雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

リサイクルショップの取り引き方法など

投稿日:

現在のリサイクルショップの大半は、衣類、バッグ、靴、装飾品などを扱っています。リサイクルショップの取り引き方法は、ショップに品物を預け、売れたあとで売り上げを受け取る方法。この場合、売れないときには、品物を引きあげなければなりません。衣類などは、この方法が多いようです。骨董屋では、価値あるむかしのモノが、商品として販売されています。もちろん、芸術的価値のある陶器、絵画、書跡などは、いまでも骨董品として売買されています。「どうしても全部売りたい!」という思いは、捨ててかかったほうが、うまくいくようです。

インターネットができる人なら、不要品の交換をしているホームページなどで告知して、引き取り手を探す方法もあります。とはいえ、多くの人が探しているのは、珍しいモノや手に入りにくいモノ。どんなモノにも引き取り手が見つかるわけではありません。

インターネットをよく利用している人は、意外とひんばんにネットを介してモノを譲ったり、もらったりしているようです。ただ、このとき気をつけたいのは、利用しようとするホームページの主旨が、モノの交換なのか、売買なのかということ。インターネットは互いの顔が見えないぶん、お金のやりとりには、それなりのリスクがともないます。インターネットに不慣れな人は、経験のある人によく聞いたうえで、利用するようにしましょう。

売れても売れなくても

注意したいのは、引き取ってもらうばかりでなく、ときどきは買う必要もあること。せっかくモノを減らしても、買えば当然また増えることになります。この点で、リサイクルショップの利用は、断わるのが苦手な人には向かないかもしれません。

売れても売れなくても、一定の金額で引き取ってもらう方法。子ども用品などは、こちらが一般的です。いずれにしても、リサイクルショップを上手に利用するには、日ごろから店の人と仲良くなっておくことが大切です。マメに足を運び、よいモノであれば、持ち込み時に買い取ってもらえるような関係をつくっておくのです。

断わり下手な人におすすめなのが、自治体が設置しているリサイクルショップです。ここには自治体の住民であれば、出品することができます。ただし、出品できるモノには制約がありますので、あらかじめパンフレットを手に入れるなどして、確認しておくことが必要です。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

ふすまの張り替え方法-隅のしわをしっかりと伸ばす

アイロンで貼れるふすま紙を貼る場合、ふすまの隅は、しわ寄せがきますから、これを逃がすために、斜めに切りこみ、ハケで斜め隅に向かって空気を逃がしてから指で縁にきめこんでおきます。ときどき紙をひっぱってみ …

no image

デンタルケア用品などをまとめる

歯間ブラシにはキャップもついているので、容器はどんなモノでもよいはず。また、マウスウォッシュ類は、いろいろな種類のモノが登場しているので、あれこれ試したくなるところではあります。でも、それこそモノがあ …

no image

部屋の片付けは必要なものを使いやすいようにするとよい

部屋の片付けは必要なものを使いやすいようにするとよい。 整理・整頓は、モノを取捨選択するだけでなく、必要なモノを使いやすいように片づけ、不要なモノを処分するところまで終えて、はじめて完了します。途中で …

no image

鉢植えの旅行中の裏ワザ的水やり方法

・お出かけOKの水やり ペットボトルを使えば大丈夫。旅行などで家を留守にするときに頭を悩ませるのが、プランターや鉢植えの水やりだ。ペットボトルのフタのまん中に小さな穴をあけて、プランターの端っこに斜め …

no image

ムダなく活かすモノ選び

・モノは選べば選ぶほどムダなく活かせる どれも使いきっていないので捨てられず、スペースをふさぐだけで、ホコリをかぶって、そのうち見向きもされなくなる。これでは、モノが活かされないばかりか、残った量を金 …