雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

臨床に即した研究調査機関を大学病院のなかに設置すべき

投稿日:2014年11月18日 更新日:

新薬開発の臨床試験、既存の薬の臨床効果判定、新しい手術方法の是非、そういった臨床に即した研究調査機関を大学病院のなかに設置すべきだろう。最先端の医学研究は、むしろ独立した研究機関で行なうべきで、医師がその間を行き来して、お互いの交流を図るような組織にすべきだろう。

大学病院は研究だけをやっていればいいというのは、明治以来の日本の旧帝国大学医学部の思想である。だが、それにしては国際的に見て、日本は世界に貢献するほどの治療法なり、新薬なりを作り出してきただろうか。

大学病院は研究横関である。臨床は二次的なものだと言い切る医者をこれまで多くいたようだし、事実、大学病院ではそう位置付けられているようだ。しかし、医学はいったい誰のものかという原点に立つなら、それはおかしな発想である。

研究、臨床、教育というものをすべて行なっていくには時間的にも不可能になってきているように思える。研究部門だけを大学病院から切り離し、あくまでも、大学病院は臨床医学を学ぶべきところにするのが、患者サイドに立った考え方ではないだろうか。

私的に働く医者も多いが

私的に働く医者も多い。安い給料と劣悪な研究環境で、懸命に努力する医者もたくさんいる。それでも、大学病院の医療の質が上がってこないのは、本質的にどこか原因があるのではないだろうか。

日本の大学病院はもはや国内の医療だけでなく、世界的な責任を持つ状況にある。そういった視点で見ると、まだまだ、そのレベルは低いという意見はある。それはシステムの問題もあろう。

医学がこれほど広がりを持たない時代なら、研究者であり、臨床医であり、教育者であるというスタイルがよかったのかもしれないが、いまや個人の技量では、すべてを満たすことに無理があるのだ。研究をする医者が臨床を専門にやる医者より、レベルが高いという見方を捨て、臨床を専門にやる医者への正当な評価をするべきだろう。

またそのすべての権限が集中することにより、最終的には主任教授の権限を強大なものにしているといえる。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

研修の質が悪いだけでなく教授たちがいばっているという側面

研修の質が悪いだけでなく教授たちがいばっているという側面。 大学病院の場合、研修の質が悪いだけでなく、教授たちがいばっているという側面がある、と語るある専門家。田舎にあるから人が集まらないというのなら …

no image

医学教育の特徴-対外的な評価が教育面に反映されにくい現状

医学の教科書を棒読みする授業や、コピーを配るだけの、実に権威的なものが多いという。偉い教授の授業というものは、批判もできなければ、そういうものだと叩き込まれていたのだろう。教授の授業より、臨床の現場に …

no image

病気の症状の診断の際にどううまく伝えるか?

ここでは、要領よく簡潔にあなたの言いたいことを伝えるポイントを述べましょう。とにかく病院や医院を受診し、あなたが医者の前に座ったならば、どういう目的で医療機関を訪れたのかについては話さなければなりませ …

no image

交流分析テストで分かるエゴグラム

~交流分析が有効であった患者さん、交流分析とエゴグラム~ アンケート形式のテストは、心療内科で実際に患者さんの理解や治療に使われている自己成長エゴグラムという心理テストです。まず、あなたもこのテストを …

no image

ひきこもりとは?モラトリアムという概念

近年、ひきこもりになる成人が増えているという。ひきこもりというと若者のイメージがあるが、30代、40代になっても引きこもりのままという人もいるのだ。 生まれつき不安感が強かったり、どこかで大きな挫折を …