雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

心理学

理屈ではわかっても動けない

投稿日:

たいせつなのは、いちいち「心からの行動だろうか」などと反すうすることでなく、自分や他人もみんなのために正しいことだから行動すること。ただ、そうかといって、心を問題にしないで、行為理念や実践理念ばかり追っていても、ホンネとタテマエが分離してしまって、自己疎外、虚偽を生み、あるいは「理屈ではわかっても動けない」ということになる。

カウンセリングや、その他の教育実践において心への介入がなされるにしても、それは基本的には、あるがままの心(人間)の受容に立ってのこと。だいたい、いくら私が心からの行動を重んずるからといって、そんな心の赴くままに生きられるような世の中でもありません。真実の心ということにとらわれてしまうと、感覚主義の迷妄としてのべたように、気分屋にすぎなくなることもあります。

あるがままの心を受け入れることと、心のあり方を玲味探索することは、一見矛盾することのようですが、そこに人生の奥義があるといえるでしょう。あえていうならば、ありのままの自分でいながら、自分の中にあるよきものを育てていく努力だともいえるでしょうか。それは煩悩と汚点と人類の苦悩の中においても、それを見すえつつ希望を失わないことといえるでしょう。

自分のあるべき姿のことを真剣に考える

不幸な人々のことや、自分のあるべき姿のことを真剣に考えることと、自分の自然さのままに大らかに生きることとが、最後には矛盾でなくなる。そのとき、自己実現や自己超越ということが、同時に閉ざされた欠点、弱点だらけの現実の煩悩の営みを受け入れることなのだということがみえてくるのではないでしょうか。

自分の純粋さや自己超越さえ、それに執着することは、やはりひとつのこだわりであり、不自然です。しかしそうした不自然な努力を経てこそ、より高い自然さへと向かえる場合のあることもたしか。

どんなにすばらしい自己超越の世界をもっている人でも、一面では欠点だらけであり、不安や恐怖にとらわれ、弱さを露呈します。あるいはそういう人ほど、心の中の矛盾に敏感であるがゆえに、いっそう汚い弱い自分をさらすことにさえなるかもしれません。

-心理学

執筆者:

関連記事

no image

人は成長するにつれてその個我にこだわらなくなってくる

客観的事実として、人は成長するにつれて、その個我にこだわらなくなってくる。この他者・世界への開かれの過程こそが、狭い個人的自己をこえた、人間の共同存在性を完成させてくれるもの。すでに青年期の自覚から始 …

no image

三万年前のクロマニョン人は現代人とまったく同じ頭蓋骨

黄色に彩られた動物たちが洞窟を行進する姿はあまりに生き生きとして、いまにも動きだしそうだ。音楽家たちはフルートやドラムで、洞窟内の静寂を打ち破った。ごつごつとした岩肌には、彼らの手形が何百と残されてい …

no image

愛を持続しようとする意気ごみ

友愛には親密さと意気ごみはあっても、情熱が欠けている。空虚な愛は意気ごみだけ。愛するしぐさは見せても、ふたりの関係をつなぎとめているのは意気ごみだけというパターン。好意は親密さにもとづいており、情熱と …

no image

封建的、資本主義的、官僚的圧力の強い現実の中で

日本では、個の自覚は、欧米におけるほどはっきり根を下ろしませんでした。たんに封建的な閉ざされた集団主義が根強く残っているというようにみることはできないと思いますが、家族、村落共同体意識が強く、その中で …

no image

心の中にはこの回避心理がいろいろな形で働いている

母親が入院中は、毎日、病室に通って看病することができ、大変便利だったのだが、母親が亡くなってから、いつの間にか古い病棟の三階に面した廊下やエレべーターを使うのを避けている自分に気がついた。そこを通ると …