雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

ロールカーテンの取り付け方法

投稿日:

ロールカーテンの魅力の一つは、その絵柄がゆがんだりすることなく見られる点。また、スクリーンの上げ下ろしの速さを調節できるものや、スクリーンのみを取り替えられるものもあります。ブラインドやロールカーテンを使うと、部屋のイメージをガラっと変えることができます。取り付けも、ロールカーテンはブラケットを二か所止めるだけ、ブラインドはネジで数か所止めるか、カーテンレールに取り付けるものもあり、比較的簡単です。

ただし、ロールカーテンのブラケットは左右対称になるよう注意します。購入前にはどちらも寸法の測り方に気をつけます。窓枠の内側に付けるタイプと窓全体を覆うように付けるタイプがあるためです。全体を覆うタイプは窓を大きく見せられます。塩化ビニール製のものの方が2~3割値段が安いのですが、汚れなどが付きやすく、耐久性の面でも劣ります。ブラインドも種類が豊富ですが、特にアルミニウム製にするか、塩化ビニール製にするか悩むところです。

カーテンを付ける

厚いカーテンなどを付けるなら、レールも金属やステンレスなどでできた強度のあるものが必要です。また、レールの付け方は、シングルならレールを直接天井や窓枠に固定するものでもかまいませんが、ダブルにるならブラケットを用いたタイプで、当然レールが二本必要です。取り付けは、多少手間の差はありますが、基本的に何か所かを固定金具で止めるだけです。中央を最初に止めると、後のネジ止めが楽になります。

カーテンレールがグラグラしている場合はネジを締め直します。ネジ穴が大きくなってしまっているようなら、エポキシ系の接着剤をネジに付けて締め込むか、ブラケットを使ったタイプなら、ブラケットの位置を左右に少しずらして締め直します。長さは窓枠よりやや長めのものを選びます。また、カーテンレール自体に装飾性をもたせたものもあります。応接間などこういったタイプもいいでしょう。カーテンレールを選ぶポイントは、カーテンの重さ、シングルかダブルか、そしてレールの長さです。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

リサイクルショップの取り引き方法など

現在のリサイクルショップの大半は、衣類、バッグ、靴、装飾品などを扱っています。リサイクルショップの取り引き方法は、ショップに品物を預け、売れたあとで売り上げを受け取る方法。この場合、売れないときには、 …

no image

食器の使うものと使わないものの分け方

食器は、壊れたり欠けたりすれば、寿命だということがすぐに分かります。ところが、ふだんほとんど使わないモノの場合、どう判断すればよいのか、とまどってしまうものです。 口変色してきた 口数が欠けたが買い足 …

no image

ドアクローザーの調整方法

・ドアクロザーの速度調整 ドアクロザーは、使っているうちにそのスピードが、速くなったり遅くなったりすることがあります。これは、ドアクロザー本体の側面などに付いている速度調節ネジで直すことができます。そ …

no image

効果的な絨毯のダニ退治方法

・じゅうたんのダニ対策 じゅうたんの場合は、梅雨時と夏のあいだにダニが繁殖してしまうなんて恐ろしいことも考えられる。冬はじゅうたん、夏はゴザ、と使い分けている家庭では、シーズンオフになって敷物を押し入 …

no image

観葉植物の葉っぱのツヤを出すには?

・観葉植物の葉っぱのツヤを出すには 室内に置いてある観葉植物の葉っぱが薄汚れていると、部屋の印象をよくするどころか、みすぼらしい感じすら与えることになるので、日頃から葉っぱのホコリを取り、きれいにして …