雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

良性腫瘍とは?医師がごまかすために使うことが多いといわれる

投稿日:2014年11月22日 更新日:

・良性腫瘍

医者からガン告知をされていなくても、たいていの患者は手術を受けた時点で、自分がガンだと気づく。病院にもよるが、患者にガンであることを告知する割合はだいたい3割くらいだ。あとの7割は、良性腫瘍だのポリープだのと言ってごまかすのである。しかし、よく考えてみると、医者があなたの病気は良性腫瘍ですと言っておきながら、手術で胃を全部切り取ることは、常識的におかしい。

・ラジエーション(radiation)

放射線というと、胸のレシトゲン写真やCT検査を思い浮かべて、大したことはないと考える人がいるが、けっしてそうではない。日本語では放射線療法と訳す。ガン細胞は放射線に弱いので、それを利用したのが放射線療法なのだ。しかも、手術できないくらいガンが広がっている場合に、放射線療法をすることが多い。車の部品の一つではない。あれはラジェーター、今から話すのはラジエーションだ。

・ロイケ

英語ではリューケミアという。白血病は血液のガンなので、患者に知られないようにするために、医者どうしではロイケと言うが、患者にはあなたの病気は、重い貧血ですと説明する。白血病のことをドイツ語でロイケミアというが、それを略した言い方。しかし、白血病のことを悪性貧血とは言わない。なぜなら、ビタミンB欠乏が原因の貧血のことを悪性貧血というからである。

リンパ節郭清

・リンパ節郭清

ガンがリンパ節にな移して腫れてくると、もはやガンが完治する可能性は少ない。
ガンのある内臓を手術して取った場合は、その近くのリンパ節も取ってしまうわけだが、リンパ節を取ること自体をリンパ節郭清というのである。

・メタ

ガンの転移のこと。正しくはメタスターシス(metaStasis)というが、少し長ったらしいので、通常は略してメタという。
もしガンが何ヵ所もな移していると、もう完治することはない。
その場合は、metaを複数形でいうわけだが、3をくつつけてメタスとは言わない。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

医師国家試験の合格率は医学部のレベルを反映しなくなった

いまさらながら、新設医大の果たした役割を考えてみると、日本の医療事情が見えてくる。多くの新設医大は、首都圏の近郊に多く、既設の医学部に比べれば立地条件は悪い。同じ頃、ファミリーレストランのチェーン展開 …

no image

治療が正しいことだったかどうかの判断

医者でさえ判断に迷うのが実態なのに、裁判所が勝手に判断して、そのやり方をしないと逮捕というのでは、医療行為の専門性はどうなるのだということになる。 ある意味では、判決でさえも問題は抱えている。というの …

no image

これを使おう!内視鏡のドクターが転職に役立てられるサービス

内視鏡検査は、何度も検査を行い、実践の中で経験を積まないと上達はしません。内視鏡検査のスキルをアップするため、転職を考えている医師はいるかもしれませんが、もしも転職を考えているのであれば、転職支援サー …

no image

派手な看護師の意外な一面-しっかりと仕切ってくれる姉御肌

後輩ナースの面倒見もよくて、そんなオトコは甲斐性なし。ダメよ早く別れなよ。その彼は大事にしな。気持ちの大きなオトコがいちばんだから。なんて、きっぱりとアドバイスしてくれる姉御という感じです。大部屋の患 …

no image

形成外科の転職を成功させたいなら利用するべきサービス

形成外科の求人数は、全体的に少ない傾向にあります。求人誌などを見てもあまり形成外科の募集を行っているのを見かけることがありません。形成外科自体があまりありませんから、求人が少ないのは当然とも言えますが …