雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

レクサスが完全に新しい中型スポーツセダンGSを披露

投稿日:

レクサスが完全に新しい中型スポーツセダン「GS」を披露する。レクサスは新型GS350のティーザーイメージを公開して、米国カリフォルニア州で開催された「ペブルビーチコンクールデレガンス」で世界初公開をすると明らかにした。以来、フランクフルトモーターショーで公式グローバルデビューを知らせ、本格的な発売は来年秒保持している。トヨタによると、第4世代GSは、すでに開発が終了しました、公式デビュー前の最終段階でも仕上げている。

また、矩形が持つスポーツコンセプトの原動力を発展させ、より大きく見えように設計した。特に2011ニューヨークモーターショーに展示されたLF-Ghコンセプトのスタイルを大挙採用したのが特徴である。会社関係者は「アプモヤンはレクサスの新しいファミリールックを示している」とし「デザインだけでなく、走りにも原動力を十分に感じることができる」と強調した。続いて彼は「全体的に純粋な運転の楽しさに焦点が合わせられた車」と付け加えた。

韓国トヨタも新型GSにかける期待が大きい

韓国トヨタも新型GSにかける期待が大きい。GSシリーズの国内販売台数は49台に過ぎないが、BMW 5シリーズやベンツEクラスなど、ドイツ中型セダンが飛ぶように売れているからだ。ドイツ中型セダンGSのを競争させるに十分な勝算があるという判断が背景である。これにより、国内には、来年下半期の輸入が検討されている。ESを着実に売れるが、新車効果を享受する円GSがお勧めということだ。

一方、新型GSは、国内販売価格が低くなる見通しである。業界関係者は「GSはESとLSの間で販売量が低調だが、ドイツ中型セダンと対戦ためにも価格調整が必要になるだろう」と予想した。現在GSシリーズの韓国国内販売価格はGS350一般型7,700万ウォン、スペシャルエディション7,850万ウォン、GS460 8,700万ウォンである。ハイブリッド車種の場合GS450h一般型が8,950万ウォン、スペシャルエディションが9,050万ウォンである。業界では、ドイツの中型車の価格を考えると、少なくとも10%以上下がると見ている。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

ユーノスロードスターはスポーツカーとしての量産記録を達成

ユーノス・ロードスターはアメリカ、日本、ヨーロッパの世界各国で売れており、一時、マツダはこのクルマを月産4500台も作っていた。登場以来5年を経ても、まだまだその人気は衰えを見せず、ユーノス・ロードス …

no image

アルトラパンの評価-女性ユーザーに買って欲しい人気車

アルトラパンの評価-女性ユーザーに買って欲しい人気車。 MRワゴンやKeiと同じプラットフォームを使った軽自動車だが、直線基調のボディスタイルが特徴。角に丸みを付けて穏やかな印象の外観に仕上げており、 …

no image

サンルーフのウィンドスロッブなどの音について

一般に前部のドアより整流された空気が流れる後部のドアの窓を開けたときのほうが音は大きくたいへん不快です。これは、高価な車でもそうでない車でもまさに平等に出る現象です。サン・ルーフを開けたときにも同じ原 …

no image

オリジナルボックスカーキューブの販売を開始

日産は発売以前から国内消費者に大きな人気を得ているオリジナルボックスカーキューブの販売を開始すると明らかにした。インテリア·外デザインとパワートレインを全面的に改善した第3世代のキューブは、最高出力1 …

no image

限定車が欲しいならさっさと決めてしまうことが重要

限定車の場合は、さほど値引きもしてくれないので、あまり駆け引きする必要はない。欲しいならさっさと決めてしまうことだ。限定車といっても、性能面が特殊だったり、カラーがかぎられていたりと、その内容はさまざ …