雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

コミュニケーション

論理的思考で解決できない問題

投稿日:

論理的に話すことは、大変重要なことです。何より、聞き手にわかりやすいのです。わかりやすければ、お互いに理解したり、合意したりすることも容易です。ですが、論理的ということに対して、異論が出てくることがあります。人は論理ではなく、何で動くのでしょうか?本能や感情のおもむくままに動くわけではないでしょう。確かに、本能や感情で動く場合もままあります。ですが、普通の社会生活やビジネスは、論理で動いているのではないでしょうか?「論理では人は動かない」とか「世の中は論理だけではない」とかいうのは、ウソです。

典型的な異論は、「世の中は、理屈だけじゃ動かないよ」というものです。「理屈」とわざと言い方を変えていますが、要するに「論理では人は動かない」ということです。本当にそうなのでしょうか?「論理では人は動かない」のではなくて、「私の論理では人は動かなかった」だけなのです。それに気づかないのはもったいない。

懸念を払拭するために準備する

会議の席で、気おくれして何も発言できないという状況は変わります。考え方を改めることで、発言ができるようになるでしょう。仮に発言をして、まわりからあまりいい評価をもらわなかったとしても、それで終わりなわけではないということがわかっています。人は少々の懸念くらいは持つでしょう。しかし、それは人間として当たり前のレベルです。ですから、懸念を払拭するために、準備をしたり、用意を怠らないようにしたりすることができます。

会議の前に準備し、会議中にアイディアも湧きます。しかし、発言できないために、それらは無になっていました。意に沿わない他人に主導権を握られ続けてきました。それに終止符を打つときがやってきたようです。あなたも、もし、気おくれしてなかなか行動に移せないとしたら、非理性的な信念にとらわれているかもしれません。非理性的な信念は、論理的に撃破してしまいましょう。

-コミュニケーション

執筆者:

関連記事

no image

改まった場面で話ができない

話が苦手だという人の多くが、話し方という技術がだめだからといいます。しかもその多くが、話すべき内容がない、あるいは、そのことについてしっかりした考えをもっていないことに気づいていないフシがあります。 …

no image

失敗をマイナス思考しないでどちらに転んでもプラスになると考える

「作用あれば反作用あり」は、物理的な力の法則ですが、人間の精神面での関係と考えてみてもよさそうです。これらは、その人にとって最も悲劇的な事件と見られがちです。 深刻だからこそ、我と我が身を深く考え、限 …

no image

敬語の使い方に関する問題

日本語の中で最も複雑な構造を示すもののひとつが敬語だといわれます。敬語は尊敬語、謙譲語、丁寧語に分類されます。地位、階級、家族関係、年齢などの点で自分より上の人が目上。下の人が目下。そうした意識が薄れ …

no image

根拠や理由付け

意見と事実は、状況によって変わります。意見は、ある主張を支える事実になったりします。例に考えてみます。「二〇〇五年のわが国のGDPは、五〇四兆六〇六六億円だった」は、事実だけを述べています。つまり、事 …

no image

手の観察方法-メモのとり方

手の観察は、紙と鉛筆で行います。ある喫茶店でとったメモをここにご紹介します。通路をはさんだななめ向かいの席にすわっている四人を気づかれないように観察します。私は喫茶店の薄暗い片隅にすわっています。 今 …