雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

レガシィツーリングワゴンの評価-ダイナミックな加速を実現

投稿日:2015年1月18日 更新日:

スバルレガシィツーリングワゴンは、ステーションワゴンの主力車種だが、今では走行性能に優れたクルマの代表とされている。ターボモデルはチタン製タービンの採用でハイチューンエンジンながらも実用トルクを十分に確保、高回転域のダイナミックな加速を実現しながら街中でも扱いやすい。ボディ剛性を高めてサスペンションを最適チューニングした結果、走行安定性も良好。

初代モデルから一貫して4WDであることを特徴としており、ツインカムターボのGT系にも力を入れてきた。しかし、モデルチェンジで視界と取りまわし性が一気に悪化した。ボディが大きくなって視界も悪化したので、従来型の利点であった取りまわし性の良さが失われることになった。また、従来型ではリヤシートに座ると床から座面までの高さが十分に確保されて座り心地が良かったが、現行型ではこの間隔が小さくなった。座ると膝が持ち上がり、しかも座面のボリューム感も不足気味だ。一方、走行性能は抜群に優れている。

車の買取査定を上げる色々なポイント

ボディのスタイルとサイズ

疑問は、まずボディのスタイルとサイズ。従来型は周囲の良く見える5ナンバー車だったが、3ナンバーサイズになり、しかも乗員の視線に対してサイドウインドーの下端やインパネの上面が高まった。ルーフが後方に向けて下降することもあり、リヤ側のサイドウインドーが車内から見ると狭く感じられる。

居住性や取りまわし性の評価は低いが、走行性能や装備の面では注目される。価格は2000ccモデルとして見れば高めの設定。人気車だけにリセールバリューは高水準だ。走行性能は、スポーツカー並みのハイパフォーマンス。居住性は意外にそれほど良くない。

ハンドルを握る掌を通じて路面の感触も把握しやすい。シートの座り心地もフロント側は快適。視界や取りまわし性、リヤシートの座り心地が悪化したのは事実で、特に従来型から代替えするユーザーは要注意だが、この点に不満がなければ進化した機能を堪能できる。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

プジョー207GTのもう一つの魅力

輸入車業界の新車を見てみると、女性消費者をターゲットにした感覚的なデザインの車種が有毒目に多く触れる。ほんの数年前までの男女誰でも無難に乗ることができるデザインの車が大勢であった場合、これらの日は、自 …

no image

車のブレーキシステムの改善

ABSがブレーキが、高速バスや大型トレーラーのトラクターでは保安基準で装着が義務づけられ、乗用車でも標準装備される車が多くなりました。これが効果を発揮するのは第二段階の摩擦部に対してで、とくにタイヤと …

no image

ツーリングワゴン-トヨタやスバルなどの性能はどうなの?

レガシィは、雨の日にはがキャビンに入り込んでくることがあるといいます。開けた状態ではガラスの端が見にくく、視力の弱い高齢者には危険があります。狭い駐車場での乗り降り時にドアを隣のクルマにぶつけやすくな …

no image

マツダロードスターの評価-日本が世界に誇る後輪駆動のコンパクトカー

マツダロードスターは、日本が世界に誇る、後輪駆動のコンパクトスポーツカー。クルマ好きには実に魅力的なクルマで、コンパクトなボディは日本の峠道に最適で、後輪駆動だからアクセル操作による挙動のコントロール …

no image

ロールスロイスの中古を狙うなら予算は200万は用意する

今も手作りを貫く工芸品、ロールス・ロイスから、20世紀が生んだ傑作大衆車とされるミニまで、イギリスのクルマのラインアップは奥が深い。イギリス車は、かつてはひどく信頼性が低いことでマニアにしか乗れないク …