雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

レガシィはラリー車などで人気だが問題点もある

投稿日:2015年4月8日 更新日:

昔から、スバルは理系の職業に就いている人、機械好きな人から圧倒的に支持されていますが、それだけの高度なメカニズム、実力、こだわりを持っています。レガシィは、世界ラリー選手権、WRCにインプレッサが参加していることもあり、クルマ好きの若者の間に走りのクルマのイメージがうまい形で広がり、レガシィは一番人気の国産車です。長い間、5ナンバーサイズにこだわったのも賢明なことでした。モデルでは、1730mmまで車幅が拡大しましたが、やはりスバルも時代の流れに逆らえなかったというところでしょう。

ただ、ラリーのイメージだけで支持されているわけではありません。ちょうど、昔の日産、スカイラインGT-Rと似たポジションにあるように思いますが、支持されている大きな理由は、ほどほどの規模の自動車メーカーで、数少ない車種を真剣に造っていること、そして4駆の出来の良さにあると思います。4駆技術を別にクルマの完成度で見ると、まだ不満点が多々あります。ターボエンジン用のボンネット上に設けられたエアーインテークは不粋としか言いようがありません。

車の買取査定を上げる色々なポイント

どうしても取り去ることができないようだが

米国市場で人気があるため、どうしても取り去ることができないようですが、少なくとも標準から外し、オプション扱いにするべきでしょう。もう一つ指摘したいのがサッシュレスドアを採用している点です。以前から富士重工にはサッシュレスがスポーティーだという思い込みのようなものがあり、現在も採用しています。しかしマイナス点が多く、こだわる理由が理解できません。

先代モデルより良くなったものの、先代のレベルがひどすぎた印象があり、まだ他車に比較すると評価できる段階とは言えません。サッシュレスドアは、名前どおり窓枠のないドアで、ガラスをボディ側のゴムに密着させてキャビンの密閉を保つ仕掛けです。ところが、新車時はまだしも、年式が経過す開くこともあります。ドアが下がったりゴムが硬化し、ガラスとの間に隙間がなると風切り音が出て不快に感じます。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

車の納車時に注意したりチェックしておきたい項目

保証付きの場合、自動車公正取引協議会の決まりでは、店はクルマを整備して納車するときに保証書を渡すことになっている。現在のところ、売られる中古車のほとんどに保証が付いている。安心して運転できるように保証 …

no image

日産シルビア-ドライビングテクニックを学べるFR車

ドライビングテクニックを学ぶためのもっとも安いFR車というのがシルビアの魅力だ。そして、安くてカンタンに探せるFRといえば、シルビアがベストな選択だ。スポーツカーを楽しみたいなら、駆動輪はFR。後輪駆 …

no image

コンパクトカーというジャンルを切り開いたヴィッツ

今は昔と違い、従来の軽とはまったく違ったものになっています。出力を比べても、コンパクトカーの1リッターモデルは70馬力程度で車重は900km弱、軽自動車は出力は60馬力程度ですが車重は800km程度で …

no image

車を売りたいが車検直後に売ると損と思っていないですか?

たしかに車検取得直後の売り出しは珍しいけれど、そのぶん査定額は上がるし、イヤイヤ乗りつづけるぐらいなら、思いきって高いうちに売ってしまうのもいいかもしれない。車検代がもったいないから、いっそこの時期に …

no image

日本の自動車産業の今後

日本が経済面で先進諸国の仲間入りを果たしたのも、莫大な軍事費を費やす必要がなかったことと、自動車産業を柱に、工業が急激な発展を遂げたためです。なかでも自動車業界は現在に至るまで、巨大な外貨と税収を日本 …