雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

歴史にはそれと認識できる方向と目的がある

投稿日:

歴史にはそれと認識できる方向と目的がある。世界の国の中でアメリカだけが、歴史の目的を理解し明示しているという考えだ。従って、アメリカの覇権は歴史の目的を実現することであり、この国が達成するものは共有財産であり、完全に自明の理であって、それゆえ実証的評価などは砦かばかげているとまで言わずとも、必要がないのである。

現代の指針は、政策論議が交わされる範囲を限定するものであり、それは実に広範な総意であるため、除外されるのは左右両翼に属するばらばらな残党以外になく、きわめて独断的でどんな挑戦にもほとんど影響されない。その原則とはアメリカを歴史の前衛とすることだ。ウィルソン自身の言葉を借りると、我々は崇高な理想をもち、安定と正義に尽くしている。だから、ウィルソンがフィリピン征服を正当化しようとして書いたように、我々は利他主義者ではあるが、自分たちの利益を追求しな訪ればならない。

彼らに助言する階級は善良であり高貴

少なくとも何人も指導者を出し、彼らに助言する階級は善良であり、高貴ですらある。従って、我々の介入は実行面では時として不手際があったとしても、その意図は必然的に正しいというものだ。帝国の壮大な戦略の裏にある基本的な前提は、明らかな真理と考えられているために、わざわざ公式に示す必要はないとされることが多い。それは実際にはウィルソンの理想主義の指針である。

アメリカのみが歴史の目的を理解し明示しているのだから、他国が理解しようとしまいと、アメリカはその指導者が万人のために望ましく最善だと判断する通り行動する権利があり、それどころかそうするのは義務だ。ウィルソンの理想主義の根底にあり、クリントンから二代目ブッシュへと受け継がれた外交政策の基本原則は、歴史の前衛としての使命に由来する責務と、世界秩序の変換と、その過程でアメリカの支配を永続させることでありそれは永久に維持され、世界に示される軍事的優勢による責務によって導かれるのである。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

ソ連がキューバにミサイルを設置し世界の恐怖の均衡を変えようとした

スティーヴンソンの息子は、あの瞬間には、明らかな目的があった。ソ連を封じ込め、平和を維持することだ。核超大国がキューバにミサイルを設置し、世界の恐怖の均衡を変えると脅している証拠を提示していた。スティ …

no image

アメリカとイスラエルはアラブ諸国は軍事的な脅威にはならないと考える

アメリカでは、エジプトが平和を提案した一件は有名ではない。それどころか、知られてもいない。一九六七年以降、アメリカとイスラエルは、アラブ諸国は軍事的な脅威にはなりえないと考えるようになった。ヤミット市 …

no image

プロパガンダキャンペーンは中間選挙で共和党に過半数もたらす効果

国民の九〇%近くは、サダム・フセイン政権がアメリカに対する新たな攻撃を計画中のテロリストを支援していると信じた。海外では、広報外交は大失敗と国際報道機関が伝えたが、国内ではイラク戦争と九月一一日のトラ …

no image

トルコから老朽化したミサイルを撤去するというアメリカの暗黙の約束

長い間、当事者たちは解決策の取引面についてあまり多くを語らなかったが、後の証拠が示すように、トルコから老朽化したミサイルを撤去するというアメリカの暗黙の約束が、当時考えられていたよりもおそらくより重要 …

no image

ソフトターゲット-攻撃目標が防備の強固な部分から変化

その権利とは、社会事業家や労働組合員、体制を支持しない人々、共産主義の過激派と見なされる人々を弾圧することができ誰もが対象になりうる。ケネディ政権は大変な苦心をしてわが国の正規軍を対ゲリラ戦部隊に作り …