雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

ロボロフスキーハムスターは手乗りサイズのかわいさ

投稿日:

ロボロフスキーハムスターは、眺めていて飽きないハムスターです。ロボロフスキーが種として同定されたのは、トーマスによって1905年のことでした。大きな目と小さな体型からくるかわいさはさすが。英国では代に動物園に輸入されたのが始まりで、ペットとして広まったのは1990年から。1994年9月にオランダの業者から東京の業者に紹介されました。日本にロボロフスキーが紹介されたのは、キャンベルと同様にジャンガリアン人気の後のこと。

実験動物は、繁殖のしやすさが絶対条件です。ゴールデンやキャンベル、チャイニーズなど他のハムスターたちはもともと実験動物として人間に飼われてきたものが、ペット化したもの。他のハムスターたちとロボロフスキーとの決定的な違いは、繁殖の難しさ。ロボロフスキーは、最初からペットとして人間に飼われるようになったハムスターのようです。繁殖の難しいロボは実験動物には適していません。

チャイニーズの特徴

チャイニーズハムスターの特徴は、ぱっと見てすぐ気づく、そのネズミっぽい容姿。ハムスターたちの先祖であるネズミの血を色濃く残しているハムスターといえるでしょう。体が細長く、シッポは他のドワーフよりやや長い。他のドワーフと比べて違うのは、木登りが得意というところ。シッポを上手に使って、高い所に登る様子が観察できます。チャイニーズは、人なつこく慣れやすいハムとしても有名。

また、オスの撃丸がとても大きいのもチャイニーズの大きな特徴。大きなクリクリした目も自慢で、あなどりがたいかわいさです。人によく慣れ、飼い主の手にジッと寄り添うしぐさなどは、チャイニーズのファンにはたまらないかも。チャイニーズの歴史チャイニーズが種として同定されたのは1867年。英国では、1919年から実験施設で飼われていました。マニアックなファンが多いのもチャイニーズならではです。チャイニーズは、中国の夜店で売られていたネズミが祖先といわれています。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

犬が人や物を噛む場合の対処法

物を噛むアッと思ったらいつの間にかイスの足に歯形が・・などということはよくあることです。いたずらしてよい品といけない品の区別や高級家具の識別など、犬にできるわけはありません。興味を持った品が、そのまま …

no image

犬食の文化-優れた調理法についてたくさんの記述

北アメリカの原住民は、あるときは特別なごちそうとして、またあるときは飢えをしのぐために、犬を食べた。メキシコではチワワやメキシカン・へアレスなどの小型犬はかつてはごく一般的な食材であり、その目的のため …

no image

子犬が家に来たばかりの頃の注意事項

今日から家族の一員となった子犬に、さっそく名前をつけてあげましょう。呼びやすく、愛着のわくような名前がいいでしょう。眠りから目覚めた子犬が、じゃれついてきたときは遊ぼうのサイン。あまり騒がず、ゆったり …

no image

番犬 猟犬、牧羊犬は、人間にとって有用であるから生き残る資格がある

イスラム教で犬が最大の活躍をするのは、経典に出てくる七人の眠れる人の物語であろう(ただし、キリスト教でも同じような物語が形を変えて残っている)。ある種の犬、とくに番犬、猟犬、牧羊犬は、人間にとって有用 …

no image

犬とのふれあいがストレス反応を減少させることを実証

飼い主に慰めと喜びを与えるという、小型犬の能力は実用主義にはまったく理解されなかった。しかし、いまではその意見も変わり、犬は子どもたちの大事な遊び相手として存在が認められている。自閉気味の子ども、社会 …