雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

リーダーシップ・フォロワーシップ・メンバーシップの重要性

投稿日:

2009年、大雪山系トムラウシ山低体温症により8人が死亡するという山岳遭難事故の中間報告が提出されました。その中に、参加者個人の意見は言わないのが暗黙のルールという指摘がありました。それってちょっと違うんじゃないかと、思います。参加者の一人ひとりがメンバーシップを発揮してくれないと、リーダーシップは発揮されようがない。メンバーシップとは、リーダーシップを発揮するより、よほど難しいことだと思います。個人の意見を言ってはダメということでは、メンバーシップの発揮しようがありません。パーティーの行動がスムーズに運ぶはずがない、と思います。

自分勝手な発言をする山登りのツアーの参加者が少なからずいらっしゃいます。ひどい女性2人組がいまして、とあるツアーに参加した人が話してくれたことです。当日は小砂利が飛んでくるくらいに風の強い日だったそうです。風は高度を増すと比例して強くなります。しばらく登ったところで現地ガイドさんが、この風の中、登山を続行するのは危険なので、ここまでとします。残念ですが、引き返しましょうと、言いました。すると女性2人組が、頂上まで連れて行きなさい!と大声を上げたそうです。

暗黙のルールがあるのならば

現場において判断や対応にミスはなかったかという項目で、当時の悪条件下では参加者に意見を求めても良かったのではないか、という考察は、参加者個人の意見は言わないのが暗黙のルールという前提に基づいています。そのような暗黙のルールがあるのならば、その考察は当然だと思います。しかし、そんな暗黙のルールがあるなんてことを、知りませんでした。

メンバーは、パーティーを構成する歯車の一つであることを自覚し、お互いの潤滑油になるべく努力する、それがメンバーシップを発揮する、ということではないでしょうか。リーダーは神様ではありません。リーダーが右というと、必ず左という嫌味な人はいるものです。リーダーの話を全然聞いていないんです。こんなメンバーを抱えているパーティーじゃ、無事下山できるのは奇跡みたいなものですね。絶対ではないのですから、メンバーがフォローしてこそリーダーシップを発揮でき、パーティーが速やかに行動できるというものです。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

子供に自然の中で感動体験をさせるためなら

自然のなかで自由に走り回る、裸になる、泳ぐ。そんな経験ができないのでは、その子の子ども時代は完璧とはいえない。子ども達はすぐびしょ濡れになり、木綿のシャツでも着ていようものなら体が冷えて風邪をひきかね …

no image

防寒、保温の徹底で子供を守る

そりで引くにしろ、キャリアで担ぐにしろ、防寒保温は徹底すること。素材でいえば、木綿はタブー。何枚もレイヤードしておき、必要に応じて加減する。防風・防水・透湿性の高いアウターウェアも重要なアイテムだ。ウ …

no image

子どもも大きくなれば寝袋を大人用にしたほうがいい

アウトドアでテントを張ったら、子供をシュラフで寝させることもあるだろう。息子のブライスは、寒いとシュラフの奥まで潜ってしまい、酸欠になりはしないかとハラハラさせた。私達は夜中何度も気になって目を覚まし …

no image

バックカントリースキーを子供と行く場合の注意

山スキーで子供とバックカントリーに足を伸ばすときは、エリアガイドなどで雪崩の危険度をチェックしてから出かけよう。天候陽射しには十分気をつけて。高所への順応も、子どもの体にとっては大仕事。だから標高の高 …

no image

子供の自然体験の教育効果

自然や他者への配慮がまったくない風景に、子ども達の心は傷み、不倫快を隠さない。そしてローインパクトのトイレ・テクニックに納得する。すなわち仮設トイレがあればそれを利用する、排池物や汚れ物の処理は、トイ …