雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

レディースのシャツコーデ術-シャツ選びはディテール勝負

投稿日:

女性がシャツを着ると、キリッと漂々しく見えるので、雑誌のスタイリングでもよく使います。ただ難点は、誰にでも似合うアイテムなので、細部のディテールにこだわらずに、なんとなく選んでしまいがちなこと。シャツは、誰にでも似合うし、清潔感がありますが、シャツ選びは、ディテール勝負だということを忘れないでください。

黒いシャツのときは要注意です。全体ばかりに目がいって購入したら、なんだか抜けない。よく見たら、白いボタンがついていて、悪目立ちしていた、なんて失敗もよく聞きます。また、位置ですが、第一ボタンを開けただけだと、首が詰まって、優等生っぽさばかりが全面に出てしまって、セクシーさや、女っぽさとは無縁のシャツスタイルになってしまう気がします。いつも、第一ボタンまで開け、適度に肌を見せるようにするといいでしょう。

着回しや胸元にアクセサリーをつけることなどを考えると、その存在感はできるだけ消したデザインが〇。意外と見落としがちですが、シャツにおいては、ボタンの存在感はかなり大きいのです。生地と同色のもので、貝ボタンよりは練りボタン、ボタンが見えないデザインなら、なおよし。

首から胸元にかけての露出があったほうが

また、身長によっでも、ボタンの位置は大きく変わってきますから、意識してください。第一ボタンと第二ボタンの間隔を開け、ボタンを開けたときに、絶妙な肌見せ感を演出できるシャツも多くでています。ここでもやっばり試着が大切ですね。首から胸元にかけての露出があったほうが、顔もスッキリ見えますし、エレガントな雰囲気もでます。ただ、下着が見えそうなほど開けるのは、ちょっと下品です。

上級者はグレイッシュな色みのシャツを襟の形も厳しくチェックしなければなりません。立てることを考えたら、襟の台が高めなものが便利です。たまに首が寒いの?と聞きたくなるような、まっすぐ直角に襟を立てている人がいますが、あれはちょっとわざとらしいですね。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

スターがパーティから帰宅したのは深夜のことだった

捜査班は、その夜の出来事をつなぎ合わせていた。どうも、戸棚の中から何かを取り出そうとしてコンロの上に手を伸ばした際に、電気バーナーをかすったシャツの裾に火が点いてしまったらしい。部屋中に残された証拠か …

no image

パリのファッションといえば黒というのは誤解

・色づかいは風景を考えて パリのよそおいといえば、黒と思っている日本人が少なくないだろう。ヴィクトワール広場からエチエンヌマルセル通り、またはマレー地区(どちらもデザイナークローズの店が軒をつらねる) …

no image

ショーにエンターテイメントを注入することとディスプレイに変えること

ファッション・ショーは実はプレスのためのものであり、最終的には読者のためのもの。そのことを考えれば、それまでに発表したジャケットのバリエーションばかり見せて観客を死ぬほど退屈させるようなことは、全くの …

no image

レッドカーペットのファッションを批評していたキャスターや専門家

二〇〇二年度グラミー賞授賞式の翌朝、CNNはCNNグラミー・ガーブ(衣装)、当たりとハズレと題したコーナーを設けた。そこでは、モーニング・ショーのキャスターとふたりのファッション専門家が、レッド・カー …

no image

スニーカーはシルエットが細身のものを選ぶとよい

・スニーカーはシルエットが細身のものを選ぶ 出かけるときに考えてしまうのが、靴。周りを見渡すと、みなさんスニーカーをはいていますね。どんなときでもエレガントさを忘れずにを信条にしている私としでは、スニ …