雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

犬の流動性知能を鍛えるには?

投稿日:

犬の流動性知能を増加させるには、たくさんの方法がある。最も簡単なのは、犬を新しい環境に移し、安全で統制のとれた状況のもとで新しい刺激パターンを経験させることである。豊かさを増すためのプログラムは、若い犬の場合はいとも簡単である。子犬を家に連れて来たら(ふつうは生後七週間くらい)、すぐに平たい首輪をつけてやる(首輪は首をしめつけてはならないが、引っ張るとたちまち頭から抜けてしまうようでもいけない)。

そして見守りながら大に家の中を歩き回らせる。脳の大きさと鍛の密度を増加させるには、生後一年のあいだに犬に豊かな経験をさせるのがいちばん効果的だが、犬の一生を通じていつでも可能性はある。子犬を新しい状況に慣れさせる簡単で便利な方法として、昼間犬と一緒にいるあいだ、非常に軽い二メートルの引き綱を首輪につなぎ、一方の端をズボンのべルト通しに結んでおくと良い。この行動プログラムは、犬舎、キッチン、裏庭などに閉じ込められている場合より、子犬にずっと変化に富んだ経験を与えることになる。

名前を呼んでから立ちあがって目的を達する

人間が移動するときはいつもまず子犬に声をかけ、その名前を呼んでから立ちあがって目的を達するようにする。最初のうちは綱を引っ張ることなく子犬について来させるには、なだめすかさないといけないだろうが、数日経つと子大はなにも言わなくてもついて来るようになる。しばらくすると、子犬は引き綱なしでも、名前を呼びさえすればついて来るようになる。このときは充分にほめ、なでてやって自信をつけさせる。部屋から部屋へと歩き回るあいだ、視覚、聴覚、嗅覚にたくさんのことが入力される。

特に子犬を家から外へ連れ出すと、その効果は高まる。そこには、階段はどう上がればいいか、家具をどう迂回するかなど、たえず挑戦が待っている。豊かな経験を与えるために、とくに犬が若いあいだは、犬をひとりきりにすることはできるだけ避けたい。できる限り、子犬に公園、店、学校の校庭、ほかの人の家、などの新しい環境を経験させる。徒歩の場合も車で行く場合も、お使いには一緒に連れていくようにするとよいだろう。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

キツネと犬の違いはどこ?

イス科のほかのメンバーと異なり、キツネは獲物のあとを走って追いかける狩りはしない。その代わり彼らはネコのように足音を忍ばせてこっそり獲物に近づき、いきなり飛びかかる。子ギツネは、タカやワシなどの猛獣類 …

no image

犬が最初に覚える言葉

「いい子」とやさしくなでられるのはうれしい。犬のごきげんをうかがったり、すがったり、あまい声で話しかけていると、犬は自分のほうがえらいのだしゅんとしてふさぎこんでしまったと勘違いしてしまいます。 犬が …

no image

獣医の選び方のコツ

獣医の選び方のコツ。 獣医師を選ぶときのポイントは、自宅から近いこと。近所なら気軽に相談に出掛けたり、救急のときもすぐに駆けつけられ、場合によっては往診にも応じてもらえます。まずは近所の獣医師をあたっ …

no image

犬のかじり癖

目の前をチョロチョロする猫や蝶、ハエなどを追うのは、獲物を捕まえようとする本能によるものときには昆虫などを食べてしまうこともあるかもしれません。あまり執拗に追いかけるときは、ストレスからきているとも考 …

no image

犬の記憶力のテスト

・短期的記憶力のテスト このテストには、匂いのきっくない餌を用意する(句いが強すぎると、犬の嗅覚の鋭さが結果に影響を与えてしまう)。たくさんの家具その他のもので埋まっていない、ふつうの広さの部屋を選ぶ …