雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

猟犬-特殊な犬種を選び育てた過去の歴史

投稿日:

狩猟のために人間は特殊な犬種を選び育てるようになった。犬には役に立つ特徴があり、その本能的知能を組織的に改良することが可能だと人間は悟った。犬と人間との関わりが始まったのは、人間がおもに狩猟に頼って生きていた時代であった。狩猟の中で、犬ならではの能力が大いに発揮され始めたのである。オオカミと原始人が狩りで使った技術には、驚くほど共通点がある。構成要素は同じである。

犬は狩猟のあらゆる場面で使われるようになった。獲物を見つけ、追いたて、追跡し、捕まえ、主人のもとへ運ぶ、などが彼らの仕事になった。野生の世界ではこれらの作業はすべて群れのリーダーによって統率されていた。犬を家畜化する過程で、引き綱を持つ人間は狩りを監督する群れのリーダーの立場をとった。獲物を追跡する、群れのメンバーにその場所を教える、獲物を取り囲む、そしてたぶん、待ち伏せしている群れのメンバーに向かって獲物を追いたてる。

弓に矢がつがえられるのを待って鳥を追いたてる

人間が位置につき、弓に矢がつがえられるのを待って鳥を追いたてる。あるいはしかけられた網のほうへと鳥を飛びたたせる。これと同じ手法をいまでもアフリカの多くの部族が使っている。旧石器時代から、犬は獲物を罠や崖の上や、人間が弓矢を手にうずくまって待ちうける場所へ追い込む役目に使われていた。野生動物(とくに野ブタ)が、人間と犬の共同戦線で追いたてられて網にかかるか、人間の待つ潜伏場に突進して、槍で突き殺される。

銃猟犬(ガン・ドッグ)、の名称にふさわしく、これら現代の猟犬は、獲物が銃で仕とめられる狩猟スタイルにマッチするよう選び育てられた。銃猟犬(ガン・ドッグ)現在、狩猟犬の中でも最も知名度の高いのが、いわゆる銃猟犬と呼ばれるポインター、スパニエル、セター、レトリーバーなどである。これらの犬種は実際に、選択育種を通して特殊な仕事のために慎重に作りあげられているという。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

通販サイトのペット事業への参入

通販サイトのペット事業への参入。 熱帯魚の飼育、販売には、金魚や錦鯉のそれと同様、高度な専門知識と経験が必要だった。当時の世相を記録した文献のなかに、サラリーマンの生活目標としてマイホーム、マイカー、 …

no image

ハムスターを冬眠させてしまうと死んでしまうことも

ハムの冬眠はシマリスなどと比べると浅い眠りだといわれ、疑似冬眠と呼ぶのが正しいという専門家もいますが、ハムスターは冬眠をする動物として知られていますが、その実態はまだ研究中らしいです。中途半端な冬眠に …

no image

野生の雑種犬と家犬の交雑から現在知られている犬種が生まれた

犬の専門家の中にはマイケル・フォックスを例として、家犬は野生犬のだれかが進化したのだと考える人たちもいる。ほかの家犬はほとんどが年に二度発情期を迎えるのに対し、バセンジーの雌は一年に一度しか発情期を迎 …

no image

デカルトが掲げた哲学命題

デカルトは明らかに日常生活の中では、犬に意識を想定している。便宜からばかりではなく、おそらくそうせざるをえなかったのであろう。記録によれば、デカルトはムッシュー・グラという名の犬を飼っていた。ひどく甘 …

no image

チェサピークベイレトリバーについて

チェサピークベイレトリバーをご存知だろうか。この犬種は、赤い雄と黒い雌という二頭の子犬が始まりだった。二頭は一八〇七年にメリーランドの海岸に打ち上げられたイギリスの難破船から救い出された。生まれた子犬 …