雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

レガシィツーリングワゴン-4WDの技術が注目された人気車

投稿日:2015年4月7日 更新日:

・レガシィツーリングワゴン

それまで日本には商用のバンはありましたが、本格的なワゴンはありませんでしたが、レガシィツーリングワゴンは日本にワゴンのジャンルを開拓したクルマです。こんな状況下でスバルのレガシィツーリングワゴンは世界で高い評価を得ています。バンしか知らなかった日本人に、レガシィツーリングワゴンがワゴンの魅力を広めた功績は非常に大きいものがあります。レガシィが注目された一つの理由が4駆技術にありました。

バンとワゴンは外見はたしかに似ていますが、荷物の積載能力を重視したバンと、乗り心地を重視しつつ荷室のスペースにも配慮したワゴンとは、クルマの基本構造からパーツまですべてが違う別種のクルマです。真夏の東京はアフリカよりも暑く、秋から春にかけては豪雪地帯になるところもあります。南北に長く、四季があり、梅雨の季節もある日本では、あらゆる天候のなかをクルマで走らなければなりません。こういった環境が日本の4駆技術を磨きました。

車の買取査定を上げる色々なポイント

スバルは価格が高いイメージがありますが

日本ではスバルは価格が高いイメージがありますが、メカニズムの出来を考えると割安感さえあります。4駆ではアウディが知られていますが、価格を前提にすれば、システムの完成度はスバルのほうが上で、同レベルのモデルを比較すると、スバルは半値近い安さです。スバルの4駆は歴史も長く、ノウハウが豊富です。レガシィは4駆システムの熟成に努め、ワゴンの使い勝手の良さを追求しました。

レガシィツーリングワゴンはトヨタの想像以上に手強く、結局は打ち負かすことができませんでした。理由は、レガシィツーリングワゴンがワゴンの王道を進んだのに対し、トヨタは奇策をとったからだと思います。日本の他メーカー、トヨタはレガシィツーリングワゴンに対抗してカルディナはじめ複数のワゴンを投入しました。ナンバーワンのメーカーとして、レガシィに先行されたままでいることには、プライドが許さなかったのかもしれません。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

HR-Vの評価-シティ感覚のコンパクトなSUV

ホンダのHR-Vは、フィットの前身となるロゴのプラットフォームを使って開発されたシティ感覚のコンパクトなSUV。登場した98年から一度もフルモデルチェンジを受けていないで、数年が経過した。しかもプラッ …

no image

タミヤのラジコンカー大会-タミヤアジアカップ韓国予選最終戦

韓国タミヤは7月7日から10日までの4日間、ソウルのCOEXで開かれた2011ソウルオートサロンの現場でタミヤアジアカップ韓国予選最終戦を開催。4回目をむかえるタミヤアジアカップ韓国予選最終戦は、14 …

no image

雹で車にへこみ被害を受けたら事故車扱いとなるので注意

雪害車を見分けるのはむずかしいが、中には素人目に見てもわかるほどへこんだ車もある。雹(ひょう)の威力はかなりのもので、大きなものだと、車の屋根がデコボコになってしまうほどである。 中古車業界では雹の害 …

no image

トヨタの高級車セダンセルシオという伝説の車

セルシオは、アメリカのガス・ガズラー(ガス喰い税)法のペナルティを払わずにすむ世界唯一の高級車であった。現在は、レクサスとなっているが、当時のセルシオは、最高峰の車であった。かのメルセデスでもこのペナ …

no image

エアトレックの評価-GT-Aのメカニズムを移植したパイパワー車

エアトレックは三菱の名車。ランエボが母体なだけに、走りがいい。基本部分はランサー系と同じタイプだ。注目される点はハイパワーなターボRの設定。ランサーエボリューションⅦに設定されていたAT仕様、GT-A …