雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

コミュニケーション

リンクマップの作成方法

投稿日:

整理にはいろいろな方法がありますが、ここではビジュアル化する「リンクマップ法」を紹介します。リンクマップ法というのは、プランはどのような効果をもたらすのかを、図式化して考える方法です。全体を把握しやすくなれば、漏れや抜けも少なくなります。漏れや抜けが少なくなれば、反論の余地が少なくなり、より説得性が高くなります。「アイディアはあるのに、うまくまとめられない」「まとめたつもりでも反論されると、簡単にくずれてしまう」「まとめたつもりでも相手に伝わらない」などというときは、一度リンクマップをつくって全体を眺めてみるといいでしょう。

リンクマップの具体的なつくり方。用意するものは、一枚の紙です。できれば大きな紙がいいでしょう。それに筆記具、あるいは紙です。パソコンで書いてもかまいません。紙の真ん中に、提案の管子を書きます。図式化するので、説得力を高めることができるのです。なぜなら、図式化することで一覧性が高くなります。一覧できるので、それぞれの関連も考えやすくなり、全体構造を把握しやすくなります。

全体構造を把握しづらくなります

あとは、思いつくアイディアを書き出し、つなげていきます。文章を書き出すと、全体構造を把握しづらくなります。短い言葉、キーワードを書き出します。出したキーワードを線で囲み、真ん中の骨子と線でつなぐ囲むのはつながりの線を書きやすくするためです。真ん中の骨子との関係を考えるために、とりあえず線でつないでみます。

「考えが十二分に玲味できていないな」と思ったら、プレゼンテーションや説明を始める前に、アイディアをもっときちんと整理するといいでしょう。プレゼンテーション原稿やスピーチ原稿を用意する前から整理することを習慣にするとベストです。頭を常にクリアにするために自分は言いたいことがあるし、論理を整理もしているのだが、今ひとつ相手に伝わらないという方がいます。論理の展開が飛躍している。内容が問題解決パターンなのに、報告、報知パターンを採用してしまっている。そんな場合があるようです。

-コミュニケーション

執筆者:

関連記事

no image

笑いでごまかすクセがあった人の変化

エラーは得点ですハートを鍛えるためには、時々ケガをすることも大切です。ある話し方教室の会話クラスに参加していた人の話です。私の中にはいろんな考えがあるし感情もあるのに、それを表現できないから、何も考え …

no image

司会進行マニュアル-どうすればうまく回せるのか?

司会進行マニュアル-どうすればうまく回せるのか? 発言している人の意見を聞くと同時に、常に会場全体の人に気を配ってこそ、司会の機能が果たせるのです。たとえば学校にプールを作る話し合いが、PTAで行われ …

no image

はい、いいえが明確に答えられるか

「はい」と「いいえ」を言うのは、「わたくし」と同じように一見簡単なようで難しいものです。自分の可能性に対する洞察力、意見を率直に述べる勇気、充分な研究、確信などの高度の人間としての裏づけがないと、いつ …

no image

さりげない優しさあふれるエピソード

ある人がこんな話をしてくれました。「街角で見た話」ということでした。大都市の郊外の駅前です。若い人から年輩者まで、寒い夜だったので、みんなあついラーメンを一生懸命すすっていました。ラーメン屋さんに、立 …

no image

モナリザの微笑

モナ・リザの絵は、イタリア・ルネッサンスの象徴レオナルド・ダ・ヴィンチが一五〇三年から四年かかって描き、なおかつ未完成であったと言われる作品です。美術の解説書のなかには、本当はこんな美人ではなかったろ …