雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

心理学

恋愛関係へと発展するまではあれこれ目移りするが

投稿日:

恋愛関係へと発展するまでは、あれこれ目移りすることもあるだろう。あの人がいいかと思えば、やっばりこちらがいい、というぐあいに。それでもやがてあなたはただひとりの人に注意を向けるようになる。エミリー・ディキンソンがこのプライベートな世界のことを、「あなたの王国」とよんでいる。

愛する人が、新鮮で、唯一の、なにより大切な存在となる。ある女性にぞっこんになった男性がこう語っている。「世界がすっかり変わってしまった。新しい世界の中心ができたんだ。その中心にいるのはマリリンだった」。シェークスピアが描いたロミオが、その感情をもっと簡潔に表現している。

恋人にかかわるすべてのものが愛おしい愛に取り憑かれた人は、ほとんど愛する人のことしか目に入らないものだ。その集中力たるやすさまじく、仕事、家族、友人をふくめた周囲のありとあらゆるものに迷惑をかけてしまうことも多い。同時に複数の相手に恋愛感情を抱くことはない恋に落ちると、まずは意識が大きく変化する。あなたの「愛する対象」が、心理学者曰く「特別な意味」を持つようになる。

恋人と会えなくてもほかの人とはデートしない

この現象は、人間には一度に複数の相手に恋愛感情を抱く能力がないという点と関係している。アンケートでも、七九パーセントの男性と八七パーセントの女性が、恋人と会えなくてもほかの人とはデートしないと答えている。

スペインの哲学者オルテガ・イ・ガセットは、この現象を「ごくふつうの男の身にも起きる異常な集中状態」とよんだ。この高い集中度こそが、恋愛の中心的な特徴である。調も女も恋に夢中になると、相手に関連するありとあらゆる出来事や歌、手紙、そして細々としたことにも意識を集中させるようになる。

あるアンケートで、回答者の男性七三パーセントと女性八五パーセントが、たとえささいなことでも、愛する人がいったことやしたことはよくおぼえていると答えている。そして八三パーセントの男性と九パーセントの女性が、恋人を思い浮かべながら、そうした大切なひとときを頭のなかで再生させている。

-心理学

執筆者:

関連記事

no image

自然界の求愛者の多くが神経をびりびりさせる

自然誌研究家のジョージ・シャーラーは、ジャングルの女王をこう表現している。「さかりのついたメスライオンは落ち着きがなく、たびたび姿勢を変えては、オスにしなやかなからだをなすりつける」。 自然界の求愛者 …

no image

運のいい人間でなくてはいけない

松下さんはよくいわれます。「運のいい人間でなくてはいけない」と。また、谷口さんが「松下さんは動物的感覚」といわれるのもそれ。運というのは半分は偶然か知れませんが、あとの半分は自分の責任です。 褐福は継 …

no image

短期間の関係を形成する原始的な傾向

驚異的な革新と同時に「父親」や核家族といった人間的な概念と、長期間の関係は落ち着かなくなるという人間の傾向、そしてひとつの関係を断ち切ったあとふたたびペアを組むという傾向ー逐次的な一夫一婦制ーが誕生し …

no image

愛とはたんなる幻想

恋をしているとき、わたしたちは自分をごまかしているようなもの。チョーサーは正しかった「恋は盲目」である。アメリカ人と日本人のアンケート回答者から、ピンクレンズ効果が浮き彫りになった。約六五パーセントの …

no image

自分が激しく断ったりしたりしたことをはっきり覚えていない

都合の悪いことは覚えがない。不思議なことに、そういうふうに断る事柄こそ、多くの場合、彼が欲しくてしょうがないものなのだ。しかし、相手はあまりにもどぎつい言葉で断定的に拒絶されるので、もう二度と頼んでや …