雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

これなら成功!リハビリテーション科の先生が転職成功できる会社

投稿日:2016年8月21日 更新日:

リハビリテーション科は、意外に求人はけっこうあります。リハビリテーション科の人材を求めている医療機関は多く、リハビリテーション科専門医が求められているようです。

ただ、リハビリテーション科専門医の数はあまり多くないようです。まだ、リハビリテーション科専門医は2000名足らずと少なく、リハビリテーション科で活躍している先生は、専門医を目指されると、活躍の場が広がると思います。

リハビリテーション科の求人は一般の求人誌でも比較的見つけやすいです。ただ、それほど数は多くはないので、選択肢を増やしたのであれば、エムスリーキャリア医師転職ドットコムといった、求人数が多い転職支援サービスを利用したほうがいいと思います。

転職支援サービスを利用すれば、リハビリテーション科の求人が500件以上は見つかると思います。転職支援サービスは、無料で登録できますので、複数社のサービスに登録しておきますと、かなりスピーディーに求人が見つかると思います。

リハビリテーション科のこれから

リハビリテーション科は、日本の色々な施設、病院で求人のニーズアあります。リハビリテーション科専門医の数はあまり多くないですので、これから専門医の資格を取得しておくといのではないかと思います。

将来性が期待できる分野ですので、この分野で大きく活躍できるチャンスはあると思います。

リハビリテーション科の先生が求められるのは、医療機関や施設ですが、リハビリテーション科を専門とする先生が少ないので、募集を書けても面接に来てくれないということもよくあるようです。

リハビリテーションは、オーダーメイド的な治療プログラムで治療を行っていくことが多い分野です。良好なコミュニケーション力が求められる分野でもあり、人間力も必要となるような気がします。

腕だけでなく、コミュニケーションもしっかりと取れるような医師であれば、病院側としてもうれしいのではないかと思います。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

医者の診断できない範囲-ナワバリを知らされたある出来事

医者のナワバリを、魚の骨で知らされたある出来事がある。 1人息子の医大合格祝いの席で、鋼のホネがノドにひっかかった。人生最良の日に、0さんはとんでもないメにあってしまったのである。ご飯を呑み込んでみた …

no image

痔で入院した患者たちの上下関係

成人の3人に1人がかかるという痔。なんと、虫歯に次いで日本人の病気の第2位の座を獲得しているのだが、場所が場所だけに、なかなか人前で口にできる病気ではない。それだけに、ひとたび同じ病気の者が集まると、 …

no image

研修医が疲れでウトウトした時に行われるある方法

一人前の医者になるには鈎(こう)引き3年かかるといわれている。研修医も1年、2年生あたりはすべてにおいて半人前扱いである。つねに寝不足で、おなかもペコペコ、おまけに風邪気味で、体のどこかに青アザかコブ …

no image

ムンテラとは?その意味と他にも医学用語を色々紹介

・麻薬 病院で何のために使うのかというと、もちろん闇で売って大儲けするためではない。ガンの末期の患者の痛みを和らげるために使うのだ。たとえばモルヒネなどの麻薬である。これを飲むと幻覚が出てきて、すごく …

no image

病院患者同時でイジメが行われることもあるので注意

偶然、病室が同じになっただけの縁です。仲よくなれる人もいれば、気が合わない人もいて当然。入院生活は、一日じゅうパジャマかトレーニングウエアで過ごします。広い特別室にいる超お金持ちの患者さんは、明らかに …