雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

論文が医学的意味を持たない場合が実は多いらしい

投稿日:2014年11月19日 更新日:

ある医局から提出された数名の博士論文はタイトル名が多少違うものの、ほとんど同じような内容で、さすがにそれは突き返されたというエピソードもあるようだ。そのレベルでの論文がほとんどだから、こういった雑誌に掲載される論文が医学的意味を持たないのは明確であるという話だ。

多少、学内の審査はあるものの、雑誌編集をする側からの内容チェックは入らない。研究にオリジナリテイーなどというものは要求されない。大学の研究雑誌の最大の目的は博士論文の掲載である。その内容を掲載して学会誌ということになってはいるようだ。一応自分の大学内で学会という形態をとり、なれあいの発表をしているらしい。

そんな環境での研究であるから、マンネリ化は避けられない。同じような研究の情み重ねに耐えることができないなら、日本の医局にいることはできない。ある国立系の医局で君は同じことが続けられないなら、研究者にならないほうがいいと教授が言ったという。

医学的意味というのは

医学的意味というのは、臨床的に応用でき、最終的には患者に利益をもたらすことだが、多くはそういう論文ではないということだ。意味があるのは、それを書いた医者の研究業績に数えられるということだけであるらしい。医学博士論文はその程度のものである。

日本のすべての医学研究がダメと言っているのではない。むろん必死に世界レベル、医学を変えるような研究に挑んでいる研究者がたくさんいることも知っている。しかし、その一方で、医学研究という仮面をかぶり、まったくどうでもいいような研究を続けている医者たちがいることも、まぎれもない事実のようである。

つまり、臨床研究というのは、同じ病気の患者百名について血液検査の結果を集めれば、何らかの論文にはなる。しかし、それには医学的価値はない。あるのは、論理的な思考と、論文という体裁をなした原稿だけである。それが博士論文を書いたあとも基本的には延々と続くのが、大半の日本の医学研究であるようだ。

懸命に努力する医者と、そうでない医者たちを同じようにとらえることは危険だが、それが十分に知られていないのは、もっと問題だ。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

脳死移植とそのメリットについて

脳死移植とそのメリットなどについて考えていこう。 先進医療であれば法を犯してもいいのかという問題がある。人の生命にかかわることだから、脳死が立法化される前に、医者だけの独断でやるべきこととは思えない。 …

no image

点滴が飲める!?ある女医の栄養ドリンクとは

Y子さんはおしゃべりで社交的。一方、S江さんの性格はおっとりして、マイペース型である。Y子さんの高校時代からの親友は内科医のS江さん。 ところが高校卒業後、Y子さんは音大のピアノ科へ。どう見ても医者に …

no image

愛人関係などの問題で病室がパニックになることもある

医療の現場では、教科書や授業で習わなかった問題点がさまざまあって、解決方法に困ったこともあるようです。ある医師は、妻と名乗る女性が二人現れたときには、どうしようかと悩みました。保険の受け取り人はこの妻 …

no image

医療機器購入-金を稼ぎ出す金の卵に見えるテクノロジー

中小の病院でも人間ドックを行っているところでは、最先端の医療機器があるのは当たり前になっている。そうでないと病院間の患者獲得競争に負けてしまうからで、セールスマンが出向かなくても毎月何台も売れるという …

no image

子宮頚がんの放射線治療や生存率

子宮頚がんは、日本では手術ができないⅢ期やⅣ期の患者さんだけが放射線治療に紹介されてくるのが通常である。治療成績は当然、進行状態により異なる。 子宮頚がんの五年生存率は、Ⅰ期が九〇%、Ⅱ期が七〇%、Ⅲ …