雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

犬の流動性知能や結晶性知能について

投稿日:

結晶性知能は知的達成度を、流動性知能は知的可能性を表すといえるだろう。知能指数が二〇〇という場合でも、まっとうな人間同士のコミュニケーションが与えられなければ、言語を習得することはできない。この場合、結晶性知能を高める経験が不充分なために限界が生じてしまう。課題によって流動性知能が大きく作用するものと、結晶性知能に左右されるものとがある。数学者や理論物理学者などは一般的に高い流動性知能をそなえ、そのため創造的な問題解決に優れ、彼らの多くが比較的若くしてその道で頭角を現す。

犬の場合、流動性知能は測定した学習および問題解決能力に示される。ある専門家が調査した犬の服従訓練審査員の中では、大においては結晶性知能が大きな比重を占め、流動性知能を最大限に生かしきれる大はほとんどいないという意見が多かったという。結晶性知能は人間の言葉を理解すること(そして服従および作業の命令に対するすべての反応)も含めて、犬が現在もっている知識である。

犬の流動性知能を高めるには

犬の流動性知能を高めるには科学の専門家でない限り信じがたいかもしれないが、犬の脳の神経細胞や物理的な要素を変化させ、犬の流動性知能に直接的影響を与えることは可能である。生後一年のあいだに大がバランスのいい栄養を摂ることがきわめて大切になる。それが欠けてしまうと犬の脳内の神経細胞が育ちきれず、大きさも重さも不足し、充分に機能しなくなる。

この時期に栄養不足気味で育った犬は、生涯にわたって知能程度の低い行動しかとれない。環境的要素が犬の脳の構造面に影響を与えるのだが、それが最大の効果をあげるのは子犬の時代である。その要素の最も顕著な例が栄養である。自分の犬を産んだ母犬の栄養まで操作することは不可能だ。しかし、自分の犬となったら、とくに生後一年間のあいだ、その健康と食事に特別な注意を払っていただきたいものである。犬にはバランスのとれた食事が必要である。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

意識をもった動物では知的行動は思考過程を経たある種の自覚をともなう

意識をもたない動物は、行動は脈絡なしに起こり、心理的な自動操縦の結果であるかのように見えるのに対し、意識をもった動物では、知的行動は思考過程を経たある種の自覚をともなう。動物は、内なる意識の目が自分の …

no image

ペットに携わる仕事がしたいと思っているかた

ペットは動物なので動き回ります。想定外の行動もします。臭いもします。このため3K(臭い、汚い、きつい)あるいは気疲れがするを含めた4Kの仕事でもあるのです。その上、率直にいって、仕事の専門性の高さに比 …

no image

犬と民間信仰に関する言い伝え

民間信仰と犬に関する言い伝えの中には、あまりにも一般に広く浸透していて、特定の宗教に区分しがたいものもある。犬の遠吹えは死の前兆だとされることが多い。犬を死と結びつける話はたくさんある。悪魔と守護天使 …

no image

室内での機能とスペースを重視したペット家具

あるペットショップでは、持続可能な地球の未来の社会的課題を事業的手法により解決することをめざした建築業界の企業集団。そして、ペット癒し計画は建築士、インテリアデザイナー、エコリフォームマスターなどの有 …

no image

チンパンジーの言語能力を検証する様々な実験

ガードナー夫妻はチンパンジーに聴覚障害者のための米国手話言語(ASL)を教えることにした。ASLでは声ではなく手の動作が使われ、チンパンジーは手や指を器用に使いこなすことができる。ヤーキーズ研究室のス …