雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

猟犬のポインターは先込め式猟銃の発明を補うべく改良がおこなわれた

投稿日:

猟犬のポインターは先込め式猟銃の発明を補うべく品種改良がおこなわれた。この銃を効果的に使うためには、音をたてずに主人を獲物の潜む場所まで案内し、その位置を教える犬が必要だった。猟師は二頭一組で使う場合もある。一頭の犬が獲物の方向を指し示しても、どれぐらい離れているかはわからない。二頭なら三角測量が応用できる。彼らはまた非常にゆっくりと正確に、黙って動くことができる。

ほとんど音をたてずにくぐりぬけ、風の運ぶ匂いを鼻でたえず嗅ぎ分けられるように頭は高く上げている。ポインターは鋭い聴覚と嗅覚をそなえている。ポインターはいったん獲物を発見すると、頭と身体全体まで硬直させて獲物の方向を指し示す(ポイント)ような姿勢をとり、じっとその場に静止する。前脚の片方を上げていることも多い。優秀なポインターは、必要とあらば一時間以上も獲物をポイントし続けたという記録も残っている。これは先込め銃の時代にはとくに有効だった。

フランス砲兵隊の歩哨犬のように

人間の猟師が近くまでしのび寄り、一発の弾丸で撃ち落とせるよう、タイミングを計って鳥を飛びたたせる時間的余裕を与えてくれたからである。フランス砲兵隊の歩哨犬のように、二頭の視線のぶつかる地点から標的の正確な位置が割り出せる。この形式の銃では弾を込め直すのに一分以上かかるため、猟師に失敗は許されなかったから、これは大事なことだった。

学者たちは獲物をポイントする行動を、実際には神経系統に、ある種のショートないしオーバーチャージ状態が起こり、ふつうなら獲物に跳びかかるところを、その直前の状態で犬が停止してしまうのだろうと説明している。同じ行動がオオカミでも観察されている。リーダーがじっと立ちどまって獲物を指し示し、群れのメンバーが到着して獲物の位置を確認するまでそのままの姿勢で静止する。しかし、オオカミの場合は、静止している時間は数秒間から一分程度である。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

ペットの競り市は日本独特の流通方式

ペットショップの場合、輸入業者か卸売り業者からの仕入れが一〇〇%近くを占めており、競り市からの仕入れはごく一部になっています。このように爬虫類の流通はほかのペットと異なり、競り市の機能が弱く、業者間取 …

no image

子犬選びができるペットショップ

ケージのないペットショップペットショップで犬を買う場合は、ケージに入れられた犬を順番に見ていって、毛並みがきれい、眼が合ったなどの「何となく気に入った」という理由で買うのが普通です。ところが、ソフー、 …

no image

老ハムの食事や病気などへの注意

老ハムがかかりやすい病気老ハムならではの病気という心配もあります。性ホルモンの変化や免痩力の低下、体の老化から、老ハムは次のような病気にかかりやすくなってしまいます。 ・肝臓病→診断には血液検査などが …

no image

犬に遊びで吠えさせることなどをする

ノーベル賞受賞者で、動物心理学の権威であるコンラート・ローレンッは、動物は遊びを通して生物ではないものと社会的対象、その両方への対処の仕方を学ぶと語っている。彼は、遊びは犬に新たな独創的行動を必要とす …

no image

獣医の選び方のコツ

獣医の選び方のコツ。 獣医師を選ぶときのポイントは、自宅から近いこと。近所なら気軽に相談に出掛けたり、救急のときもすぐに駆けつけられ、場合によっては往診にも応じてもらえます。まずは近所の獣医師をあたっ …