくことは重々承知していながら飛び付いてしまい、結果として、ゴミ箱行きか古着屋行き、タンスの肥やしになる運命の服を山のように抱え込むことになる。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

ファッショントレンドの大きな流れ

トレンドは、ひとつひとつのはやりもの(インディアン・ビンディ、ターコイズ・ジュエリーなど)からもっと大きな流れ(細めのネクタイ、短めの水泳用トランクス、テーパード・パンツなど)まで、あらゆるものを網羅 …

no image

素敵な人をお手本にして真似してみるのも勉強

・素敵な人をお手本にする 撮影で、センスのよいある女優さんとお仕事をさせていただいたときのことです。彼女がはいできたジーンズが、とでもカッコよかったのです。似合う人を見ると素敵だなと思うのですが、いざ …

no image

モデルの存在-絶対に手の届かないような姿かたち

今では古典となった研究だが、スタンフォード大学の大学生と大学院生を対象とした調査では、女性誌を見た後で自分の外見に劣等感を持った人は六八%に上ったという。ファッション誌は、かなり前から摂食障害の研究分 …

no image

邪悪だと言われるトレンドを健康に悪いものとして表現

国民一〇〇万人のうちなくとも四分の一がHIVに感染しているスワジランドでは、同じ理屈で、政府官僚が、国内のエイズ豪延はミニスカートのせいだと発言している。この国は一九六九年に道徳上の理由からミニスカー …

no image

ブランドを身につける心得-分不相応な着こなし

・ブランドを身につける心得 ブルジョワの子どもたちは、生まれるとボン・ポワン(マドレーヌにある高級ベビ服店)のベビー服にくるまり、オールド・イングランドなどの子ども服を着せられ、やがて成人するころから …