雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

ロシアの軍事占領に抵抗するチェチェン人に資金提供した

投稿日:

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、ブッシュととりわけ親密な間柄にあるそうで、チェチェンの分離主義者を弾圧することに対して外交的な同意を与えられた。米国内及び中東のアナリストが、アメリカの長期的な国益を損なう措置と呼ぶお墨付である。命令に従った場合は、その見返りとして財政的な施しを受けられるばかりか、国家テロを含む残虐行為に一層頼ることも認められた。

パウエル氏は、アメリカの政治及び軍事的な同盟国は施しを受けて潤うだろうと明言した。その間に、フライシャーはブッシュが賛成票と引き換えに報酬を与えていることを躍起になって否定し、記者団に爆笑された、とウォールストリート・ジャーナル紙は報じた。世論の圧力に屈して民主義を奉じ、今では国民に撮年を負わなければならない国にとって、特別な問題が生じた。そういう国は、民主主義に則って行動すれば、経済が打撃を受けるかもしれない。

米国政府が国家テロを支援することは

米国政府が国家テロを支援することには、他にも理由があるのではないかと考える人がいるかもしれない。だが、そうした危惧の念は筋違いで見当外れであることを明らかにするため、あるイスラム教慈善団体の責任者が、ロシアの悪質な軍事占領に抵抗するチェチェン人に資金提供したとして、連邦裁判所で有罪を宣告された。

トルコも同じような餌を差し出された。大がかりな財政援助計画とイラク北部のクルド人自治区を侵攻する権利である。トルコは珍しく、その誘いに完全には従わず、西側諸国に民主主義の何たるを思い知らせた。慈善団体の責任者は、ボスニアの救援活動のため資金を提供したことでも告発された。その犯罪が実行されたとされるのは、クリントンがアルカイダとヒズボラの工作員を職行機でボスニアへ運び、進行中の戦争で米国側を支援させようとしていたのと同じ時期だった。パウエル国務長官は直ちに、こうした不時な行為は即刻処罰すると厳しい日調で言い放った。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

アメリカの軍拡がソ連を屈服させた

1980年代のアメリカの軍拡がソ連を屈服させた。これは、ロナルド・レーガン大統領の政策によってソ連の帝国的過剰拡張が白日の下にさらされた、という点である種の真実を含んでいるが相退本的な問題の回答にはな …

no image

アメリカは自分たちが妥当と見なせば武力を行使する

今後は武力が支配するのであり、アメリカは自分たちが妥当と見なせば武力を行使するのだ。この戦略はアメリカの敵が脅威を感じて、彼らの募る怒りから行動を引き起こす機会を増加させる、とアナリストは結論した。 …

no image

プロパガンダ成功から進歩的民主主義の理論家が生まれた

現代の思想統制のシステムーかつては率直にプロパガンダと呼ばれたが、この言葉は全体主義を連想させるため使われなくなったのは、自由社会の多くにその起源を見出せはずだ。世論の操作が政府の基盤だという認識は、 …

no image

イスラム過激派のテロリスト集団について

あの日のテロ攻撃は全く予期できなかったわけではない。対テロ戦争と言われているものは長く続きそうだが、二〇〇一年九月一一日に突如として重要問題になったのではない。そのことからも、9・11が急激な歴史の転 …

no image

ソ連がキューバにミサイルを設置し世界の恐怖の均衡を変えようとした

スティーヴンソンの息子は、あの瞬間には、明らかな目的があった。ソ連を封じ込め、平和を維持することだ。核超大国がキューバにミサイルを設置し、世界の恐怖の均衡を変えると脅している証拠を提示していた。スティ …