雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

ロールカーテンの取り付け方法

投稿日:

ロールカーテンの魅力の一つは、その絵柄がゆがんだりすることなく見られる点。また、スクリーンの上げ下ろしの速さを調節できるものや、スクリーンのみを取り替えられるものもあります。ブラインドやロールカーテンを使うと、部屋のイメージをガラっと変えることができます。取り付けも、ロールカーテンはブラケットを二か所止めるだけ、ブラインドはネジで数か所止めるか、カーテンレールに取り付けるものもあり、比較的簡単です。

ただし、ロールカーテンのブラケットは左右対称になるよう注意します。購入前にはどちらも寸法の測り方に気をつけます。窓枠の内側に付けるタイプと窓全体を覆うように付けるタイプがあるためです。全体を覆うタイプは窓を大きく見せられます。塩化ビニール製のものの方が2~3割値段が安いのですが、汚れなどが付きやすく、耐久性の面でも劣ります。ブラインドも種類が豊富ですが、特にアルミニウム製にするか、塩化ビニール製にするか悩むところです。

カーテンを付ける

厚いカーテンなどを付けるなら、レールも金属やステンレスなどでできた強度のあるものが必要です。また、レールの付け方は、シングルならレールを直接天井や窓枠に固定するものでもかまいませんが、ダブルにるならブラケットを用いたタイプで、当然レールが二本必要です。取り付けは、多少手間の差はありますが、基本的に何か所かを固定金具で止めるだけです。中央を最初に止めると、後のネジ止めが楽になります。

カーテンレールがグラグラしている場合はネジを締め直します。ネジ穴が大きくなってしまっているようなら、エポキシ系の接着剤をネジに付けて締め込むか、ブラケットを使ったタイプなら、ブラケットの位置を左右に少しずらして締め直します。長さは窓枠よりやや長めのものを選びます。また、カーテンレール自体に装飾性をもたせたものもあります。応接間などこういったタイプもいいでしょう。カーテンレールを選ぶポイントは、カーテンの重さ、シングルかダブルか、そしてレールの長さです。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

リサイクル-すべてのモノは資源からつくられている

すっかりおなじみになったリサイクルは、ご存じのように再生という意味です。そもそもすべてのモノは、資源からつくられています。利用したあとは処分することになりますが、モノの素材によっては、処分したあと、も …

no image

木製玄関ドアの塗り替え方法

玄関の木製ドアを塗り替える場合、塗りかえの前に注意しなければならないのは、今までどんな手入れをしてきたかです。玄関の木製ドアは日に当たると、ニスなどが劣化してヒビ割れたり、はがれたりし、下のほうは雨が …

no image

ムダなく活かすモノ選び

・モノは選べば選ぶほどムダなく活かせる どれも使いきっていないので捨てられず、スペースをふさぐだけで、ホコリをかぶって、そのうち見向きもされなくなる。これでは、モノが活かされないばかりか、残った量を金 …

no image

衣類の収納の色々なコツを紹介

たたんで重ねて入れるとスルスルするうえ、一枚を取り出したらあとが乱れて、いつの間にかなかはゴチャゴチャという経験は、だれにもあるだろう。スカーフ類の収納に専用の小引き出しを特別に設けても、それだけでは …

no image

壁に物を取り付ける-金具を活用しよう

コンクリート壁ならコンクリートプラグを使います。壁の裏を調べるときは、ノックするようにたたいてみます。音によって中空壁の中空、間柱などを聞き分けるのです。しかし、これは慣れないと難しいので、壁の裏を調 …