雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

心理学

ロマンスはプラトニックなものとされていた

投稿日:

「愛する人をふと目にした瞬間、その者は胸を打ち震わせる」「恋に落ちた者はだれしも、愛する人に会うとつねに顔が青ざめる」そして、「愛の思いに悩み苦しむ者は、ほとんど食べることも眠ることもできない」。

「ロマンス」は、プラトニックなものとされていた。そして、士道の行状を定めた複雑な規定が遵守されていた。そんな宮廷恋愛のルールを成文化したのが、カペルラーヌスだった。彼は著作のなかで知らず知らずのうちに恋愛のおもな特徴を数多くあげているのだが、なかでも恋する人間の穏やかならざる心理についての記述が的確だ。

洗練された聖職者でもあったカペルラーヌスは、恋人たちが経験する「侵入的思考」についても語っている。「恋する者のすることなすこと、すべては最終的に愛する人への想いへとつながっていく」「真に恋に落ちた者は、のべつまくなし愛する人の姿ばかりを思い浮かべてしまう」彼はまた、人は愛するとき、ひとりの人間にのみ注目するという点についても心得ていたようだ。「人は同時にふたりの人間を愛することはできない」恋愛の根本的な特徴は、一年という歳月を経ても変わっていないのである。

新たな追跡を開始する

大好きな相手が冷たい態度をとったり、約束の時間に遅れたり、約束をすっぽかしたり、Eメールにも電話にも手紙にも返事をくれなかったり、なにか否定的な合図を発していたりすれば、絶望的な気分を味わわされる。そのときは意気消沈し、ふさぎこむのだが、やがて相手の行動の原因がわかると、踏みにじられた心がやわらぎ、新たな追跡を開始する。

「清水に映える秋の日南の湖で水草を摘む愛を語るハスの花のなまめかしさなさをおぼえる舟人」八世紀に活躍した中国の詩人、李白にとって、恋は苦しいものだったらしい。愛は急上昇したと思ったら、いきなり急降下する。愛する人がこちらのことだけを見つめてくれたり、定期的に電話をかけてくれたり、愛情のこもったEメールを送ってくれたり、食事やパーティに呼んでくれたりすれば、世界は光り輝く。

-心理学

執筆者:

関連記事

no image

間違った情報で計画したらその技術的成果はゼロになってしまう

技術者といわれるような人は一般に正しい情報を集めることに馴れています。技術上の問題は数学と同じように一プラス一は二であって三にはならないのですから、まちがった情報で計画したらその技術的成果はゼロになっ …

no image

学問、芸術、労働、社会活動などの実際行動

個人的に、何かの機会に、必要に迫られて、あるいは情緒的に刺激されてさまざまな記憶をよみがらせるように、集団も、また集団内の個々人も、何かの機会に、記録や文化遺産に接して、実際的、情緒的な記憶をよみがえ …

no image

自分が正義正論を言って一人よい子になっている

小さな狂いのある自己愛パーソナリティ障害の持ち主は、次のような人々だ。第一に、人との共感性がない。つまり、人がどのように感じているか、どんなふう悲しんでいるか、苦労しているかなどを共感して体験する能力 …

no image

先入観なしに自分の存在を感じるとき

先入観なしに自分の存在を感じるとき、その自分をとらえるとらえ方は、すなわち自己知覚であります。花をみて「花だ」と知覚するように、自分をみて「自分だ」と知覚する。知覚についての、一番素朴な考え方は、自分 …

no image

デートで緊張するのは男、手紙をとっておくのは女

若い男性は、恋愛関係を優先させると答えた人が六パーセントにのぼった。またたいていの人が、電話がかかってくるのを待ったり、スケジュールを変更したり、オフィスやジムをうろつきながら愛する人を待ちかまえたり …