雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

チェサピークベイレトリバーについて

投稿日:

チェサピークベイレトリバーをご存知だろうか。この犬種は、赤い雄と黒い雌という二頭の子犬が始まりだった。二頭は一八〇七年にメリーランドの海岸に打ち上げられたイギリスの難破船から救い出された。生まれた子犬の中から最も優秀なもの同士がまたかけ合わされると同時に、そのあたりでとくに優れたレトリーバーともときおり交配がおこなわれた。二頭とも優れたレトリーバーに成長し、交配された。

何世代かののちに、チェサピーク・べイ・レトリーバーとして共通した外見を持つ犬種が作り出された。重要なのは、この犬種が猟師たちにとって望ましい行動特性をそなえていたことだった。獲物の回収など単一の特殊行動ではなく、能力の集合体、ないしグループとして遺伝子の選択がおこなわれる場合もあった。スパニエルの歴史がその一例である。チェサピーク犬は教えなくてもほとんど自動的に獲物を回収し、犬が冷たい水の流れを越えないといけないこの地方では、最高のレトリーバーとして評価されるようになった。

スパニエルという言葉

ひとつの血統が水中でとくに優れた働きをする能力のために選択され、それと別に陸上の野原などに適している犬の選択育種もおこなわれた。スパニエル、という言葉は、一〇〇年代後期までさかのぼる。その頃スペインから英国へ輸入されたと思われる犬がその名称で呼ばれるようになったのである(スパニエルのspanは、スペインを指すと考えられる)。この犬種は昔からアイルランドで人気が高かった。

猟師たちが、水の中から鳥を取ってくるのにこの犬が役立つのを発見したのである。一三〇〇年代なかばから、スパニエルの組織的な選択育種に関する記録が残っている。陸上用のランド・スパニエルとして選択育種された犬種の中で最も人気が高いのが、コッカー・スパニエル(コッカーという名称は、獲物となることが多かったヤマシギーウッドコックーからきている)とスプリンガー・スパニエル(獲物を網へと追いたてる、あるいは飛びたたせるースプリングーのに使われる)である。現在のアメリカン・ウォーター・スパニエルとアイリッシュ・ウォーター・スパニエルは、水中から獲物を取ってくる能力で選択されたものである。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

母鹿が車に衝突して死んでいた

母鹿が車に衝突して死んでいた。 「前に危険を警告してくれたのと同じ、あの特徴のある声で鳴いたんだ」。サヴィジはトラックを停めた。サヴィジとサンデーがトラックで家路を急いでいたとき、またもサンデーが鳴き …

no image

犬の散歩としつけ

飼い主はリーダーシップを発揮する場でもあります。時間やコースは飼い主が決め、主導権をにぎることが犬切です。散歩に行く時間は毎日同じでなくてOK。散歩の時間を決めてしまい、犬に催促されて連れて行くように …

no image

ハウスや犬のしつけなど

犬も自分だけの安息の場所が必要です。犬がハウスの中で休んでいるときは、ちょっかいを出さないこと。ハウスはケージやサークルのほか、運搬用犬舎でも0K。また、ハウスは来客があったときなど、犬を一時的に入れ …

no image

デカルトの仮説-動物に心はあるのか?

デカルトの目標は、動物は意識も知能ももたない、たんなる機械である、という仮説を証明してみせることにあった。彼はルイ一四世がそこで生まれ、居城としたサン・ジェルマン・アン・レー宮殿の庭にある等身犬の自動 …

no image

犬のどこかに知的な可能性が潜んでいる

心理的レベルでラッシーのはたした役割は大きい。私たちはこの犬(そして、そこから敷行されるすべての大)が考え、計画を立て、思いやりをもち、痛みを感じ、悲しみや喜びの感情をもち、複雑な要素を記憶し、仕返し …