雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

老ハムの食事や病気などへの注意

投稿日:

老ハムがかかりやすい病気老ハムならではの病気という心配もあります。性ホルモンの変化や免痩力の低下、体の老化から、老ハムは次のような病気にかかりやすくなってしまいます。

・肝臓病→診断には血液検査などが必要。
・生殖器病→卵巣腫瘍、卵胞のう腫、子宮腫瘍、子宮蓄膜症など。
・その他→白内障、腎臓病、心臓病、アミロイドーシスなど。
・皮膚病→ニキビダニ症(主に背中)、フケ(主にお腹)、かゆみや脱毛(主に耳の後ろ、首の後ろ、手足)。
・腫瘍→乳頭腫、アポクリン腺腫、繊維肉腫。

若いとき以上に、老ハムには温度、湿度管理が重要です。どうか気候の変化に気をつけてあげてださい。一見、健康に見える老ハムでも、定期的に動物病院へ連れていって、健康診断を受けさせてあげてださい。老ハムだけに、一度病気にかかると命取りになる危険性もとても高なっています。

野菜ばかりでは栄養のバランスが崩れてしまう

老化してきたハムスターの健康のためには、野菜はニンジンや小松菜などの緑黄色野菜のほか、ゆでたサツマイモなどをあげましょう。基本は高繊維、低脂肪の食事です。なによりもバランスのとれた工サをあげることが大切です。ハムフードを中心に、野菜を多してあげて。また、歯が悪なっている老ハムの場合には、固い工サは苦痛です。飼い主が愛ハムの歯の調子が悪いことに気づいてあげられないと、ハムはどんどんやせてしまいます。こういう老ハムには、悪い歯でも食べられるよう工サに工夫をしてあげて。野菜ばかりでは栄養のバランスが崩れてしまいがち。たとえば、固形ペレットは水で増やしてあげるなど。

私たち人間にと愛するドワハムが健やかな生活を送れるよう、病気の予防には十分に気をつけてあげてください。ハムスターは、人にとって新しい友人。そして、ゴールデンよりも、ドワーフのほうがさらに新しい友達です。体の構造や病気の治療法などについては、まだまだわからないことが多いのが事実です。それでも、病気をしてから治すのも大切ですが、それよりも、病気にさせない努力をしましょう。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

犬のかじり癖

目の前をチョロチョロする猫や蝶、ハエなどを追うのは、獲物を捕まえようとする本能によるものときには昆虫などを食べてしまうこともあるかもしれません。あまり執拗に追いかけるときは、ストレスからきているとも考 …

no image

飼い主とペットの絆とある夫婦

新婚ほやほやのジョセフィンとスチュアートのマクスキミング夫妻は、雌犬が喧嘩をするからという理由で、六十五キロ離れたそれぞれの家で暮らすことに決めた。ペットと飼い主を結びつけている神秘的なきずなを探究す …

no image

動物は果たして意識を持った存在なのか?

犬に思考能力がないなら人間にもそれはない、ということにならないだろうか。デカルトの主張の中には、思考能力のある存在をたんなる機械と区別するために使われた、検証にもとづくものもある。デカルトの理屈を裏返 …

no image

訓練は早ければ早いほど犬にとってプラスになることが多い

初期の学習段階で大事なのは、人間の主人が発する声の響きに必ず意味が含まれているのを、犬が学ぶことである。その言葉は、ときには次に起こることを知らせるものだったり、ときには解決すればほめられたり、おいし …

no image

キツネと犬の違いはどこ?

イス科のほかのメンバーと異なり、キツネは獲物のあとを走って追いかける狩りはしない。その代わり彼らはネコのように足音を忍ばせてこっそり獲物に近づき、いきなり飛びかかる。子ギツネは、タカやワシなどの猛獣類 …