雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

ロボロフスキーハムスターは手乗りサイズのかわいさ

投稿日:

ロボロフスキーハムスターは、眺めていて飽きないハムスターです。ロボロフスキーが種として同定されたのは、トーマスによって1905年のことでした。大きな目と小さな体型からくるかわいさはさすが。英国では代に動物園に輸入されたのが始まりで、ペットとして広まったのは1990年から。1994年9月にオランダの業者から東京の業者に紹介されました。日本にロボロフスキーが紹介されたのは、キャンベルと同様にジャンガリアン人気の後のこと。

実験動物は、繁殖のしやすさが絶対条件です。ゴールデンやキャンベル、チャイニーズなど他のハムスターたちはもともと実験動物として人間に飼われてきたものが、ペット化したもの。他のハムスターたちとロボロフスキーとの決定的な違いは、繁殖の難しさ。ロボロフスキーは、最初からペットとして人間に飼われるようになったハムスターのようです。繁殖の難しいロボは実験動物には適していません。

チャイニーズの特徴

チャイニーズハムスターの特徴は、ぱっと見てすぐ気づく、そのネズミっぽい容姿。ハムスターたちの先祖であるネズミの血を色濃く残しているハムスターといえるでしょう。体が細長く、シッポは他のドワーフよりやや長い。他のドワーフと比べて違うのは、木登りが得意というところ。シッポを上手に使って、高い所に登る様子が観察できます。チャイニーズは、人なつこく慣れやすいハムとしても有名。

また、オスの撃丸がとても大きいのもチャイニーズの大きな特徴。大きなクリクリした目も自慢で、あなどりがたいかわいさです。人によく慣れ、飼い主の手にジッと寄り添うしぐさなどは、チャイニーズのファンにはたまらないかも。チャイニーズの歴史チャイニーズが種として同定されたのは1867年。英国では、1919年から実験施設で飼われていました。マニアックなファンが多いのもチャイニーズならではです。チャイニーズは、中国の夜店で売られていたネズミが祖先といわれています。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

犬の行動欲求や性質などを知っておこう

犬の行動欲求や性質などを知っておこう。犬は常に誰かとかかわっていたい動物。声をかけた触れたりして、コミュニケーションをたっぷりとることが大切です。また散歩中によその犬と遊ばせたり、飼い主さん以外の人と …

no image

犬の尻尾が表す様々な感情

犬の尻尾の伝える情報は色々ある。尻尾が両脚のあいだに巻き込まれている。怖い!あるいはいじめないで!これはとくに優位の犬や人間の前で示されることが多く、群れの中で劣位にあまんじます。あなたに逆らうことは …

no image

ハムスターにあげる食品の保存方法など

ハムスターの体温を維持するためにカロリー消費量が激しくなる冬。しっかり体力をつけて、冬眠をさせずに冬を過ごさせてあげましょう。冬に備えで種子類を増やします。みなさんは、エサの保管をどうしていますか?ひ …

no image

キツネと犬の違いはどこ?

イス科のほかのメンバーと異なり、キツネは獲物のあとを走って追いかける狩りはしない。その代わり彼らはネコのように足音を忍ばせてこっそり獲物に近づき、いきなり飛びかかる。子ギツネは、タカやワシなどの猛獣類 …

no image

犬種別の気性や知能についてとなると良くみせかけようとする傾向

犬の種類に関する本には、ブルドッグは慢性の呼吸器疾患を抱えがちであること、ダルメシアンは何代か続くと先天的に耳の聞こえない子犬が生まれる傾向があること、ダックスフンドは脊髄障害が出やすいこと、あるいは …