雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

心理学

恋愛感情と化学物質と脳内回路の科学的データ

投稿日:

化学物質とネットワークは、なにを指すのだろう。だれよりまともな男を狂わすほどのこの魔力の謎。恋愛にかかわる化学物質と脳内回路の科学的データを集めると、多くの化学物質がなんらかのかたちで関連しているのはまちがいないという。

ホメーロスがイーリアスで歌った魔法が戦争を勃発させ、王朝を誕生させ、王国を覆し、世界でももっともすぐれた文学と芸術を生みだしてきた。人々は愛のために歌い、愛のためにはたらき、愛のために殺し、愛のために生き、のために死ぬ。なにがこれほどの魔力を引き起こすのだろう。

ドーパミンとノルエピネフリン、そして同じように関連する脳内化学物質セロトニンに的を絞る。この三つの化学物質に目をつけた理由はふたつ。ひとつは、動物が特定の交配相手に惹きつけられるのは、脳内のドーパミンとノルエピネフリンの両方、あるいは片方のレベルが上昇したことと関係があるという点。そしてもっと重要なのは、この三つの化学物質すべてが、人間の恋愛にともなう感情の多くを生みだしているという点である。

人はひとたび恋に落ちると

人はひとたび恋に落ちると、相手に一心に注目するあまり、往々にしてまわりのことがいっさい目に入らなくなる。じっさい彼らは相手のいい面ばかりに目を向け、欠点などいとも簡単に見過ごしてしまう。愛しい人と共有した特定の出来事や対象物にまで、深い思い入れを抱くようになる。

愛する人しか目に入らないードーパミンの効果まずはドーパミンから。脳内のドーパミン分泌量が増加すると、確固たる動機と目的志向の行動が生みだされる。と同時に、極端なほど集中力が高まるようになる。これはすべて、恋愛のおもな特徴だ。

また、恋に夢中の人たちは、相手のことを新鮮でたぐいまれな存在だと感じている。そしてドーパミンは、新鮮な刺激を学ぶことと関係する化学物質だとされてきた。恋愛感情の中心を占めているのは、相手をほかのだれよりも好む気持ちである。

-心理学

執筆者:

関連記事

no image

動物は好みがうるさい過剰なエネルギーにあふれていた

トーマスいわく、マリアはすぐに、ひじを床について、遊びに誘うポーズをとった。追いかけて、と身ぶりで示したのだ。ミーシャはそのとおりにした。すばやく、陽気に、うれしくてたまらないといったようすで二頭の犬 …

no image

頭の回転の速い理論に興味津々

いちばん印象に残っているのは、スキャン後の面接で彼が口にした言葉だった、とある研究者。彼が装置から出てきたとき、どうだったかと声をかけると、彼は、「もの足りない気分だ」と答えた。 バーバラにとっては初 …

no image

恋愛は複雑な気持ちの数々とも関係している

恋愛は、複雑な感情の数々とも関係している。敬意、賞賛、忠誠心、感謝、同情、理解、恥じらい、ノスタルジー、後悔、そして公平さ等々。心理学者ディラン・エヴァンスは、これらを「より高位の認識的感情」とよんで …

no image

尾状核と恋愛の活発化

長い詩を暗記するか、ちようど一週間前に食べたものを思いだしてみてほしい。記憶を助けるために、自然はうまいぐあいに海馬というものをつくってくれた。これは記憶を生みだし、保管するための脳の部位で、大型霊長 …

no image

グリズリーのオスはメスのわき腹に鼻をすりつけ

生物学者のラーズ・ウィルソンは、求愛中のビーバーのペアについてこんなことを書いている。「昼間は丸めたからだをぴったりくっつけて眠り、夜になると一定の間隔で相手をさがしてはたがいに毛づくろいをするか、よ …