雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

バイク

ロングツーリングバイクでの装備

投稿日:

ツーリング時の持ち物は、ケースバイケースで大きく異なってくる。ソロツーリング、マスツーリング、林道ツーリング、そして3日以上に及ぶロングツーリングでは、それぞれに見合った装備が必要である。

ツーリング中に注意するのは、ねずみとり(スピード取締り)だけでなく、町中を通過する場合である。特に、バイパスを持たない街道筋の町中は危険が多く、たとえ交通量が少ない場合でも、1速ギヤダウンして通過するのが賢明だ。

日帰りの場合は、地図、カッパ、パンク修理道具(エアゾール式の瞬間パンク修理剤やチューブレスキット)、医療用三角巾、健康保険証があれば万全だ。マスツーリングの場合はこれらの物を手分けして持参すればよいので、1人1人の持ち物は少なくてすむ。

交通事故では、加害者、被害者にかかわらず、保険証は使用できない(自損事故は別)。ロングツーリングの場合は、医薬品(頭痛薬、風邪薬、整腸剤等)、洗面用具、着替え、さらに宿泊場所によっては寝まきなどが必要になる。ペンションは、ゆかたなどを用意していないところがほとんどだからだ。

林道ツーリングの場合

林道ツーリングの場合、スペアチューブ、パンク修理道具(タイヤレバー等)、空気入れ、スペアレバー(ブレーキ、クラッチ)あれば万全だ。健康保険証は、オン、オフを問わず、ツーリングには必ず持っていくべきである。

スーパースポーツには荷物は似合わないからと、極力装備を少なくする人もいるが、日帰りならともかく、宿泊する場合はある程度の装備が必要である。また、ハードな林道ツーリングの場合は日帰りでも下着のスペアを持参し、汗をかいたら着替えるようにしたい。

定期点検は法規で義務づけられているもので、オートバイの場合も、6か月ごとと12か月ごとに実施されることになっている。250ccを超える自動二輪車の場合は、2年ごとに車検を受けなければならないので、オーナーもある程度心得ているが、車検のない250cc以下の自動二輪車の場合は、定期点検が義務づけられているのをオーナーが忘れていることが多い。気をつけよう。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

二輪車で高速道路を走行する場合の注意するポイント

高速道路に乗り入れるとき、次の注意事項を守ることだ。高速走行は思った以上に疲労が激しいので、1〜2時間ごとに(走行ペースやマシンによって異なる)サービスエリアで休息をとり、ガソリンは早めに補給する。ウ …

no image

バイクを後進させる場合のコツ

バイクを押してバックする場合、バイクの脇に立つライダーは、バックの右側方向に向いて立ち、首を右に向けて後を見ながら、横歩きで右方に押し歩くかたちとなる。また、バックしながらハンドルを切った時のバイクの …

no image

バイクのレザーウェアを用途で選ぶ

転倒した際にレザーウェアがほんとによいのかについての詳しいデータはないが、経験からいえば、ジーパンや化学繊維のウェアで転倒すると摩擦でウェアは切れて身体にキズを負う。ウェアがめくれて腹を切ったことまで …

no image

裁判は怖くないしお金もかからない

裁判なんて怖くないし、お金もかからない。裁判そのものにかかる費用というのは、さほど大したことはない。刑事事件なら証拠収集とか手続きに関する実費程度(証人を呼ぶと1日2000(3000円の日当も払わねば …

no image

警官のやりとりを録音

ライダー側に免許証を提示して住所、氏名を明らかにする義務があるのと同じように、警官も市民に対して警察手帳を見せて、官、姓名を明らかにする義務があることはあまり知られていない。せいぜいわたされた反則キッ …