雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

老夫婦の愛が強すぎたために起こった夜の事件

投稿日:2015年4月5日 更新日:

妻は毎日欠かさず見舞いにくる。70歳になる老人が胃潰瘍でP病院に入院してきた。それも、たかが胃潰瘍の夫のトイレにまでついていく献身ぶりである。一時も離れているのがツライ、といったふうなのである。帰り際、決まって2人は何度も顔を見合わせ、せつなそうに溜め息をつく。

2週間ほどたって、老妻が胃痛を訴え出した。検査しても異常は見当たらない。そのうちに今度は頭痛が、ヒザがと、とっかえひっかえ症状を変えてくる。老妻は必死の眼差しで医者を見つめるのだ。どうやら、どうしても夫と一緒にいたいらしい。

かたときも離れたくない夫婦愛にほだされ、とうとう病院側も検査入院という名目でOKすることにした。なんとか病気にかこつけて入院したいのだろう。2人はようやく水入らず(?)の入院生活を始めることになった。

夜の巡回の際、彼女が老夫婦の部屋をのぞくと、ドア寄りの妻のベッドがカラ。トイレにでも行ったのかなと、なに気なく隣のべッドを見て仰天!なんとおジイさんのベッドの布団がこんもり膨らんで、もそもそ動いているではないか。入院してまでそうしたいほど仲がいい?カップルに、ほほえましいというよりは、正直ちょっとばかり気味が悪いナースたちであった。

病室のおたがいさまにはご用心

耳鼻科で有名なF大学病院に入院。同室のW氏50歳は、何やら耳の炎症で入院して1週間目だという。10年来、慢性の蓄濃症に悩まされていたT氏が、意を決して手術をすることにした。

礼儀正しく律儀な性格のT氏、病気のため自分がイビキをかくことを、言っておかなければと、W氏に、ご迷惑をおかけしますが、と挨拶をした。W氏は快く、いえ、おたがいさまですからと、応じてくれたが。その夜、なんとイビキをかいたのはW氏のほうであった。T氏は眠ろうにも眠れぬまま、夜はふけていった。

後で知った話では、W氏の片耳は病気のためほとんど聞こえないとのこと。巡回の看護婦のよく眠れました?という質問に、T氏が答えるより早く、よく寝ていましたよね、Tさんと、隣のW氏の声。それならわざわざ気をつかうことはなかった、とT氏は思った。

そもそも耳のよし悪しに関わらず、自分のイビキは自分は気づかないものだ。と、すれば明らかにご迷惑をおけしているのは・・。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

偉い医者がやる非人道的な医療を持ちあげる

偉い医者がやる非人道的な医療を持ちあげるという話がよくある。 偉い医者がやることなら許されるどころか、学会でかばい合いまでするのに、そうでない医者がやることは、社会的にもマスコミにも断罪されるというの …

no image

エスと超自我の働きと自我

フロイトは自我とエスを暴れ馬とそれをコントロールする騎手に例えている。エスは社会の捉など守ろうともしない。 エスは本能的で、超自我(スーパーエゴ)は、抑制する心。そして、その中間が自我である。エスか超 …

no image

論文が医学的意味を持たない場合が実は多いらしい

ある医局から提出された数名の博士論文はタイトル名が多少違うものの、ほとんど同じような内容で、さすがにそれは突き返されたというエピソードもあるようだ。そのレベルでの論文がほとんどだから、こういった雑誌に …

no image

医者へのプレゼントによって待遇は良くなるのか?

医者へのお中元は必要ないようです。公立病院の医師などで、公務員医者の場合、金品の受け取りは罪になることもあります。絶対に禁止の病院もありますから、そこでは、ホントに厳禁です。もちろん家族ぐるみのお付き …

no image

必見!今の医療現場に嫌気がさした時に転職を考えるならこれ!

医師が転職を考える場合、自分で転職のために動くのはかなり大変です。ツテはある方なら何とかなるかもしれませんが、1から探していくとなると、求人誌を見たり、病院のホームページを見て調べたりと、かなり時間が …