雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

レクサスが完全に新しい中型スポーツセダンGSを披露

投稿日:

レクサスが完全に新しい中型スポーツセダン「GS」を披露する。レクサスは新型GS350のティーザーイメージを公開して、米国カリフォルニア州で開催された「ペブルビーチコンクールデレガンス」で世界初公開をすると明らかにした。以来、フランクフルトモーターショーで公式グローバルデビューを知らせ、本格的な発売は来年秒保持している。トヨタによると、第4世代GSは、すでに開発が終了しました、公式デビュー前の最終段階でも仕上げている。

また、矩形が持つスポーツコンセプトの原動力を発展させ、より大きく見えように設計した。特に2011ニューヨークモーターショーに展示されたLF-Ghコンセプトのスタイルを大挙採用したのが特徴である。会社関係者は「アプモヤンはレクサスの新しいファミリールックを示している」とし「デザインだけでなく、走りにも原動力を十分に感じることができる」と強調した。続いて彼は「全体的に純粋な運転の楽しさに焦点が合わせられた車」と付け加えた。

韓国トヨタも新型GSにかける期待が大きい

韓国トヨタも新型GSにかける期待が大きい。GSシリーズの国内販売台数は49台に過ぎないが、BMW 5シリーズやベンツEクラスなど、ドイツ中型セダンが飛ぶように売れているからだ。ドイツ中型セダンGSのを競争させるに十分な勝算があるという判断が背景である。これにより、国内には、来年下半期の輸入が検討されている。ESを着実に売れるが、新車効果を享受する円GSがお勧めということだ。

一方、新型GSは、国内販売価格が低くなる見通しである。業界関係者は「GSはESとLSの間で販売量が低調だが、ドイツ中型セダンと対戦ためにも価格調整が必要になるだろう」と予想した。現在GSシリーズの韓国国内販売価格はGS350一般型7,700万ウォン、スペシャルエディション7,850万ウォン、GS460 8,700万ウォンである。ハイブリッド車種の場合GS450h一般型が8,950万ウォン、スペシャルエディションが9,050万ウォンである。業界では、ドイツの中型車の価格を考えると、少なくとも10%以上下がると見ている。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

輸入車に日本車を刺激してもらいたい

スカイラインと並んで、日産のもう一つの象徴だったフェアレデイZが復活を遂げ、米国で人気を得ています。ミドルクラスセダンのティアナは、非常に乗り味のいいクルマで、従来の日産車とはまったく違う味付けの脚を …

no image

稀代の天才、本田宗一郎

当時、私は高校生で東京へ来てはそれらのクルマの写真をとっていた、と語るある人。そのイギリススポーツカーの中で日本で最も人気があったのはジャグァーであり、XK120、140、150というXKシリーズはス …

no image

ジャガーのハイブリッドスポーツコンセプトカーC-X16の賞の受賞

ジャガーのハイブリッドスポーツコンセプトカー「C-X16」が英国の自動車専門誌「ワッカ(What Car?)」の読者が選んだ’2012年発売予定の新車の中で最も魅力的な車(Most Exc …

no image

車のシートのSバネなどのシート・スプリング

今日の多くのシートの構造は、Sバネ(S字状のバネ)やテンション・スプリング(引っ張りバネ)を使ったハンモック式(プルマフレックス)のシート・スプリングと、一体成型された発泡ウレタン製のクッション部を基 …

no image

アリストの評価-スポーティモデルに絞り込んだ設定

トヨタのアリストは、クラウンなどに相当するLサイズセダンだが、アリストはスポーティモデルに絞り込んだ設定。エンジンは直列6気筒の3000ccのみとなり、ターボモデルも用意する。3000ccのガソリンタ …