雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

あなたは本当に利口な犬がお望みだろうか?

投稿日:

あなたは本当に利口な犬がお望みだろうか。家の中を馬鹿な犬が走り回るところなど、見たくもありませんね。もちろんとたいていの人は利口な犬がお望みだろう。しかし、そう答える前に、もう少し考えてみたほうがよさそうだ。とにかく最高のものを手に入れたい、最高の適応力と最高の性能をそなえたものがほしい。

最先端のテクノロジーを装備したカメラの使い方を理解するには時間がかかり、その面倒な手間をはぶいて写真を撮ってみればその結果はさんざんで、もっと簡便で安く、応用はきかないがミスも少ない小型カメラで写したほうが良かったということになる。利口な犬がいいと言う人の中には、会社に置く最大最強のコンピュータや、最高に速くて派手なスポーツカーや、ダイアルやコントロール機能のたくさんついたステレオ、ビデオ装置、カメラと同じような理由で考えている人もいる。

使いこなすには改めて学習が必要

しかし、非常に精巧なコンピュータは操作がむずかしく、使いこなすには改めて学習が必要であるばかりか、使い手はやがてその性能が自分の必要とする範囲をはるかに超えているのに気づくだろう。最も大事なのは、飼い主の要望と犬の性格が合致することである。その気性、活動レベル、知能程度のすべてが、一緒に暮らす家族のライフスタイルにマッチしていることが望ましい。一九五〇年代後半から一九六〇年代初期にかけて、心理学の分野で驚くべき発見があった。多くの職場において、知能の高さが現実的障害となることが実証された。

人間と同じように、知能の低い犬なら暮らす環境で、利口な犬がみじめな思いをすることがある。犬の服従訓練競技で好成績をあげたいのであれば、優れた作業・服従知能をもった犬を選ぶべきだろう。犬に狩猟、捜索、警護、牧羊、ネズミ獲りなど、特殊な仕事をさせたいのであれば、望みの行動に適した本能的知能をもつ犬を選べば良い。しかし、家庭犬を選ぶとなると、問題はもう少し複雑である。知能の高い犬の長所と短所高い学習能力をもつ犬は、環境についてさまざまなことを学びとるのが早く、受けた刺激と一定の行動結果とをすぐに関連づけることができる。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

動物の群れを追いたて制御する力

牧羊犬の遺伝的プログラムは、群れを追いたてることである。オオカミは動物の群れを少しだけ正面から追いあげては退却する、という動作をくり返す。動物を思いどおりの方向へ追いたてるために、瞳や横腹に一瞬牙を立 …

no image

番犬で強い種類はどの犬種か?

優れた防衛犬の条件としては、テリトリー感覚や作業意欲以上に肉体的な攻撃性が要求される。優れた防衛犬であるためには体格の大きさと肉体的な強靭さが、気質と同じぐらい重要な条件になる。ミニチュア・シュナウザ …

no image

ロボロフスキーハムスターは手乗りサイズのかわいさ

ロボロフスキーハムスターは、眺めていて飽きないハムスターです。ロボロフスキーが種として同定されたのは、トーマスによって1905年のことでした。大きな目と小さな体型からくるかわいさはさすが。英国では代に …

no image

従業員の定着率の低いペットショップ

ペットショップ店の多くは、従業員の定着率の低さでも共通しています。それでなくてもペットショップは三K職場です。そんな職場で従業員が「君の代わりはいくらでもいるよ」という処遇を受けたら、人材が定着するわ …

no image

犬の聴覚や視覚の低下

一般的にいって、小型の犬は長生きで、老化現象も遅くまで現れない。老化の徴候が現れるのは、体重一〇キロ以内の小型犬では一歳半くらいから、体重一〇~二五キロまでの中型犬では一〇歳ぐらいからである。脳の質量 …