雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

歴史にはそれと認識できる方向と目的がある

投稿日:

歴史にはそれと認識できる方向と目的がある。世界の国の中でアメリカだけが、歴史の目的を理解し明示しているという考えだ。従って、アメリカの覇権は歴史の目的を実現することであり、この国が達成するものは共有財産であり、完全に自明の理であって、それゆえ実証的評価などは砦かばかげているとまで言わずとも、必要がないのである。

現代の指針は、政策論議が交わされる範囲を限定するものであり、それは実に広範な総意であるため、除外されるのは左右両翼に属するばらばらな残党以外になく、きわめて独断的でどんな挑戦にもほとんど影響されない。その原則とはアメリカを歴史の前衛とすることだ。ウィルソン自身の言葉を借りると、我々は崇高な理想をもち、安定と正義に尽くしている。だから、ウィルソンがフィリピン征服を正当化しようとして書いたように、我々は利他主義者ではあるが、自分たちの利益を追求しな訪ればならない。

彼らに助言する階級は善良であり高貴

少なくとも何人も指導者を出し、彼らに助言する階級は善良であり、高貴ですらある。従って、我々の介入は実行面では時として不手際があったとしても、その意図は必然的に正しいというものだ。帝国の壮大な戦略の裏にある基本的な前提は、明らかな真理と考えられているために、わざわざ公式に示す必要はないとされることが多い。それは実際にはウィルソンの理想主義の指針である。

アメリカのみが歴史の目的を理解し明示しているのだから、他国が理解しようとしまいと、アメリカはその指導者が万人のために望ましく最善だと判断する通り行動する権利があり、それどころかそうするのは義務だ。ウィルソンの理想主義の根底にあり、クリントンから二代目ブッシュへと受け継がれた外交政策の基本原則は、歴史の前衛としての使命に由来する責務と、世界秩序の変換と、その過程でアメリカの支配を永続させることでありそれは永久に維持され、世界に示される軍事的優勢による責務によって導かれるのである。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

パキスタンとインドの争いに火をつけたテロ攻撃

ソ連軍の撤退後、アメリカとその同盟者(その中にアルカイダを始めとするイスラム聖戦士が含まれる)によって徴募され、武装及び訓練されたテロ組織は矛先を他国に向け、一九九三年三月には前代未聞のテロ攻撃でイン …

no image

アメリカの他国への介入の侵略側を懲らしめる行動

第二次世界大戦以降、武力行使によって実際に恐ろしい犯罪を終わらせた重要なケースが二例ある。どちらも、自衛の名目で行われた。一九七八年一二月にヴェトナムがカンボジアに侵攻して、その年に勢いを盛り返してき …

no image

大量破壊兵器の発見に向けた必死の努力が不毛に終わってからも

プロパガンダの効果は戦争終結後も続いた。大量破壊兵器の発見に向けた必死の努力が不毛に終わってからも、国民の三分の一は米軍がそれ発見したと信じており、二〇%以上はイラクが戦争中に大量破壊兵器を使用したと …

no image

アメリカがイラク攻撃の意図を明らかにした時

二〇〇二年一〇月に、ある事実が、もはや無視できないほど明白になりつつあった。世界各国の懸念は、その後数カ月で更に高まった。この超大国がイラク攻撃の意図を明らかにした。世界各国はサダム・フセインの脅威以 …

no image

FBI上層部のメンバーがキューバを訪れキューバ側の捜査当局と会談

一九八九年、誕生したばかりの初代ブッシュ政権から、ボッシュは大統領による特赦を受けた。これはジェブ・ブッシュブッシュ二世の弟と南フロリダのキューバ系アメリカ人の指導者たちが盛んにロビー活動を行い、司法 …