雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

猟犬-特殊な犬種を選び育てた過去の歴史

投稿日:

狩猟のために人間は特殊な犬種を選び育てるようになった。犬には役に立つ特徴があり、その本能的知能を組織的に改良することが可能だと人間は悟った。犬と人間との関わりが始まったのは、人間がおもに狩猟に頼って生きていた時代であった。狩猟の中で、犬ならではの能力が大いに発揮され始めたのである。オオカミと原始人が狩りで使った技術には、驚くほど共通点がある。構成要素は同じである。

犬は狩猟のあらゆる場面で使われるようになった。獲物を見つけ、追いたて、追跡し、捕まえ、主人のもとへ運ぶ、などが彼らの仕事になった。野生の世界ではこれらの作業はすべて群れのリーダーによって統率されていた。犬を家畜化する過程で、引き綱を持つ人間は狩りを監督する群れのリーダーの立場をとった。獲物を追跡する、群れのメンバーにその場所を教える、獲物を取り囲む、そしてたぶん、待ち伏せしている群れのメンバーに向かって獲物を追いたてる。

弓に矢がつがえられるのを待って鳥を追いたてる

人間が位置につき、弓に矢がつがえられるのを待って鳥を追いたてる。あるいはしかけられた網のほうへと鳥を飛びたたせる。これと同じ手法をいまでもアフリカの多くの部族が使っている。旧石器時代から、犬は獲物を罠や崖の上や、人間が弓矢を手にうずくまって待ちうける場所へ追い込む役目に使われていた。野生動物(とくに野ブタ)が、人間と犬の共同戦線で追いたてられて網にかかるか、人間の待つ潜伏場に突進して、槍で突き殺される。

銃猟犬(ガン・ドッグ)、の名称にふさわしく、これら現代の猟犬は、獲物が銃で仕とめられる狩猟スタイルにマッチするよう選び育てられた。銃猟犬(ガン・ドッグ)現在、狩猟犬の中でも最も知名度の高いのが、いわゆる銃猟犬と呼ばれるポインター、スパニエル、セター、レトリーバーなどである。これらの犬種は実際に、選択育種を通して特殊な仕事のために慎重に作りあげられているという。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

動物行動学を学ぶ際ほとんど宗教原理のように教えられるもの

動物は意識を持つのか?論理的には、人間が意識をもつなら、生命と反応力をそなえたその他の生物もまた、反証のない限り、意識をもっと仮定しうる。この論法も逆の論法と同じく有効であり、少なくとも客観的データが …

no image

ハムスターにあげる野菜でおすすめのものは何?

同じ野菜ばかりでなく、いろいろな野菜を組み合わせて。水分の多いキュウリ、トマトなどは、下病になりやすいのであげすぎには注意して。でも、水をあまり飲まないハムの場合は、これらの水分の多い野菜も与えましょ …

no image

犬に座り込む動作をさせた学習行程を調べるテスト

実際の学習行程を調べるある専門家のテストがある。あなたの右足を一歩前に踏み出し、引き綱を犬の顔の前へ水平に引いて、犬が立ち上がって一歩ほど前へ進むように仕向ける。続いて右足をもとに戻し、引き綱を引いて …

no image

聖パトリックがアイルランド戻ってからの犬との因縁

聖パトリックと犬との縁は色々とあるようだ。何年ものち、冒険に次ぐ冒険を経て彼はアイルランドに戻った。そして戻ってから、犬との因縁がついて回った。見たこともない船が波止場に着き、白い衣をまとって頭をきれ …

no image

犬の実際の学習行程を調べるテスト

・実際の学習行程を調べるテスト 犬はこの言葉を聞いたこともなければ、指令が要求する行動内容も知らないだろう。犬の学習能力を調べるには、実際に何かを学習させてみるのがいちばんだろう。そのために、ほとんど …