雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

健康

ローフードなどの食事法は自分にあったものを選択しよう

投稿日:

便秘の改善にはヨーグルトがよい繊維質をたくさんとるとよいといわれますが、便秘とひと口にいっても、大きくわけて一二種類あります。一〜二日に一回、粘性の強い重い便が出る便秘で、腸の動きが鈍く、停滞している状態にあります。こちらのケースでは、繊維質は効きますが、ヨーグルトは悪化につながります。コロコロとした硬い便が何日かに一度出るタイプの便秘で、腸の運動の不安定さや、神経系の緊張が原因で起こります。この場合、ヨーグルトは便秘の改善に効果的ですが、繊維質の食べものをとると悪化します。

また、ローフードあるいはリビングフードとよばれる食事療法が人気を集めています。高温調理を避けて、食材の酵素を破壊せずそのまま体にとりこむことをこころがけようという姿勢です。実践者の方々は、食材を生のままか、四八度以下の加熱調理しかせずに食べます。でも、熱々の料理や温かい料理を食べないと満足感が得られないし、消化も不調になり、体に冷えが生じてくるという方は、とくに日本人の女性において少なくありません。

食による健康法を実践するときには

食による健康法を実践するときには、それが本当に自分に合ったものなのかを慎重に判断することが必要です。というのも、食べる人の体質によっては、食による健康法は逆効果になってしまうケースが意外に多くあるからです。薬に頼らず便秘を治そうとして、せっせとヨーグルトや繊維質をとっても、自分のタイプに合っていなければ便秘は悪化してしまうのです。これは、あらゆるケースについていえることです。

生ものは消化しにくく、冷たい質をもっているためアーマになりやすいのです。もちろん、温度の低い食べものばかりをとることもおすすめできません。アーユルヴェーダでは基本的に、完熟したフルーツ以外、生の食べものは多くとらないように指導しています。とくにアーユルヴェーダのタイプ分類でいうヴァータ体質とカパ体質の方は、もともと冷えやすい性質があるので、ローフードを毎日食べつづけると、健康を害する可能性がとても高いです。

-健康

執筆者:

関連記事

no image

アーマ(毒素)が体に与える様々な悪影響

たとえば、大人になってから、花粉症や端息などのアレルギー性疾患を発症する方がいます。こういったケースには、誤った食習慣によるダメージが大きくかかわっています。そのダメージの大きさを左右するのが消化力で …

no image

アルツハイマー病治療に有効なある葉のエキスの効果がすごい

・アルツハイマー病に対する新しい治療法 アルツハイマー病に対するいちょうの葉エキスの効果を調べた大規模な研究結果が、一九九六年にドイツで発表された。六か月間、一日当たり二四〇ミリグラムのいちょうの葉エ …

no image

寝てる時の脳はどうなっているのか

眠り込んでいる人に枕元で話しかけても、少々のことでは目を覚ましません。五感からアタマへの回線が切れた状態になっているからです。さて、アタマは五感からの回線を切りました。新しい情報が外部からやってくる心 …

no image

瞑想で過去の記憶を呼び覚ます

どんなにささいな記憶も、思い出せると、とても懐かしいものです。その頃住んでいた家の隅々まで思い出したり、ああ、そうそう、ここにドアがあったとか、隅の木目がお猿さんの顔に見えたんだとか、台所に小さな階段 …

no image

前立腺肥大サイズを縮小させたのこぎりやし抽出物

一九九三年にドイツの研究者たちは、一三三四名の患者に、のこぎりやし抽出物を六か月間与えた。その結果、八〇パーセントの人の成績がよいから極めてよいだった。対照をとらずに行われた大がかりなオープン、テスト …