雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

心理学

恋愛にある支配的な力

投稿日:

あるアメリカ企業の重役が、ひとりの同僚についてこんなことを書いている。「どうやらエミリーにたいするわたしの気持ちは、生物学的な、本能的なもののような気がしてきた。自分の力ではどうにもならないし、論理的な抑制もきかない。

とにかく、惹きつけられずにいられない。なんとか抵抗しようとしたし、その影響力を抑えこみ、思うようにコントロールして、否定して、楽しんで、そう、くやしいけれど、彼女から反応を得ようとしたエミリーとわたしがともに人生を歩むことはぜったいにないとわかっていても、彼女のことが頭から離れないんだ」。

恋する気持ちは突然生まれる「わたしよりも強く、神々しいその人がやってきた瞬間より、愛がわたしの霊魂の主となり、わたしを治めた」一三世紀、ダンテははじめてベアトリーチェを見たときのことをそう表現している。彼には恋愛に支配的な力があることがわかっていた。じっさいこの強迫観念の核部分にこそ、そのパワーが潜んでいる。

相手からも愛が返ってくることを

相手からも愛が返ってくることを心から望むようになる。こうした感情的なつながりを求める気持ちは、たんに性的欲望を満たすことよりもはるかに強烈である。「その人が自分に恋をしているかどうかを知るのは、その人とセックスするより重要だ」。

一二世紀中国のロマンスには、シャン・ポーとメイランというふたりの恋人が登場する。「わきおこる情熱を抑えようとすればするほど、ふたりはますます愛にとらわれてしまうような気がした」。恋愛は思わぬときに、いやおうなしに訪れ、抑制のきかないことが多いものらしい。この磁力を感じた恋人たちはどれくらいいるのだろうおそらく、何十億といるはず。

一二世紀のフランスでは、クレティアン・ド・トロアがランスロあるいは荷車の騎士のなかでグイネヴィアについてこう書いている。「彼女は、思いがけずも愛さずにはいられなかった」しかし、いやでも燃え上がる恋心という特徴は、文学のなかにとどまらないのである。

-心理学

執筆者:

関連記事

no image

愛は寛容で寛大で愛する人には献身的な愛情を注ぐべきもの

いたずら好きな人もいれば、先々のことがわかっていないと気のすまない人、なにごとも秩序立てて考える人、派手なことが好きな人もいる。楽しませてもらうのが好きな人もいれば、知的好奇心を刺激してもらいたいもい …

no image

悲劇のヒロインの演じる女性

彼女は社長のプロモーションによって、短時日でコマーシャルに登場し、いくつかのコマーシャルでヒットを飛ばし、それほど上手ではなかったが、なんとか歌もこなすようになり、わずか一年の間にかなりのスターになっ …

no image

チンパンジーは性的に活発な動物

チンパンジーのように、優勢を得るために岩や棒を投げつけ、サルを狩り、肉をわけ、なわばりを略奪するために近隣のチンパンジー集団に戦いを挑んだりもしただろう。悪ふざけする輩もいれば、リーダーシップを発揮す …

no image

動機というのは計画すること

動機というのは、計画すること、そして特定の欲求や必要性を追求することに根ざした脳のシステムだ、とある研究者は語る。そして、恋愛とは感情ではなく、自分が好む交配相手と親密な関係を築き、維持するために設計 …

no image

不安定な人格状態に陥った女性

ある女性が願っていたのは、人間らしい夫を持ち、愛する大との間に子供を持ち、幸せな家庭をつくることであった。しかし、彼女がそのような自分に脱皮しようとすればするほど、摩擦とトラブルが続発した。愛する大デ …