雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

心理学

恋愛アンケートの驚きの結果

投稿日:

これは恋をしている状態についてのアンケートです。だれかに夢中になっている状態、激しい情熱を抱いている状態、あるいは強烈に惹きつけられている状態です。ある研究機関が恋の情熱が世界共通であることを確認するため、その特徴をもとにした恋愛アンケートを考案した。

恋愛そのものについてもたずねた。たとえばこんな質問だ。恋をしている方、それはどれくらいつづいていますか?「平均的な一日のうち、どれくらいの割合で相手のことを考えていますか?」「自分の気持ちがコントロールできないと感じることがありますか?」。

いま現在だれかに恋をしているわけではないという人は、過去にだれかにたいして激しい情熱を感じたことがあれば、その人のことを思い浮かべながら各質問事項に答えてください。そのあと予備的な質問がつづく。年齢、収入、宗教、民族、性的嗜好、既婚か未婚か。

もっとも頻繁に見られる特徴を反映させた

アンケートの回答者には、各質問事項にたいして「まったくあてはまらない」から「非常にあてはまる」までの七段階のうち、自分の気持ちにいちばん近いと思われる段階に印をつけてもらった。質問は五五項目。たとえばーその人と一緒にいるときは、いつもより元気になる、「電話でその人の声を聞くと、胸が高鳴る」、「授業中、あるいは仕事中、ついついその人のことを考えてしまう」。こうした質問はすべて、恋愛中、もっとも頻繁に見られる特徴を反映させたものだ。

アメリカ人と、日本人がアンケートに答えてくれた。そのあと統計学者のデータの集計と統計学
的な分析を依頼した。そして驚きの結果が出た。たとえばさまざまな年齢層の人が、質問の八一パーセントに同じような回答をしている。四五歳以上の人も、二五歳以下の人たちと変わらぬ情熱を愛する人に捧げているようだ。性愛者も同性愛者も、質問の八六パーセントにおいて似たような答えを出している。年齢、性的嗜好、性別、民族、宗教にかかわらず、アンケートの回答には大差がなかったのだった。

-心理学

執筆者:

関連記事

no image

人生のどこかの時点で味わう失恋の苦しみ

人生のどこかの時点で、この世に住むほとんど全員が失恋の苦しみを味わったことがあるはずだ。わたしはいままで、好きな人から「ふられた」ことなどないという人には三人しかお目にかかったことがない。ふたりは男性 …

no image

脳の特定部位における血流

fMRI装置が撮影したのは、脳の特定部位における血流だけだ。しかし専門家ならどの神経が脳のどの部位に接続されているかを知っているので、脳の特定の部位が活性化すると同時に輝きはじめれば、活性化された脳内 …

no image

封建的、資本主義的、官僚的圧力の強い現実の中で

日本では、個の自覚は、欧米におけるほどはっきり根を下ろしませんでした。たんに封建的な閉ざされた集団主義が根強く残っているというようにみることはできないと思いますが、家族、村落共同体意識が強く、その中で …

no image

新しい生活を割り切った気持ちで始めるつもりだった

私はA一と妻の前で変装を解いて、A郎の姿になり、C子に助けられながら、事のしだいと私の気持をすべて打ち明けた。そしてA一も自分も同じA郎なのだから、今のA一の家庭生活や社会生活はそのまま尊重してA郎を …

no image

精神的な高みに近づいているかにみえる状態

主体的実存として、一見精神的な高みに近づいているかにみえる状態と、煩悩の泥沼にはいつくばってあえいでいる状態との間に、何ら差別はつけられない。ただ過程としての営みあるのみで、そこにしか人類全体に連なり …