雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

ルートファインディングの意味と大事な心がけ

投稿日:

・ルートファインディングを心掛けるべし

ある登山者の話。

ルートフアインディングとは、今、立っている場所から目的地に向かって、実際に進むべき最良のルートを見つけだすことです。上高地から中尾峠までは夏通が出ていて、読図の必要もないし、ルートファインディングに難渋することもありません。5月のゴールデンウィークに、岐阜と長野の県境にある中尾峠から焼岳に立ち、安房へと離走したことがあります。中尾峠から先は、残雪で道が隠されているし、霧雨でホワイトアウト。しかし、焼岳の頂上までは、登りですから、ルートファインディングに手間取ることはありません。

焼岳頂上には登り着きましたが、安房峠へのルートが問題です。ホワイトアウトで先が見えません。岩場の乗っ越しに苦労した箇所はありましたが、頂上に立つことはできました。じっと待つこと小一時間、さっと霧が流れて視界が広がり、安全な下り口を発見できました。これがルートファインディングです。昨今では、GPS(全地球測位システム)があって読図に習熟してなくても、現在地の確認は容易です。進むべき方向もそれと示してくれます。しかし、その方向が断崖だったら進むことができません。

進むべき方向もわかっているのですが

現在地は明快だし、進むべき方向もわかっているのですが、ぐるりが岩場で頂上からどこを下ったら安全か、下り口が見つかりません。ここで焦ってはいけないのです。右を巻いた方がいいのか、左に進んだ方が安全なのか、正しいルートを見つけだす。これがルートファインディングです。

おしゃべりに夢中になっていて、方角や行程を示す指導標を見過ごしたとはときどき聞く話。正しい道を進んでいるか否か、常にチェックしていなければなりません。ガイドブックに紹介されている夏山の一般コースなら、ルートファインディングの必要はあまりありませんが、道のない山や踏み跡程度のマイナーな山、雪山登山では、ルートファインディングの技術は非常に大切です。指導標を見失わないようにするのはもちろん、石や木に付いているマーキングも見逃さないようにすることが大切です。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

ノウサギ観察-せっかく見つけたが走り去ってしまった

せっかく見つけたノウサギが走り去ってしまったからといって、慌てることは狙ない。そこからは体力勝負である。ゆっくりと着実に出来たてホヤホヤの足跡を追っていけば、ときどき彼らの姿を見つけることができる。 …

no image

アウトドア-子供の遊びは時間はずいぶんかかる

年長の子ども5~8歳という年齢は、一生懸命背伸びして大人と同じようにやろうとする年ごろだ。何でもやってみたいし、1人でできるか試してみたい。自分も立派な家族の一員と認められ、発言力があることを確信した …

no image

スキーに赤ちゃん連れで行く際のポイント

スキーというのは、土の上を歩くハイキングよりも、はるかにバランスが必要。赤ちゃんの防寒を徹底すれば、キャリアに入れてスキーを楽しむことも可能だ。ただし、赤ちゃんの大きさ、年、性格にマッチしたキャリアで …

no image

山歩きでなによりも優先すべきこと

何よりも優先すべきことがあります。それは安全な所で休むということです。この原則を守っていないパーティーが意外に多いのです。コースをよく知っている人がいれば休憩によいポイントにあわせ、数分程度ずらすのは …

no image

中央分水嶺・高島トレイルなどはとっておきのコース

・低山ウォーカーのためのとっておきのコース 二〇〇四年七月に指定された紀伊山地の霊場と参詣道、いわゆる熊野古道。最近、ユネスコの世界文化遺産として登録されたところ、あるいは登録を目指しているところは、 …